Entries

第316回!!亀は意外と速く泳ぐ(2005年=ウィルコ)

 
 
イメージ 1
 
 
いや~実はこの土日。久々に2連休だったんで、
JRのフリー切符で能登をぶらつこうと思ってたんですが、
台風17号の通過と相成って、あえなく払い戻し決定。のんびりと家にいました。
 
 
てなわけでして、見たのがこの映画とあと数本。
レンタル屋で映画借りてきて見たり、
ゲームやったり、本読んだりとてきとーな一日でございます。
 
こんな日もいいかな~って感じです(笑)
 
 
というわけでして、映画館では観ない(DVDなんで)にもかかわらず、
小生意気にも。。。。ですが、久々の映画レビューと参ります。
 
 
この映画(亀は意外と速く泳ぐ)は。。。。かなりゆるい映画です
ではでは内容と参ります。
 
 
イメージ 2
↑天然じゃなくて、永久パーマって。。。。(笑)
 
この映画の主人公は、22歳のスズメという平凡な主婦(上野樹里)です。
結婚するも旦那は海外に単身赴任し、
残された亀と2人(?)暮らしをしています。
 
 
タイトルからして、この亀が大きな役割をするような気配が漂ってるんですが、
実はあんまり重要でなかったりします。
 
 
そんなある日、
スズメは日々平凡な暮らしになんとなく嫌気がさしてたところ、
ふとしたきっかけからスパイ募集のポスターを発見して応募したのを機に、
平凡とした生活から一転。いろんな発見をするようになるといったコメディ映画です。
 
 
イメージ 3
 
 
しかも、そのスパイの仕事が意味不明(そこがまた面白い!!)で、
平凡さが一番スパイには大事だというだけの理由で、即採用。
いきなし準備金500万円渡されたり、
目立ってはいけないと、言ってるリーダー夫妻(岩松了、ふせえり)が一番目立ってたりと。。。。
お笑い要素満点です。
 
 
また、性格が正反対で名前が同じ鳥類のクジャク(蒼井優)
との、やりとりが映画を面白くさせてます。
 
 
ただ、この映画は、スパイになること云々が中軸ではなくて、
その流れで登場する個性的な面々と、人との交流を通じて、
日々平凡に暮らす中でも視点を変えれば、
刺激というものはどこにでも転がっているんだょ。。。。。
と言ったことをメッセージとしてる映画なんじゃないかと思った次第です。
 
イメージ 4
↑永久パーマ後(笑)
 
 
なんだかよくわからないレビューになってしまいましたが、
よくわからないところが面白い映画です。(動画も是非!!)
 
 
また、上野樹里と蒼井優がまだそんなに売れてない頃の映画らしく、
初々しさが出てます。
 
 
気になったのがこの映画のタイトルなんですが、
亀を平凡な生活に例えていて、生活の仕方によっては。。。。
違った暮らし方もできるんだよっていう事を言いたかったんじゃないかって。。。
勝手ながら思ってます。
 
 
配役もかなり名脇役総動員の豪華メンバーになってて、
楽しいです。
 
 
また、マニアックな表現なんですが、映画を見終った時の気分が、
なんとなく大昔に読んだ漫画、ハイスクール奇面組と似てたな~っていうのが。。。。
印象に残ってます。
(こればかりは、うまく説明できないんですが。。。)
 
 
観て思ったのは、
日々セッカチなまでに、何かに追われるような感じの日本人への、
けっこう鋭いメッセージを、すごーくゆるく投げた傑作コメディなんじゃないかって感じでした。
 
 
最近ちょっと心身共に疲れ気味だな~って感じる方は是非、
一見の価値ありのコメディ映画です。
 
 
なんだかよくわからない文面で誠にすみません。
 
ではでは~。
 
 
さときゅう
 
 
 
 
 
 
 
*ユーチューブ投稿元のboom2wolfy様に心から感謝いたします
スポンサーサイト



第315回!!おやすみ日本~眠いいね(2012=NHK)

 
イメージ 1
 
 
この間、
ただ何となくテレビ付けたら夜中にやってた番組だったんですが、
かなり変わった番組だったんで記事にしようかな~と(笑)
(動画も探したんですが、見つからなかったです)
 
 
NHKで不定期の深夜に放送されていた、
おやすみ日本~眠いいねです。
 
 
この番組にメインで登場していたのは、
宮藤官九郎、又吉(ピース)、田辺誠一の3人。
 
 
もうこの時点で、視聴者に向かってがっついてくるメンバーではないので、
かなりの睡魔が来そうな感じなんすが。。。。。(笑)
 
 
番組の趣旨がこれまたかなりゆるくて、
深夜に眠れない人たちからその理由をメールしてもらい、
そのメールをもとにトークしたり、電話したりして、
ぐっすりと眠ってもらおうというメイン企画の他、
眠くなる音楽、昔話、ゆるすぎるトークなど、視聴者を熟睡させるというのが目的。
 
 
データ放送と連動していて、眠くなった視聴者がbボタンを押すと、
スタジオでの眠いいねポイントが加算され、
これが、あらかじめ設定していた一定のポイントに到達した時点で、
放送終了、もしくはスタジオが真っ暗になるといった。。。。
 
 
おそらくスポンサーの存在しないNHKでしかやれないであろう、
視聴率を度外視した番組ってなわけです。
 
 
何よりもすごかったのは、
しょっぱなからBGMに矢野顕子の曲が流れており、
もうこの時点で眠かったのに、
さらに本人が登場して、矢野顕子が選ぶ眠くなる曲ベスト10とかはじめてた。
これで眠気が来なかったら、かなりの重症なんではないかと。。。(笑)
 
 
その合間に、いきなり民話調の昔話を語りだしたり、
眠れないメールをくれた視聴者とトークするも、
トークがあやふやで、眠れない理由がひとつも解決されてないのがまた。。。。
 
 
いい味出してました。
夜遅くに、しかも視聴率低そうな番組なんで、見た方いなそうな感じなんですが、
見た方おいででしたら、コメントお待ち申し上げます~。。。
 
 
さときゅう
 
 
 

ラーメン寶龍(石川県松任市ほか)

 
 
イメージ 1
 
貧乏ブログらしくないのですが、
めずらしく、ラーメン屋レポートとまいります(笑)
 
週末とかは、ちょくちょくラーメン屋に行ったりしてるので、
食欲の秋らしく、レポートいたします。
 
富山にいた頃から、ちょくちょく食べていた、ラーメン寶龍です。
 
本店は北海道(札幌)らしく、本場仕込みの味噌ラーメンが一押しとの事なんですが、
個人的にはここの醤油ラーメンが好きで、
富山にいた頃は、仕事で砺波に行ったときはよく砺波店で食べてました(笑)
 
 
イメージ 2
 
こんな感じでド派手な看板と、
気合の入ったランチサービス(おにぎり、ライスお替り自由)が自慢のお店です。
 
 
イメージ 3
こんな感じで、厨房の上にまで掲げられている、味噌推し!!(笑)
 
イメージ 4
しっかし、B型の血が騒いだんでしょうか~。
迷うことなく、魚介系醤油ラーメン大盛りを発注いたしやした。
 
しかもランチってことで、サービスおにぎり三つ(そのあとさらにお替り!!)
久々に、睡魔が出るくらいの食い倒れでした。
 
ここでは初挑戦の魚介系。味はさっぱりとしていて美味しかったですが、
やっぱり、このジャンルだとあの店のほうが美味かったです。。。。
 
更新してたら、また食べたくなってしまったです。
 
 
しかし、ラーメン。。。。昔は安い料理の筆頭だったのに。。。。。
知らん間に単価上がったな~としみじみ思う今日この頃っす。
 
 
ではでは~。
 
 
さときゅう
 

第314回!!新潟市沼垂散策(後編)

 
 
イメージ 1
 
しばらくあけてしまいましたが、お盆に墓参りした際に散策ました。。。
新潟市沼垂散策の後編と参ります。
 
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/63149338.html ←前回の記事はこちらです。
 
↑のチラシなのですが、実家に帰った際に回覧板に挟んであった渟足柵プロジェクトです。
 
 
面白いのが、実は平成の大合併後、
新潟市が政令指定都市へと移行されるに伴い、沼垂は中央区になっているのですが、
プロジェクトそのものは東区で盛り上がっていて、
帰省した際には、赤道(という道が新潟にはあります。。。笑)や、
大形本町でものぼりが立っていました。
 
 
思うに、沼垂は本来東区であるべきだったんじゃないかと思ったりもします。
(昔から東新潟を代表する要衝といいますか。。。下町だったため)
 
 
おそらく、政令指定都市後の区割りを見てみると、
新栗の木川を境に割れているんで、事務的な区割りだったんじゃねぇかなぁ~。。。なんて邪推してます。
 
 
ちと、マニアックな脱線をしてしまいましたが。。。
今回は、沼垂の市場通りでのアートをアップ致します。
 
 
イメージ 2
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(左) カリブの海賊団という、市民自由参加型のアートプロジェクトが開催されてました。
    沼垂朝市の空き店舗を借り切って、新潟水と土の芸術祭の一環で、
    思い思いの手創りアートが陳列されてるって感じでした。
 
(右) おもっしょしょうれね!沼垂=面白くしてゆきましょう沼垂。。。。です。
    この他にも、沼垂の由来が書かれたシャッターの落書き風アート(笑)なんかも。。。
    
 
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(左) アート作品の周りには、ペンキやら絵の具やらがたくさん。。。
    自由に造形して行ってね~といった感じでしょうか?
 
(右) 個人個人で描かれたり、落書きされたアートがペタペタ貼ってありました。
    これは面白かったです。
 
イメージ 5
 
アートに、朝市に、ラジオ。。。。。
 
沼垂は独自のコミュニティー路線を歩んでるようで、
これは影ながら応援せずにいられません(笑)
 
 
動画もアップいたしましたので、
暇つぶしがてらでも、新潟の街ご覧いただけましたらこれ幸いと存じます。
 
 
毎度ながらこのうえないマニアックな記事でしたが、
ご覧いただきまして誠にありがとうございます~。
 
 
まだしばらく、ふるさと新潟県内の散策日記続くと思いますが、
宜しくお願いします。
 
 
ではでは~。。。。
 
 
 
さときゅう
 
 
①喧嘩祭りでも知られる、沼垂まつりでの万代太鼓です。終盤の演奏に圧巻です!!
*ユーチューブ投稿元のbandaidaikowado様に心から感謝いたします。
 
②沼垂は古くから、造り酒屋や味噌、醤油の蔵元でも有名です。
くわしく伝えておられるインターネット番組を発見したので、アップします。
後から気付いたのですが、埋め込みNGでしたので、ご覧の際は↓の黄色タイトルをクリックしてください。
*ユーチューブ投稿元のNiigataInternetTV様に心から感謝いたします。

新保ちゃんのプラっと新潟散歩 ~発酵食品の町 沼垂~
 
 
③新潟市内でも数少ない喧嘩灯篭で知られる沼垂祭りの、バトルシーンです。
勇壮なお祭りです。
*ユーチューブ投稿元のuka1977様に心から感謝いたします。
沼垂まつり
 

第313回!!貧しき食卓(その119)

イメージ 1

貧乏厨房です。


いよいよ秋になって、
大鍋で何か作っても一日に一回火を通せば傷まないという、これまた。。。


作り溜めできるシーズンとあいなりました。
貧乏厨房全稼働で参ります(笑)
 


てなわけでして、毎年恒例なんすが、
豚汁作りました。


味噌は、
おかずらしくご飯食べたくなるように八丁味噌を仕込みました。



朝食べたねこまんまです。
前の晩余った冷や飯に、既に作ってあった豚汁かけました。
即興です。

材料には、頂き物の茄子と五郎島金時もはいっております。


ざっと、60円也です


寒くなるにつれ、
味噌系の食事には癒されます。


ラーメンもそろそろ、
毎年恒例の、くるまやのねぎ味噌なんかが食べたくなってきた今日この頃。


ビンボー生活。
我慢我慢っす(笑)

第312回!!貧しき食卓(その118)

イメージ 1

貧乏厨房です。


今回は、珍しく工夫してみました((笑))


昔、銭金でやっていた貧乏レシピのちょっとしたパクリでして。。。


なんと!!松茸風ご飯です(汗)


炊飯する際に、
キノコ(椎茸かシメジかまいたけかエリンギなど)
を入れて醤油と日本酒と。。。。


松茸の味お吸い物のインスタントを仕込みます。


これで!!
キノコは偽物なのに、香は松茸っていう混ぜご飯完成!

あとは、里芋に、インスタントラーメン(最近気に入っている、昔ながらの中華そば)
ってとこで、ざっと140円です。


秘密の県民ショーで、
秋田県民はラーメンに扶を入れて食べると言うのをやっていたんで、
これまたパクリました。(笑)
調子こいてメンマも少々。
結構美味いです。


食べてから気付いたんすが、
もともと鼻が鈍感だから松茸の香りがわからなかったりします。


だから意味ねえです(笑)

第311回!!新潟市沼垂散策(前編)

イメージ 1
 
だいぶ、日にちを空けてしまいましたが、
新潟市沼垂散策の続きです。(誠に申し訳ありません)
 
アヒルさんから、真摯なコメントを頂戴いたしまして、
これはやらねば~(笑)と更新しました次第です。
 
ズボラな性格がたまに出ることがありますが、
今後もマイペースながらのこの貧乏ブログ。お楽しみいただけましたら尚幸いでございます。
 
 
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/63076231.html ←前回更新しました、沼垂です。
 
 
前回の記事では、沼垂が新潟市のルーツだという所で、(これまた無責任なところで)
記事を終わらせてしまってたんですが、
2部に分けまして、沼垂。。。。お伝えいたします。
超地元なので楽しんで更新してます。
 
 
新潟市はもともと(明治初期~大正初期)は、新潟町、新潟湊と呼ばれており、
現在の新潟島の部分が町域でした。
 
その間に信濃川を挟み、対岸にあった町が沼垂町です。
当時の町域には、万代町や山ノ下、竜が島等も含まれていたそうです。
 
この沼垂町。
大正初年に新潟市と合併するまでの間は、
ひじょうに新潟と関係がぎくしゃくしていた事でも知られ、
中世、今の通船川が阿賀野川の本流であった頃、
信濃川と阿賀野川の河口部分は蛇行に蛇行を重ねた暴れ川となっておりまして、
洪水や浸水が起きるたびに、沼垂の町は甚大な被害を受けて町ごと引っ越すこと数回。
苦難に苦難を重ねる中で、信濃川下流域の利権問題(港がらみ)で新潟町と争うようになります。
 
 
そんな沼垂は実は歴史が深く、元を辿ると、日本書紀に遡ることができ、
古くは飛鳥時代、坂上田村麻呂が蝦夷(当時の東北地方)を平定する際に、
渟足柵と磐船の柵を築いたという文献があり、
ここでいうヌタリが時を経て沼垂となったと言われてます。
 
また、証拠文献が少ない中、1990年に旧和島村(現長岡市)の某遺跡にて、
奈良時代以降と思われる木簡(今でいう手紙)が出土され、
その木簡に、渟足柵が700年代に存在していたことの裏付けが取れた事から、
沼垂町は、新潟よりも歴史が古いのではないかとの説などが予想され、
これが、新潟のルーツの一つになるのではないか。。。。。と新潟市内では期待が膨らんでいます。
 
イメージ 2
↑(われわれはお馴染みの)沼垂白山神社です。1800年代後半の建造物として残っていますが、
実際には1600年代の創建といわれています。
新潟総鎮守も白山神社です。
 
新潟県下越地方での越後一ノ宮は弥彦神社なのですが、
新潟市中心部としては、白山信仰が古くからあったという事でしょうか?
 
白山というのは富士山、立山と並ぶ日本三霊山の一つで、
信仰の山としても知られ、
白山神社は国内に2000社余りあると言われており、
その総本宮は、石川県白山市にある白山比神社(しらやまひめ)です。
 
この白山信仰というのは、
越中立山での地獄信仰とはまた違う山岳信仰らしく、
新潟のような遠い県でもあるということは、
あくまで身勝手な憶測ですが、もしかしたら海で働く船乗りたちが、
当時、標高の高い山岳を目印に、崇高していったという流れもあるんではないかと思ったりもします。
 
 
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かなり脱線してしまいましたが、
沼垂白山神社の境内には、古い絵馬や木彫り彫刻なんかも多く見所です。
 
イメージ 3
 
最後になりましたが、↑は沼垂朝市の市場です。
今となっては衰退しておりシャッターが閉まっている時店舗が多いのですが、
かつては賑やかだった寺町横の一角です。
 
 
前回の記事で、墓参りの際に沼垂ラジオというのぼりを発見してアップしたのですが、
その開設時の動画を発見しましたので、アップいたします。
 
 
沼垂地区限定でラジオを放送するといった手創り感あふれる、町内密着型のラジオ局で、
↑の沼垂市場内にスタジオがあるようです。
 
 
次回は沼垂市場内で発見しましたアートをお送りいたします。
ではでは~。
 
 
さときゅう
 
 
*ユーチューブ投稿元の朗 羽鳥様に心から感謝いたします。

第310回!!いくらなんでも。。。。

 
イメージ 1
 
 
数か月前のスーパーでの買い物の写真なんですが。。。
 
あまりの投げ売りっぷりに記念撮影なんかしちゃいました。
おつとめ品って言ったっていくらなんでもこの値段出さなくてもだれか買うだろうに。。。。
 
 
グレープジュースなんかも、
マックのタダ券なんか付いちゃったりして。。。。実質超安すぎ。
 
 
背に腹は変えられませんとばかりなんすが。。。(笑)

ハゼドン(1972年=創映社)

 
                           ユーチューブからです。
久々の更新なのに、ユーチューブからなんですが、懐かしの動画を発見しました。
再放送でなんですが。。。子供の頃ちょくちょく見てました、ハゼドンです。
 
 
今のアニメとか、ドラマとかって、
見た目重視が行き過ぎて、
いかに格好のいい主人公かっていうのが特徴になってるのが多いんですが。。。。
 
 
ならば!!
 
その逆をいくヒーローはいないものかと考えていたら。。。。いました!!
思い出したアニメが一つ。。。
 
 
メジャーなものは取り上げないこのへなちょこブログらしいネタ。
人様が取り上げないネタをやってこそ、ブログ名利につきるというもの!!
(。。。。。と勝手に思い込んでおります)
 
 
てなわけでして。。。
毎度勝手ながら気合いが入ってまいりましたー。
 
 
イメージ 2
タイでも、カツオでも、ブリでもない。。。。。ハゼがスターのこのアニメ!!
 
イメージ 5
ハゼドンです!!
 
このアニメがどんな内容かと申しますと。。。。
主人公はハゼで、その親友がフグだという。。。。いい味出してるアニメです。
 
ちょと強引なたとえなんすが、
海の生物版おにぎりあたためますかといった感じでしょうか?
(いや違うか。。。。笑)
 
 
ハゼドンは死んでしまった母との約束を果たすべく、
世界一強い魚になるために、
友達のプーヤン(ふぐ)、シーラン(人魚)とともにあてのない旅をするという内容。
(たしか。。。。そうだったような。。。)
 
 
とはいえ、見ていてかなりほのぼのとした珍道中っぽかったんすが。。。
 
イメージ 3
↑フグのぷーやんだけ、なぜなのか関西弁です。
 
また凄いのが、このアニメの声優なんすが、
ハゼドンが大山のぶ代で、プーヤンが肝付兼太という絶妙なコンビ(笑)
 
声だけ聴いてると、スネ夫がドラえもんに振り回されてるような感じがまた。。。。
 
イメージ 4
なんだかやる気のなさそうなこのハゼドンが、実はとてもいい奴だったりします。
これだから世の中わからねぇってやつです。
 
イメージ 1
 
また、オープニングのハゼドン音頭がかなりいい味出しています。
盆踊りっぽいオープニングがツボに入ります。
 
アニメともども、是非見てってくださいマセマセ~。
 
 
さときゅう
 
 
 
*ユーチューブ投稿元のtunekoba様に心から感謝いたします。
 
 
*↑に引き続きましてユーチューブ投稿元のtunekoba様に心から感謝いたします。
誠にありがとうございます。

ハゼドン 23 B

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ