Entries

第708回!!貧しき食卓(その231)



イメージ 1


貧乏厨房です。


いや~、新型のお盆に滑り止めマットを配しただけで、
こんなに画が変わるのか・・・・って感じの晩飯なんすが、つけ麺を食べました。


なんでこんな寒い日に冷たい茶飲んでるのかって言われそうなんですが、
暖房焚きすぎて部屋がちと暑いというグダグダ感。
せっかくの休みだったのに大荒れの北陸、インドアな一日とはこれいかに。


業務スーパー調達の合鴨ロースに、
マルちゃん正麺のつけ麺。ご飯はのりたま仕様です。
これでざっと150円くらいです。


のりたまご飯って誰が考案したんだろうか。これは凄い発明でないだろーか。
この懐かしい味といったらないです。
日本人でよかった。
コメがうまければ、おかずはしょぼくてもいけます。


のりたま如きに感動しているなんて、
なんだか情けないやら、このブログらしいやら・・・の記事になってまいりましたが(笑)


けど炭水化物の連鎖が微妙な、そんな日の酒なしの飯でした。
(今日はどういうわけだか珈琲ばっかり飲んでます)


ではでは~

スポンサーサイト



ロッキン50肩ブギウギックリ腰(ウルフルズ=2015年)

イメージ 1


イメージ 2


♪ロッキン50肩ブギウギックリ腰

                  
                      作詞作曲=トータス松本




スシ詰めの ボロいフロアに
揉みくちゃで 女の子ムチムチ
アチチのチ イテテのテ
ロッキン50肩ブギウギックリ腰


ワウワウペダル 二の足踏んだら
グシャグシャの もつれたシールド
ちょっちょっちょー待て イテテのテ
ロッキン50肩ブギウギックリ腰


人生はパーティ楽しくなけりゃ
たまにはブルーディ でも明日目が覚めりゃ
ソウル腰痛シェイク肉離れ
スウィンギンヘルニアアイガッタ金縛り
それでもまだまだ終わらないロッキン50肩ブギウギックリ腰


ファンキー貧血シャッフル痛風
クラップ ヨー偏頭痛シェイク ヨー偏頭痛
それでも全然とまらへんロッキン50肩ブギウギックリ腰


ギリギリセーフで フロントファスナー
ダンシンオールナイト 君はシンデレラ
あははのは いひひのひ
ロッキン50肩ブギウギックリ腰


人生はパーティ楽しくなくちゃ
たまにはブルーディでも明日目が覚めりゃ


人生はパーティ目くるめくパーティ
すれ違いパーティ泣き笑いパーティ
ソウル腰痛シェイク肉離れ
スウィンギンヘルニアアイガッタ金縛り
それでもまだまだ終わらないロッキン50肩ブギウギックリ腰



ミッドナイト痙攣ホールドオン寝不足
アイム仮眠バックビート寝違い
止められるもんなら止めてみぃロッキン50肩ブギウギックリ腰




ご覧の皆様、体の衰えなんぞすっ飛ばしてまいりましょう!!


ではでは~。



*ユーチューブ投稿元のWarner Music Japan様に心から感謝いたします。

     

戦前の普通切手①(明治32年~昭和12年)



イメージ 1


趣味の切手コーナーです。


需要があるか未知数のこの書庫なんですが、
面白味にはかけるかも知れませんがそれなりに面白く、地道に更新してゆこうと思っております。


写真の切手はみな使用済みの切手ですが、
収集した戦前の普通切手です。
普通切手というのは、常時郵便局で売られている郵便用の切手の事です。
記念切手のような、発行枚数が決められてその時だけの売り切りのものとは違いますが、
収集用にされなかったことが多いだけに、今となっては価値のあるものもかなりあります。


ことに、郵趣というジャンルそのものが定着していなかった時期の普通切手は貴重です。


写真最上列の切手は田沢切手(たざわ)と言います。
単純なネーミングではありますが、これは切手の模様を民間に公募したところ、
田沢昌言さんという方の図案が採用されたためです。


なんとも分かりやすいネーミングって感じなんすが。


で、下二段は菊切手といいます。これらは菊の紋章の入った普通切手です。
菊の紋章は皇族を意味しており、
大日本帝国郵便(戦後日本郵便に改称)時代の切手にはすべて菊の紋章が入っています。


普通切手としての採用期間は長いのですが、
戦争や震災で絶対数を減らしたことから価値が高い普通切手で、
未使用の切手は収集家にしてみれば高嶺の花です。


当然のことながら、自分の場合は鑑賞できればいい程度なんで、
消印付きで充分ってわけです(笑)


また、菊切手は当時大規模な偽造事件が起こっており、
それをきっかけに、透かし(紙を灯に照らすと影が映る技法)が採用されます。


これまた、皮肉な事に、
偽造された菊切手の方が郵趣家の間で価値が高いです。


本日も、マニアックなコーナーにお付き合い頂きまして、
誠にありがとうございました~。


ではでは~

第707回!!満面の笑み(昭和30年代撮影)



イメージ 1


レトロ写真館です。


写真は新潟なんですが、どうやら市場での行商の様子のようです。


思いのほか売れたのか、客との会話が弾んだのか、
はたまた開き直っているのかどうなんだか、おばちゃん満面の笑みでニンマリです。

第706回!!貧しき食卓(その230)



イメージ 1


貧乏厨房です。


今回は、富山の超老舗配置薬メーカーこと広貫堂製造の、
富山薬膳カレーです。

カレーに様々なスパイスやら生薬をねじ込んだ渾身の一杯。


なんだか・・・・効いた・・・・気がします(たぶん・・・笑)


でも、カレーってよく考えてみたら凄い食品なんだと思うこともしばしば。
カレーのルーなんて、安いものだと100円しないのに、
いろんなスパイスやら野菜エキスやらが濃縮されてる。


カレーのあの黄色はウコンの色なんだそうで、いつもの如く貧乏性が出ておりますが、
そもそも、酒飲みがわざわざウコン飲料買うっていうのも、
カレー一杯で解決できるんじゃねぇかって・・・・邪推してみたりしてます(笑)

金沢マラソン2015



イメージ 1


一昨日仕事が束の間の休みだったので、
寝ぼけ眼をこすりつつ、見た事の無いフルマラソンをこの目で見たいのとランナーさんの応援がてら、
金沢マラソンを沿道から眺めてきました。


いや~、
この日は雨が降りしきる中、全市一斉ノーマイカーデー。
出勤日じゃなくてよかったなんて思いつつ、
金沢市初の都市マラソン(フルマラソン)との事で、かなり前から予告が盛大でした。


イメージ 2


そういえば、
地元の仲間も、ブログ仲間の皆さんの中でも、
マラソンを趣味にされてる方が多くなっていて、すごいな~とは思いつつも、
慢性的運動音痴な俺にゃぁ、真似できませぬと、恥ずかしながら見てるだけを決め込んでおります。

(とはいえ、雨だったので30分ほど眺めてあえなく撤退です)


けれど、抽選で当たるのもひと苦労だって、テレビでやってました。
きっと、空前のマラソンブームなんでしょう。

イメージ 3


ここの応援スポットでは、
地元の子供たちによる加賀鳶の舞台が見れると聞いてたのですが、
悲しいかな、行った時には終わってました・・・(汗)


加賀鳶(かがとび)というのは、
江戸時代にあった自発的(?)な消防団の事らしく、
専門職ではなく、義勇消防のようなもので、当時は鳶職人で編成してた事からこういうらしいです。


かなり前なんですが、一度だけ百万石まつり(パレード)で見た事があります。
高所を駆け巡る鳶職人で編成されていただけあって、梯子技が凄いはずだったんすが・・・・見れず。

イメージ 4


雨なのに、沿道からの応援がすごい。
応援のエールを潜っての自走って、一度走ったら癖になるのかも?


テレビでも見たんですが、
各所各所に食べ物ブースなんかがあって、これがまた特産品やご当地グルメ。
県外からの参加者が多い事もあって、観光PR的な要素も濃いようです。


そういえば、この間ブログ仲間のくまじろうさんも言われてたんですが、
地元なら尚更、それが抽選で当たった知らない未知の街だとしても、
こんな形で走る事が出来るとしたら、たしかにこれは、うれしいことこの上ないのでは。
これがマラソンの醍醐味なんでしょうか。

イメージ 5


歩道橋からの写真を撮ろうと、
同じこと考えてる人が多いこと多いこと(笑)



イメージ 6



眺めはこんな感じになります。およそ13000人が参加との事です。
絶え間なく凄い列。


イメージ 7



雨だったんでうまく写せなかったんですが、
仮装してる人とか、外人さんとか、歌いながら走ってる人とか、声掛けしながら走ってる人とか・・・。
タイムを競いに来てるだけでないランナーの方もかなり楽しんでるんでないかっていう感じが・・・・。


イメージ 9


↑被り物したピカチュウ三人衆はボランティアの方のようで、
スプレータイプの湿布のサービスをしています。

イメージ 8


絶え間なく、地元の子供たちが奏でる地元の太鼓演奏も。

イメージ 10


なんだかよくわからんマラソンレポートになっちゃいましたが、
見てるだけでも参加したような感じになれる雨の日の風景でした~。

イメージ 11


最後に、ちょっとべたすぎる楽曲ではありますが、
懐かしかったので・・・・・・。

 

ではでは~。


*ユーチューブ投稿元のimagine1960 様に心から感謝いたします。

文化人切手(昭和24年~昭和27年発行)



イメージ 1



趣味の切手のコーナーです。

本日は(本日も・・・・か)マニアックな記事になりますです・・・・(笑)
この切手なんですが、文化人シリーズと言いまして、
日本記念切手史上初とされる、本格シリーズ切手です。


それまでとしては、戦前の切手で国立公園切手が唯一でした。


その後徐々に観光地百選、日本三景、花シリーズ等、
郵趣を意識したシリーズ切手が順次発行され、
昭和36年から39年発行の東京オリンピック基金シリーズで、一気に火が付きます。


恐らくその頃が、郵趣界最大の黄金期だったのでしょう。

ご覧の通りでして、
1000円札、5000円札、10000円札の顔も切手になってました。
また額面の右側に線を引いて00とあるのは、銭単位を意味しています。


ではでは~

仏の事件




フランスのテロ事件のニュース
ほんとうに恐ろしいです


数多ある戦争のだいたいは宗教が絡んでる。
全てとは言わないですし、あくまで個人的にそう思ってるだけですが、
これは絶対だ、これは万能だというものなんてきっとこの世にあるはずないのだろう。



互いのエゴの衝突が最悪な状況を生み出すのでしょうが、
なにも関係ない人を巻き込んで、この狂信的な輩たちはなにを思って生きてるんだろうか。
洗脳されてるのだろうが、己の心を他人に売り渡してる時点ですでに終わってる。


許せない連中。
例え理不尽な事があって己の境遇を恨んでも憎んでも、
それを己が腐ってゆく言い訳にはできないと思う。

第705回!!堀がまだあった頃の新潟市(昭和30年代撮影)



イメージ 2



レトロ写真館(新潟)です。


珍しく久々ですが、新潟の風景の写真です。
今では、新潟市に在住の若い人でも知らない人がいるという事を聞いたこともあるのですが、
新潟市はほんの50年ほど前までは、
柳と堀の街と言われるくらい網の目のように、中心部に堀が通ってました。


うる覚えなんですが、
旧新潟町(市制施行前の新潟市で、今で言う新潟島)だった頃は、
様々な商売や、御用聞きをする船が多くあり、船が生活のかなめだったとか。



堀を取り巻くようにして、
柳の木が植えてあった事から柳都(りゅうと)と呼ばれることがあります。
今ではことごとく堀は埋立てられ、寂しげに柳の木だけが残されてますが、その遺構は多々あります。

イメージ 3



↑の写真のビルが旧新潟市役所(現NEXT21の場所)であることから推測するに、
この堀は古町西堀(現西堀ローサ)であると思われます。


イメージ 1


最後のこの写真は、降水量が多い日の堀の様子です。


昭和30年代末期頃の新潟市は、
全国的な流れと同じくして高度経済成長期を迎え、
河川の水質汚濁や、公害、その他諸々に置いて、インフラ整備が間に合わず、
消費は文化なりと言わんばかりのご時世。


そのしっぺ返しとして、
堀の水質汚濁と、水はけの悪さ、果てはボウフラ問題にまで発展し、
美しかった新潟の堀は、無用の産物であるという悲しい世論が膨らみ続け、
なんら反対されることなく、多くの堀は姿を消します。



皮肉にも、堀を復活させてはどうかとの声が、
今更になって上がっているんだとか・・・・・・いやはやな話です。



ではでは~。

弓道の切手(昭和29年発行)




イメージ 1


1年5か月ぶりの更新なのですが、趣味の切手収集です。


そういえば郵趣書庫あったんだなと、不覚にも自分で作っておきながら驚いてたとこなんですが、
郵趣人としては風景印だけでは物足りません。



そういえば、消費税率が5%から8%に上がった影響から、
普通切手のラインナップが変更されたのと、
もうかれこれウン10年振りの少額切手の図案変更等もありました。


そんな、ささやかながら盛り上がりを見せている郵趣の世界。
絶やしてはならぬ・・・・の使命がございます(笑)
てなわけで、風景印のみならず趣味の切手も同時に、
勝手ながらちょくちょく更新してゆこうかなと思っております。


暇つぶしにでも、
こんな趣味もあるんだな~程度でご覧いただければこれ幸いです。


**いやはや、いつもながら前置きがしつこくてすみません。
(たぶん老化現象かも・・・・・)



ってなわけで、今回は弓道の切手です。
昭和29年に発行された第9回国民体育大会の記念切手で、
弓道と卓球のペアになっている各々が5円の切手です。
道着を着てないので、なんだか練習風景みたいな画なんですが・・(笑)


恐らくお察しされてるかと思うのですが、
昭和29年当時は葉書が5円、封書が10円だったそうです。


余談ではありますが、
国民体育大会の記念切手が初めて発行されたのは昭和22年で、第2回大会。
様々な競技が毎年発行されているのですが、
国技では28年発行の柔道が初で、29年の弓道が2つ目。
どういうわけなんだか、剣道が遅れに遅れて昭和35年の発行です。


マニアックすぎて微妙な記事になっちゃいましたが・・・・・・(汗)
切手って、手に取ってみるとけっこう面白いもんです。



ではでは~。

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ