Entries

第881回!!外での炊飯(昭和20年撮影)



イメージ 1



レトロ写真館です。


終戦からまだ日の浅い頃の、
都市部を写した一枚と思われます。


衣食住が満たされることなく、主食そのものがいまだ配給だった時期、
その支度さえ屋外でせねばならなかった状況。


日々の暮らしの中、命取られなかった事だけでもありがたく感じられ、
雨風しのぎ一宿一飯の恩義さえ、
ありえぬ奇跡と思わせる程の、生活の厳しさが伝わってきます。


裏を返せばこの一枚、ここまで国民を恐怖と飢えに落としいれた、
国の責任は重かったでしょう。


スポンサーサイト



旅先の某スーパーにて(2)



イメージ 1


二日続きでしょーもない記事ではありますが、
昨日記事にしてたスーパーで購入したヨーグルト風味の飲料のネーミングが、
これまた面白かったもんでつい・・・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/65880811.html  ←このスーパーです。


なんと!ヨーグルッペです(笑)


アルプスの少女ハイジをシリアスにしたかのような画に、
どういうわけだか、川崎のぼるテイストなネーミングが、なんともアンバランスなこの商品。


味はいたって地味なんですが、
宮崎県の南日本酪農製の一品です。



*ユーチューブ投稿元のGetBack888 様に心から感謝いたします。

旅先の某スーパーにて(1)



イメージ 1



一人でドライブがてら旅とかした時に、
その地場のスーパーに立ち寄って、その土地にしかないものとか探すのが好きなんですが、
手創りPOPとかを眺めたりするのも好きなんで、ついつい・・・・
名作発見です!!


なんで叩かれにゃいかんのか。

カツオ無念のこの一枚!!(笑)

第880回!!貧しき食卓(その314)



イメージ 1


貧乏厨房です。


ちょっと珍しく、仕事で忙しい日々を過ごしておりまして、
ちょいとブログをばサボリ気味にしておりましたが、
気合十分!の鮪の漬け丼です。


救出品の鮪の刺身はなんと!いつもながらの100円の捨て値なんですが、
漬けにすることで高級感アップ!(笑)



イメージ 2

個人的な作り方なんですが、
米は炊けたら寿司酢でまぜまぜ。
漬けの醤油は普段使いの醤油で、そこに少しだけ日本酒(もしくは料理酒)を加えます。
(この日本酒も普段飲みしてるものなんで一石二鳥です)


調理といってもただそれだけで、
中央に卵黄を鎮座させます。卵黄と鮪の刺身の相性は抜群です。
(あれば山芋なんかがさらに最高なんですが・・・・。


米1合40円、卵10円、刺身100円、寿司酢10円と見積りまして~!!
ざっと160円ってとこでござります。


ではでは~働いてまいります。

謎の店?上がる下がる油小路(金沢市もりの里)



イメージ 1


金沢散歩のコーナーです。


ワンコインでランチが食べられるという小冊子を手に、
去年の秋に行ってきた店なんですが・・・・かなり面白い穴場的な店でした。


場所は金沢市もりの里。
金沢市なんだけどなんとなく仙台っぽい雰囲気のある地区で、
山側環状線を中心に広がる学生街といった面持ちです。


そんなこの場所にひっそりと、
なんだか手創り感満載の食堂があったりするのが面白い!


では行ってまいります。



イメージ 2
イメージ 3





















この店に来るなり、まず飛び込んでくるのがこの看板なんですが、
入り口に写るのはここのご主人

けどむしろ、その横の黒く修正された部分が気になります(笑)

どうやら数年前までは、ワンコインでとんかつランチが食べられたらしいんですが、
さすがに採算が取れなかったのか、
ワンコイン・・・・のワンの部分に黒いガムテープが・・・。

小冊子には、
ここのご主人は農園をやっていて、
そこで採れた野菜を使ってるってあります。

しかもこの日食べた天ぷらはみんなそこで取れた野菜なんだとか。
そのこだわりが期待を高めております。


イメージ 4


店内はほぼ全てのメニューが手書きで、
しかも浜茶屋みたいな店内の雰囲気。
ご主人は厨房へ入ったまま、
なんともぎこちない感じだけれども丁寧な接客を、
学生アルバイトさんがしてました。

なんだかただの食レポ
で・・・・面白いのはここからです!!


イメージ 5


ちょっと小さな画像で見辛いんですが、
冷蔵庫の上のBOXにグラスが入っていて、
冷蔵庫にお冷があります。
セルフサービスなんでご自由に・・・とあるんですが。


イメージ 7


↑そのお冷がコレです。
ワインボトルみたいなものが冷蔵庫にたくさん入っていて、
中にはキンキンに冷えたお冷があるんすが・・・。

これ用意する手間を考えたら・・・・・(笑)

けれども独特な感じがまた面白いです。


イメージ 6


ってなわけで飯登場です。


この日は茄子の天ぷらランチだったんですが、
小冊子効果でなんと税込500円!!
茶碗蒸しに小鉢までついてます。

面白いのは横の籠に入ってる薬味類。
これで自由に天ぷらに味をつけて食べられます。

久々に食べた天ぷらだったしこりゃ感動。


こんどはおでんが食べてみたいな、なんて思っております。


ではでは~。

第879回!!貧しき食卓(その313)



イメージ 1



貧乏厨房です。


なんだかひじょ~に渋い画となっておりますが、
オムカレーです。


オムカレーというとなんだかいい響きなんでしょうが、
ただ、カレーに半熟気味な卵焼きを乗せただけという貧乏飯です。

冬のカレーは大鍋で作ってほんと重宝するもので、
とにもかくにも傷まないし、日が経てば味が染みるし、うどんや中華麺、やきそばにだってかけられるし、
トーストをナンに見立てて、付けて食べられるし・・・っていうようなわけで、
ほんといいもんです。


もう、くどい話になってしまうんですが、
いつもの如く勝手ながらカレーって、究極の薬膳料理だって思っております。


カレールーそのものが、
あれだけ多くの種類のスパイス入れておきながら、あの値段。
苦手な野菜も様々な余り物も、鍋にぶち込みゃみな具材。
大半が脂質なんでしょうが、体に悪いわけないでしょう・・・・たぶん(笑)


コレに、トマトジュースが冬の最高の布陣です。


カレールーも、安いの買ってアレンジしたり、
高いの買って味を楽しんだり、これは炒飯に似て、
都度独特のの個性が出て飽きが来ません。


・・・・・・と、勝手ながらに思い込んで、
いつも食ってます。


ではでは~

第878回!!貧しき食卓(その312)



イメージ 1


貧乏厨房です。


久々の登場なのですが、
伝家の宝刀(勝手に命名)こと、赤みそラーメンです。


赤みそとありますが、八丁味噌のことではないようです。
スープが濃いのと麺が中太なのが特徴で、
地域限定で北陸では売られていないはずが、
某能登系のスーパーだけ売っているという在野の逸材っぽいインスタントラーメンです。


これがまた、炒めた野菜を乗せるだけでかなりの味になる強者。
寒い冬とかは、味噌は体が温まります。


しかし、話は変わるんですが、
アメリカって国は、これからどこへ向かいたいんだろうか?

良かれ悪かれいろんな意味で、
人を複雑な気持ちにさせる国だよな~アメリカは。



ではでは~働いてまいります。


*ユーチューブ投稿元のjofalfa 様に心から感謝いたします。

第877回!!貧しき食卓(その311)



イメージ 1



貧乏厨房です。



肉団子汁にソース焼きそばです。
マヨネーズはからし入りのものを重宝しています。
酒は芋焼酎のハイボールです。



焼きそばって意外にも野菜がたくさん摂れる逸品。
作るの簡単だし、酒のアテにもなるという、いい役どころです(笑)



普通だったら嫌煙されるはずの、酒と炭水化物なんですが、
個人的にはおにぎりだってアテにできます。
これぞ庶民の貧乏酒・・・・ちょっと違うかも(笑)


ではでは~働いてまいります


第876回!!雪かき(昭和30年代撮影)




イメージ 1


レトロ写真館です。


豪雪地帯での雪かきの模様です。

今のように便利な融雪機能も重機も小道具もなかった頃の、
体を張った人海戦術です。


雪は生活手段はおろか働き口をも奪い、
働き手は都会への出稼ぎへと活路を見出していた頃なのですが、
後の道路網交通網の整備により、いろんなものが整備され、その辛さから解放される反面、
その反動で空前の過疎化が襲い掛かります。


便利なものを追い求める本能と、故郷に残した思い出との葛藤。

どう言ったらいいのか、
言葉も選べぬ切なさ半分、悲しさ半分です。

第875回!!雪車(昭和20年代撮影)



イメージ 1


レトロ写真館です。


積雪時の田舎の交通手段は、なんと馬が牽引する雪車!!
見たところまだ深刻な積雪ではないからなのか、
笑顔がこぼれる一枚なんですが・・・。


唯一お母さんだけがくたびれモードです(笑)


この大寒波は明日がピークなんだとか、
去年とはうって変わって金沢市内は5センチ程度だったんですが、
実家に電話したら新潟市は30センチ積もったんだとか。
いつもはこっちのほうが(山が近いから)積もるという会話だっただけに・・・・
意外な展開になってます。

かといって、同じ新潟でも十日町市は2メートル。
雪掻きなんかもう、想像ができねえです。


さらに広島で15センチとか・・・異常気象ってやつでしょうか?


子供の頃はあんなに雪が降っては喜んで、
ミニスキーやら雪車やらつらら集めで盛り上がってたものを・・・。
いつの頃からなんだろか、こんなに雪を煙たがるようになったのは。


なんだかしみじみと・・・・ほんとに、
年は取りたくないもんです(笑)

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ