Entries

第965回!!七人の侍=予告編(昭和29年撮影)


レトロ動画館のコーナーです。


記念すべき第一回ということで、
一番好きな映画、黒澤映画の最高傑作にして伝説の・・・・
七人の侍の予告編です。

イメージ 4


この映画・・・・もう30回以上見ました(笑)
DVDも買って、フィギュアも集めて、
今でも、仕事で士気が落ちた時とかなんかとくに、観て奮起してます。


イメージ 1


この当時の東宝は、まさに黄金時代だったらしく、
同年にゴジラが公開されたため、映画館は超満員が当たり前だったとか。

この映画は、泣く子も黙る日本映画の金字塔でして、
この映画を知らないなんて・・・・
ビートルズを知らないようなもんです。
(と・・・・勝手ながら思っております)

七人の侍に関して記事にしてしまうと、
書庫が一つたってしまうのでやんわりと(笑)
この映画を知っている方向けの記事になることお許し下さい。


簡単に申し上げれば、
戦国時代、山賊(野武士)に滅茶苦茶にされていた村の住民が、
地位や名誉を顧みない、侍7人を雇い、命懸けで村を守るお話です。


単純だけど・・・・すごいんすよ、これが。
(いつか必ず、書庫にしてとことん記事にしたいと思っております)


この映画の最大の魅力は、なんと言っても前半戦。
7人の侍をどういった経緯で集めるかがコミカルで面白いです。


深刻な状況なのに、あのもって行き方がたまらんところです。

イメージ 2


津島恵子さんの髪洗うシーンなんかもかなりインパクトがあります。

村の面々は、村を救いに来る侍たちを当初信頼しておらず、
この娘の父親である万蔵は、
一人娘(志乃)の髪を全部切ってしまい、
男に変装させます。



イメージ 3


三船敏郎が一番輝いていた映画です。

これまでの印象と180度ひっくり返った志村喬さんも。


予告編。是非、ご覧になってって下さい。


ではでは~働いてまいります。



*ユーチューブ投稿元のYouTube ムービー 様に心から感謝致します



スポンサーサイト



ご無沙汰いたしております



イメージ 1


毎度お馴染み流浪のブログ、
貧乏学入門へお越しくださいまして誠にありがとうございます。

しばらく開けてしまった間お越しくださった皆様、
つまらないブログではありますが、
ご観覧ありがとうございます。

近況ではありますが、
やはり、パソコンを取り巻く状況が良くなく、
様々な障害が突発的には起こるのですが、
一応は記事更新できる状況にもどっております。

一番きつかったのは、
3月末、4月上旬と、いまから数日前に、長文の記事を更新している最中に、
突然、PCが作動しなくなって勝手に再起動を始めたため、
更新中の文と写真が全部消えちゃうというトラブルがあって、
しかもそれをヤフーさんが保存しておらず、
ただでさえ、写真取り込めない等の不具合があっただけに、
これが直接の理由となってブログから少々距離を置いておりました。

しかしながら、
自分としましては、当ブログは趣味の総決算みたいなもので、
休むつもりは毛頭なく、
遅かれ早かれ対策が迫られているものの、
一応は動くこのPCを買い換える気がまだなく、
とりあえず、PCの動きが重くならないよう、中のお荷物を整理したり、
いろいろと使い方を変えてみて、工夫することにしました。
(ま~どうなることやら~って感じなのですが)

それでもダメなら・・・・・次は買い替えかなと(汗)


はやく買い換えればいいやんけ~って言われそうな状況、
愚痴としか思えぬ文章になってしまっております(笑)


なもので、ブログを更新したいのはいつもながらだったので、
ネタは充電しすぎて充電池切れみたいな感じになってました。


イメージ 3

そういうわけでして、
新書庫を、ゆっくりなペースではありますが、
3つばかり立ち上げてゆこうと考えております。


①レトロ動画館


レトロ写真館という書庫を10年以上やってきたのですが、
その動画バージョンです。
レトロ写真館は自分の生まれる前の写真を発掘して、
その写真を見て思ったことや雑感を記事にしてきたんですが、

レトロ動画館では、暇つぶしにもってこいといった感じの、
自分自身リアルタイムで知ってるものも含めて、
面白おかしく、懐かしくといった感じでやってゆこうと思っております。

ジャンルは問わずいろいろと楽しんでまいります


②じゃりん子チエとその周辺


5年前から始めよう、始めようと温めてきた書庫です。
性格上こんななもので、だらだらとスタートできず5年経っちゃいましたが、
実はあんまり行ったことのない街、大阪。
この漫画がきっかけで興味を持って何回か足を運んだんですが・・・。

じゃりん子チエの面白さはなんと言っても、
はるき悦巳さんの人間活写の深さ。
サザ○さんとかこち○のようにはなりません。

アニメ版ははるき悦巳さんと高畑勲さんとの、
唯一無二の偉業ではないかと思ってます。
あの味のある第一シリーズ・・・・素晴らしいです。

高畑勲さんの追悼も兼ねて、
いい時期にとことん、思うまま記事にしてまいろうと思っております。


③勝手に選びました


勝手にベスト○・・・みたいな書庫を前から作りたいなと思ってたんで、
作ります(笑)
とはいえ、ベスト10とかベスト5とか数を決めてしまうと、
性格上記事が途中打ち切りの憂き目に遭ってしまいがちなので、
数は選ばず独断と偏見で、勝手に選びつつ自己責任で・・・・楽しみます。

面白い記事にできるよう・・・・選びます(笑)

イメージ 2


ってなわけでございまして、
鈍行ではございますが、勝手ながら運転再開致します。


需要のほとんどないにもかかわらず、
恥ずかしながら供給までもが滞りがちのブログではありますが・・・・・
今後共、何卒宜しくお願いいたします!!


ではでは~働いてまいります。


Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ