Entries

第440回!!蛭子能収、炸裂!!

 
毎度お馴染み流浪のブログ、
貧乏学入門へ本日はお越しくださいまして、まことにまことにありがとうございます。
 
6か月ぶりの更新となりますが、
本日は、久々の炸裂シリーズと参ります!!
 
ちなみにですが、前回は椿鬼奴が実は弓道の選手だったっていうお話でしたが。。。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/64148000.html ☚椿鬼奴炸裂!!の記事です。
 
 
今回は。。。。。真打登場です!!
 
 
蛭子能収炸裂!!とまいります!!
何卒、何卒、ご清聴頂きますことを~笑えます。今度ばかりは笑えますから~(笑)
 
イメージ 24
 
ってなわけでして、ご存知の方もおいでではないかと思うのですが、
個人的に、もうかれこれ4年くらい前からファンになっている、
テレ東系の、この番組が舞台です。
蛭子さんが炸裂していて、太川さんが唸るからこそ高視聴率な。。。。
あの伝説の(笑)番組です。
イメージ 25
 
蛭子能収を語るにはこの番組を置いてほかにはありません!!
ただありふれたバス路線の旅を、唯一無二な番組にしている隠し味こそ、蛭子さん。
 
 
あの、マイペース過ぎる言動と挙動こそが、
我々視聴者をハラハラドキドキさせ、笑わす事になってるわけです。。。
 
 
てなわけでして、
ここまで話しているだけでは、番組を知らない方は、
一体全体、何言ってんの?ってことになりかねないので、このへんで、番組の説明と参ります!!
イメージ 30
この番組、ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅は、2007年頃から、
テレビ東京系が土曜スペシャルという時間枠において不定期でやっている番組で、
太川陽介と蛭子能収の2人が毎回変わるマドンナ1名を引き連れて、
3泊4日の期間中に、路線バスだけを乗り継いで、目的地に付けるかというバトル(?)
を繰り広げる番組です。
 
 
冗談抜きで、この番組。
すごく面白いです!!ほんと!!
 
 
もともとは、タクシーを使ったりするのもOKだったらしいのですが、
番組そのものが好評になるにしたがい、
ルールそのものが固定化されてきて、
路線バス以外のすべての交通機関及び、情報のネットによる検索はすべてNGの、
超アナログ的ルールとなって、現在に至ってます。
 
 
2014年8月現在では全17弾まで出ており、18弾は来月放送(関東)されるとか。
 
 
この番組の魅力は、
何といっても、マイペース過ぎる蛭子さんの言動、挙動で、いい意味でいい味が出てます。
また、それをまとめる太川さんとの駆け引きが絶妙で、この2人の凸凹ぶりがたまらんのです。
 
また、通常の旅番組ではありえない突拍子もない展開が待ち受けてるのも、この番組の醍醐味で、
その辺の魅力に関しては、ユーチューブで伊集院光さんが熱く語っておりますので、
関心を持たれましたら、ぜひ聴いていってくださいマセ。(個人的には、何回聴いても大爆笑でした!)
 
イメージ 3
 
蛭子さんがこれまた凄いわけです。
歌はうたうは、要所で寝るは、名所名所で絶対に名物食わないは。。。。(笑)
 
エピソードが多すぎて書ききれないんすが、
個人商店でカップめん2つ買いだして、両方のびたとか。。。。(笑)
 
いくら記事書いても、まだまだ序の口。
 
イメージ 21
 
この寝顔(笑)
 
イメージ 31
 
淡路島で人形浄瑠璃を見ようっていう話になって、
見始めるなり。。。。。。。。。これ(笑)
 
イメージ 1
 
蛭子さんの場合、
基本、常に空気を読まないキャラクターではあるものの、
もともとの会話がゆるいのと、感情の豊かさで、相手を怒らせないのは蛭子さんの仁徳か。。。。(笑)
 
 
美味く説明できないんすが、蛭子さんの個性は強烈で、
真似することも、似た人見つけるのも無理かもしれませんです(笑)
 
太川さんがラジオ番組で語っている所では、
蛭子さんはその時思った事や頭に入った事は咀嚼しないでそのまま話すんだよね~
ってなことを言ってたものの、逆の意味でも蛭子さんの場合は、ああなので、
捉え方によっては、喜怒哀楽が凄くハッキリしている人なような気がする。
 
 
これは個人的には、嫌いにはなれない個性です。
(この番組が好きな人って、みなそこで同じような気がしてるんすが。。。。笑)
 
イメージ 2
 
☝こう見てると、マドンナのちはるが蛭子さんに言ってるような構図ですが、
実はその逆。蛭子のおっさんは笑顔で毒も吐くのです(笑)
 
イメージ 4
 
また、勢い付いてもう一本バス乗ろうかってな時に、この一言(笑)
 
イメージ 5
 
当然ながら、リーダーの応酬。
 
イメージ 6
 
そんなこんなで、反省ってな定番パターンも見所(笑)
 
イメージ 22
 
雨の中でも、歩いて歩いて歩きまくるのがこの番組のお約束。
県境にさしかかると、バス会社が交差する関係で越境できないトラブルから、
歩かなきゃいけない事態が必ずやってくる。
 
第何弾か忘れちゃったんすが、
太川さんが、この番組のロケで歩きすぎて足の爪に血豆ができたと、
ノーカットで力説する回までが存在する。
 
イメージ 8
 
アポなしの宿取りも定番で、宿が取れず本気で落ち込む蛭子さん。
 
イメージ 20
 
蛭子さんはコインランドリー付きのビジネスホテルに泊まりたがるため、
マドンナと太川さんとひと悶着あったりするが、それがまたお決まりというか、面白い。
イメージ 9
蛭子さんは、どんな有名な漁港へ行っても、観光地へ行っても、
ご当地グルメを食べようとしない(笑)
なので、いつも発注する飯が、ハンバーグ、オムライス、とんかつ、うな重、ラーメンだったりする。
しかも、それを食って率直に感動してる表情が、笑いを誘ったりする。
イメージ 7
 
こういうお方なので、太川陽介もたびたび激怒(笑)
(ただ、太川さんがキレる時は、たいてい蛭子さんがやる気をなくしたときのみ)
 
イメージ 10
 
何の派閥なんだ?(笑)
イメージ 11
 
窮地に追い込まれると必ず繰り出す名言。
なんとかなるよ~
 
イメージ 19
 
むちゃくちゃな要望をバス会社の人に語ったりもしました(笑)
イメージ 12
 
ここからが蛭子さん最大の炸裂場面です!!
 
第七弾、青森~新潟市(萬代橋)を目指そうっていう回で、
山形のあつみ温泉にある鼠ヶ関っていう所から、
新潟県の山北町(現村上市)の府屋までは連結バスがないっていうトラブルの際、
台風が上陸している中6キロほど歩きましょうって事となるんすが。。。。。。
イメージ 13
 
最初は、まじめに歩き続ける3人。
 
イメージ 15
 
台風も荒れ狂いだすさなか。。。。
 
イメージ 14
 
何を思ったのか、歩き疲れた蛭子さん、
目の前を通過したパチンコ屋を背に、パチンコ屋りたいとか言い出し、
太川さんも、しかたないな~1000円だけねとか言って許してしまう。
 
イメージ 17
そんなこんなで府屋に到着したら、
12分前に最終バスが行ってしまった後だったっていう、二次トラブル炸裂。
 
この失敗で、前日同県入りしていながらにして、
最終的に目的地の新潟市にたどり着けないという伝説を作ってしまう。
(第13弾でリベンジしますが。。。。)
 
イメージ 16
 
ただ、ミスった時もこの場の空気。これが17弾まで続く秘訣だろうか。。。(笑)
 
イメージ 18
 
ただ、ここからがさらなる難関。
台風が来たため、粟島汽船が欠航して宿がどこも満杯。
 
イメージ 26
 
悲しいかな、宿が取れずあつみ温泉まで引き返すという事態に。。。
ここはさすがの蛭子さんも、腰の低い宿取りに終始。
電話口で頭を下げる所なんかは、営業時代の名残だろーか。
 
イメージ 27
 
太川さんの、蛭子さんとのやり取りはほんと絶妙だと思う。
 
イメージ 28
 
逆境がかなり楽しかったりするのが、テレ東流?
 
イメージ 23
 
蛭子さんがテレビに出てくると、たいていの番組ではツッコミが入って終わるものの、
この番組では、蛭子さんは普通に語ったりほんとマイペースに気ままにやっている感じがする。
 
イメージ 29
 
うまく説明できないんすが、
一度見てみれば、ツボに入るか入らないか、ハッキリわかる脱力系旅番組の金字塔での、
蛭子能収炸裂コーナーでした。
 
 
蛭子さん見ていててつくづく思うことは、このおっちゃんは良かれ悪かれ正直に生きてるな~ってのと、
 人生、マイペースが一番なんじゃねぇかっていう感じ。
共演者が間違いなく引き立っているという意外性。もしやこの人大物なのでは?
なんて思ったり思わなかったり。
 
いち視聴者としてみれば、
これからも、このマイペースで番組やってって欲しいものです。
 
ご清聴、ありがとうございました~。。。。
動画(ラジオだから静止画?)も是非!!
 
 
ではでは~
 
 
 
 
さときゅう
 
 
 
◎↓伊集院光がラジオ番組にて、ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅の魅力と、
蛭子さんのキャラクターについて、かなり感情的に語っている(ある意味、ファンの視点で)動画です。
伊集院光のラジオ番組自体初めて聴いたもんで、ダブルで面白かった。
番組を知らない方でも、これはかなり面白い内容になっています。お暇でしたら、是非!!
*ユーチューブ投稿元の光伊集院様に心から感謝いたします。
 
◎↓さらに、伊集院光が、この番組について熱く語っています!!
言葉に毒はあるものの、まさにその通り!!
と言いたくなるくらい、番組&蛭子さんのキャラの魅力が的中しています(笑)
この番組、マグロの解体ショーに例えたら、トロ全部捨ててんじゃねぇのか?
。。。は伊集院さすがに名言だと思う(笑)
*ユーチューブ投稿元のAkazawa Hono様に心から感謝いたします。
 
 
◎↓同じくラジオ番組。蛭子さんの必要性について熱く語っております。
*ユーチューブ投稿元のOmoRaji様に心から感謝いたします。
 
◎↓これまたユーチューブで発見したんですが、カンニング竹山のラジオ番組にて、
太川陽介が番組の魅力と蛭子さんのキャラクターについて熱く語っています。
太川さんは芸能界で成功した人なのかとばかり思っていたけれど、役者に転向してからの不遇時代が長く、
かなり味のあるトークになってました。さすがは、蛭子さんを操れるだけのリーダー(笑)。
*ユーチューブ投稿元のmatome douga様に心から感謝いたします。
 
 
 
◎↓キレる蛭子さんです。
*ユーチューブ投稿元のBig Prick様に心から感謝いたします。
 
◎↓何の企画かわからんのだけれど、
歌、うまいと思った。しかも、蛭子さん長崎出身、選曲にブレがないという。。。
*ユーチューブ投稿元のchuxxx様に心から感謝いたします。
 
◎北陸ではテレ東系の番組は見れるものが限られていて、
ソロモン流っていう番組は知らないんすが、ここでまた伊集院光が厚く語っております。
もし、この番組をご存知の方おりましたら、コメントをいただけましたらこれ幸いと存じます。
*ユーチューブ投稿元のchan nene様に心から感謝いたします。
 
*ユーチューブ投稿元のkikizakeshi様に心から感謝いたします。
スポンサーサイト



第439回!!避難訓練(昭和10年代後半撮影)

 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
レトロ写真館です。
 
 
戦中に写された避難訓練の写真ですが、
これらの写真はいわゆる、火災、地震、天災から逃れるための訓練でではなく、
人災による無慈悲な災害から身を守るための訓練であり、
時の政治家がバカだと、こうなるという。。。。悲劇の記録でもあるわけです。
 
 
今の時代に生まれて生きてるのが奇跡としかいえぬ今日この頃。
 
夏になると、そんなことを考えたりもします。
 
(たまにではありますが。。。。。。汗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 

第438回!!貧しき食卓(その181)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

貧乏厨房です。


今日は休みだったんすが、あまりにも暑くて、
情けないことに、うちでダラダラしているうちに、
炎天下の時間帯らしくエアコンが負けてきて、
時間ばかりがすぎてきます。


そんな中、あんまり野球は詳しくないくせに、
朝もはよから第二の故郷vs石川代表だったため高校野球みてたんすが、
星稜と光星の第一試合はかなり見応えのある一戦。

星稜は松井秀喜の母校にして、
県大会の時8-0を九回でひっくり返すようなとこなだけに、
粘り強い感じが全面にでてた。


しかしま~、八戸、盛岡、新潟と。。。
ことごとく対戦相手が北陸と激突しております。


話が脱線しましたが。。。


夏バテ解消一直線といった布陣で、
素麺にキムチ、天かすのせて、
あとはポテトにトマトジュースです。


ざっと、90円ってとこです。
そういえば、最近になって、新兵器水タンク三個を導入いたしました。
 
湧き水、名水の水汲みが趣味になってはいたものの、
ペットボトルでは不便だったし、面倒だったのがこれにて解消。

しかも、10リットル蛇口付きタンク680円なり!!
いつもながらに自己満足なんすが。。。



けれど。。。
広島の崖崩れのニュースを見て、数年前の伊豆大島の崖崩れを思い出していたんですが、
天災というものは本当に恐ろしい。。。

己の場合はたあいもない1日なれど、
惰性といえども、生きてた1日感謝せねばなりませぬ。


これ以上被害が拡大せぬことを、
亡くなられた皆様の御冥福を心よりお祈りいたします。

第437回!!居酒屋=津軽有松(金沢市有松)

 
 
イメージ 12
 
 
毎度お馴染み流浪のブログ、貧乏学入門へお越しくださいまして、
誠にありがとうございます。
 
 
不真面目にも、間を空けてしまいましたが、
今度こそ、今度こそ、の急加速急発進で参りたいと思います。
 
 
今回は、仕事先に近く、なにかしら親近感を覚えているため、
ちょっとした常連になりつつあるお気に入りのお店、津軽有松をお送りいたします。
 
 
金沢在住の方でしたら、分かる地名なんでしょうが、
♪有松~にありまつ~
でお馴染みの地名。金沢市有松にある。。。。。。津軽です!!
 
 
実は、このお店の女将さんにご主人さん、食事だけの客も歓迎してくれるもので、
後日ガッツリ酒も飲みたいものですが、ご飯だけとか食べていきます。
 
 
 
イメージ 1
イメージ 2
 
津軽の暖簾に
イカのイラストが
青森らしくて
最高!!
 
 
 
店入口の両横には、ねぶた山車の頭部の張り子がこれまた豪快に鎮座!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この店に来たきっかけは、言うまでもなくこの外見なんですが、
初めて行った時は、今話題の青森グルメであるはずの、
八戸せんべい汁とか、青森シャモロックとか、十和田のバラ焼きとかあるんじゃないかって期待してたんすが、
ここは流石の津軽有松!!
 
 
津軽人のこだわりなのか、歴史がそうさせたのか、ただ単に食文化の違いなのか。
南部系の料理が。。。。。。何一つ。。。ない(涙)
 
 
唯一あったのが、にんにく味噌。これがまた絶妙な味なんすが。
 
 
これがきっかけで、酒も入っていないのにちょっと勝負に出たわけです(笑)
 
反応見たさもあったんすが、女将さんに、
実は、学生の頃4年ほど八戸にいたんで、ちょっと懐かしいかな~と思って立ち寄ったわけですよ~。
と、ごくありふれた世間話をしたところ、
このお店の女将さんとご主人は津軽出身で、親戚が八戸にいることが判明!!(笑)
 
 
なんかよくわからないまま、
お気に入りの店になったんすが。。。。味のある料理がほんと多いです。
 
 
イメージ 3
 
 
店内に描かれている、豪快なねぶた絵に文言。
店内の天井はリンゴの置物で張り巡らされ、開店からもう30年以上経過した店内には、
津軽三味線の音色がこだましており、いい味出しまくりです!!
 
 
イメージ 4
 
カウンターごしで飲んだ(といっても、運転だったんでノンアルコールビール)時の、
カウンター写真です(撮影はお店の了解まで頂きました!!)
 
手書きと思われるねぶた絵がこれまたいい味を出しています。
ご主人の笑顔がこれまたいい味出してるんすが、
仕事中なので、さすがに撮れませなんだ。。
 
イメージ 5
イメージ 6
 
地方限定?な演歌歌手
(失礼いたしました~)
の皆様 。
 
歌うのが好きで、
勢いでデビューしちゃったってか~(笑)
 
他にも、
居酒屋津軽っていう歌を出しておられる女性演歌歌手のポスターなんかがあって、サインがでっかく書いてありました。
 
林檎の爪楊枝入れ。
リンゴ追分と思われる歌詞が書かれています。
 
 
 
 
イメージ 8
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 メニューです。
津軽珍味になっているホヤは、
八戸でも当たり前に食べられてる逸品。
 
とんぴこと呼ばれるイカの口部分を焼いた料理が、
かなりの絶品です。
 
また、津軽釜飯が秀逸で、
食べたんですが、ホタテの味もさることながら、
おこげの部分がこれまたいい味!!
 
 
 
イメージ 9
 
 津軽珍味ではまったくないんすが、
ここの揚げ餅が好きで、まだ3回ほどしか訪店してないんすが毎回食べてます。
 
甘じょっぱい醤油が塗られた切り餅に海苔が巻かれた、シンプルなアテ。
これが美味くて、リピーターです。
 
 
イメージ 10
 
 とんぴこという変わった名前の料理(←)です。
最初、豚肉料理かと思ったんすが、
出てきてビックリ、女将さんが言うにはイカの口の部分を焼いたものらしい。
 
これがまた、よく噛まないと呑み込めない歯応えではあるものの、
噛めば噛むほどに味がある珍味!!
 
また、津軽釜飯も美味しかったです。
 
写真撮影が失敗して取れなかったアテでは、
にんにく味噌や、ホヤの酢の物なんかも津軽有松ならではの一品!!
 
イメージ 11
 
 
また行きます!!
 
吉田類の酒場放浪記で取り上げてくれねぇかなぁ~なんて、
ついつい思ってしまう、金沢の名店ではないかと思ってます。
 
 
ではでは~。
 
 
 
さときゅう

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ