Entries

新潟県刈羽郡旧小国町、千谷沢村にて。。。

 
 
イメージ 1
 
 
魚沼レポートです。
 
某、伝説の村を散策いたしました。
 
ヒントは。。。。チャラーン!!です(笑)
 
 
というわけでして、この集落は旧刈羽郡千谷沢(ちやざわ)村です。
 
笑点でお馴染みの。。。。チャーザー村とはここのこと!!
 
 
ここは林家こん平師匠の出身地で、偶然通りかかったんで、
何も前知識のないまま、散歩した次第です。
 
 
イメージ 2
        イメージ 5
 
←千谷沢バス停。
ひと通りはあまりなく、歩いて散歩していたら2~3台車が通ったのと、おばあちゃんとすれ違って挨拶したくらいで、静かな佇まいです。
 
 
→千谷沢神社
かなり古い社殿です。狛犬なんかはいい味をだしていました。
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
新潟県刈羽郡千谷沢村は、
昭和32年まで自治体として新潟県に存在していた村で、
小国町と合併し吸収され、今ではその小国町も長岡市と合併したため、
現在では長岡市小国町千谷沢集落となっています。
 
 
集落そのものは小さいものの、春はのどかな田園地帯にあって、
されど四方を山で囲まれているため、冬は豪雪になるとのこと。
 
 
ただウロウロしただけで撤収するわけにはゆかないため、当取材班は(笑)、
千谷沢で1軒ある、創業大正6年という老舗和菓子屋さん、
山理屋菓子舗さんを訪ねました!!
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
イメージ 7
←古い家屋の母屋です。古くからある老舗和菓子屋さんの堂々たる店構えといった感じがします。このお店の看板商品は小国饅頭です。
 
→おかみさんです。
ブログ記載と、写真撮影に快くOKしてくださいました。
ありがとうご座います!!
わたくしはあのときの者でございます~。
 
 
 
                       おかみさんによると、林家こん平師匠が、
         チャーザー村をネタにして連呼したため、全国各地の大学の落研(落語研究会の略)
         の学生が夏に合宿で来ることがあって、買い物に来たことが多々あったとか。
 
         ほかにも、お店にいたお客さんも一緒に、こんぺい師匠の病状を案じていたようで、
         村で慕われていたスターだったようです(笑)
 
 
イメージ 3
                イメージ 4
 
←女将さんから頂いた、お店のチラシです。
東京の有名デパートにも納品しておられるそうです。
 
 
→看板商品の小国饅頭が品切れだったため、ナンバー2(?)の雪おぐにを購入です。
1個買っただけなのに、おかみさんがサービスでコーヒーを振舞ってくれて、
話が弾んでいたら、奥からご主人も登場!!
和気藹々とのんびりしてしまったです。
 
 
 
                  そんなこんなな。。。。。千谷沢村でした(笑)
           是非!!動画もご覧下さい。。。。これは思いっきり笑えます。
 
 
 
                     ではでは~
 
 
 
                      さときゅう
 
 
*ユーチューブ投稿元のmikuni392392様に心から感謝いたします。
 
 
*ユーチューブ投稿元のnakatugawa4448様に心から感謝いたします。
スポンサーサイト



第369回!!貧しき食卓(その152)

 
 
 
イメージ 1
 
貧乏厨房です。
 
なんだか、昼は暑くて、夜は涼しく、朝方は肌寒いっていう微妙な気温なんですが、
早くもザルそばなんぞを食べたりしております。
 
これがまたのど越しが良くて、
麺つゆにネギを入れたり、山芋を入れたりして変化を楽しんでます。
 
ほんと不思議なもんで麺類は飽きがこず、
勢いで胃に流し込んでしまうんですが、
ゆっくりと味わって、テレビを見ながら晩飯を楽しむっていう感じではなくなっちゃいます。
 
 
炭水化物だけだと微妙なんで、
最近、捨て値同然の期限切れギリギリの野菜+果物ジュースを見つけて、
早速ながらスカウト(笑)大人買いして、毎日飲んでます。
 
 
来週の健康診断どうなってることやら~。
結果が楽しみなような不安なような。。。。。。
 
 
ざっと、80~110円ってところの、晩飯です。
 
 
イメージ 2
 
 
皆様、風邪などひかれないようご注意ください。
 
ではでは~
 
 
 
さときゅう

街中に・・・・・・熊

イメージ 1
 
 
写真は水汲みがてらに津幡に居た鹿なんすが。。。
 
なんと、昨日仕事場の食堂でニュース見てぶったまげたんですが。。。
 
金沢市森本の中学校のグランドにクマ出没との事。
 
ちょっと奥に入れば森林なものの、
金沢市森本はかなりの近所だし住宅地なんでどこからやってきたのやら。。。
しかも、猟友会のおっちゃんも、
まだ1メートルくらいの小熊なんに、催涙銃かなんかで生かして山に放てなかったんだろうか。
昼間から何も悪いことしてないクマの遺体をニュースで映されては、飯が喉通らんです。
 
 
それにしても、
放浪旅を趣味としているため衝撃的なもので、
鹿とかイノシシとか青大将のたぐいならまだ遭遇してもどうにでもなるものの、
マムシと熊にだけは遭遇したくないものです。
 
 
エサがなかったんかな~。
 
 
 
ではでは。

いざ!!魚沼へ。。。。

 
 
イメージ 1
 
 
お久しぶりでございます。
 
連休明け、怒涛の勤務と相成りまして、更新サボっておりましたが、
親愛なるブログ仲間の皆様&訪問者様、GWは如何お過ごしだったでしょうか?
 
わたくしめは、貧乏暇だらけの長めの休みと相成り、
当初は、もう5~6年前から一度入ってみたいと頭の中で思っていた、伝説の。。。。
福島県南会津郡檜枝岐村を目指す時は今しかない!!
と意気込んだものの、雪のため不可能。
 
平日を3日間挟むため、連休はその3日間をフルに使って、
新潟県内の中で、この30ウン年間モヤモヤし続けていた魚沼地方を、
風景印もろとも攻略しようと心に決め、またしても、車中泊のあてもない旅を決め込みました。
 
魚沼地方というのは、ちょっとむずかしい区分になるのですが、
新潟県中越地方の南部のことをいいます。
信濃川とその支流である魚野川の流域地域で、国内屈指の豪雪地帯になります。
 
 
誠に勝手ながら、ここしばらくは。。。
くどいくらいに新潟ネタの記事となりますが。。。。
皆様どうかお付き合いの程よろしくお願いいたします~!!
 
 
また、突然ではありますが、
新書庫を開設したいと思います。
 
 
前々から構想はしていたのですが、
(あるじなきもの)という書庫です。
 
 
いろいろと放浪の旅をしていますと、
各地で旧道や、廃道、バブル期の忘れ物、看板、標識、
また、人の往来のない駅等に偶然遭遇することがあり、
それらの中には、記憶から忘れ去られているものも多々散見されることから、
形あるものが土へと帰るその過程に、その存在を何らかの形で記事として刻もうという趣旨から、
そういった偶然発見したものをジャンルは問わずアップしてゆこうという書庫です。
 
 
既に、過去の旅の時から撮っているものも多くあるため、
序々に記事にしてゆこうと思っておりますが、
いかんせん、諸般に配慮して限定記事になるものも多くなることをご了承願います。
 
 
今後とも宜しくお願いいたします。
 
イメージ 2
 
 
これは某海岸で遭遇した猫です。
うちの実家の亡き愛猫そっくりなもんで。。。。ついからかって遊んだ次第です(笑)
 
 
イメージ 3
 
新潟県下で最も僻地に位置する、旧入広瀬村なんですが。。。
探検してきました。。。。。
超家庭的な山菜三昧が待ち受けている道の駅がありました。
 
 
イメージ 4
 
なんと!!魚沼には越後のちりめん問屋。。。じゃなくてミケランジェロがいたとか!!
 
 
イメージ 5
 
旅の後半戦、津南、十日町から迂回。
さらにほくほくロード(北越北線沿線の自治体)を探検。
 
なんと!!過疎地をアートで盛り上げようとするプロジェクトは、
瀬戸内発祥ではなくて。。。。魚沼発祥であることが判明!!
 
 
イメージ 6
 
中越地震の最大の被災地であった、小千谷、十日町、山古志は、
見事なまでに復興を遂げていました。
次は東北が復興する番です。
 
 
イメージ 8
 
津南からさらに南下、長野県栄村にも少しだけ立ち寄ったんですが、
ここのきのこ汁のウマいことウマいこと。。。
 
 
イメージ 7
実は、旧山古志村は親が40年ほど前にほんの数年間だけ滞在していたことがありまして。。。
数々の伝説、話は幾度となく聞いていただけに。。。
くまなく冒険してきました。。。
 
山古志には錦鯉や闘牛以上に素晴らしい伝説があります。
後日記事にいたします!!
 
*ちなみに、最初の写真の日本海食堂は行きに寄った富山のドライブインです。
(ここも凄いところなんで、暇を見て記事にいたします。。。。)
 
 
 
なんだか、浅く広い記事になってしまいましたが。。。(汗)
新書庫共々宜しくお願いいたします~!!
 
ではでは~。
 
 
 
さときゅう
 
 
*ユーチューブ投稿元のNabe ichi様に心から感謝いたします。

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ