Entries

第309回!!貧しき食卓(その117)

 
 
イメージ 1
 
久々の更新と相成りました、真夜中の貧乏厨房です。
 
夏の残暑があまりにも厳しすぎて、能登では遂に渇水で取水制限が出たとの事。
恵みの雨が待ち遠しいとの事ですが、皆様夏バテにはご注意ください。
 
 
ってなわけでして、
しょぼい貧乏厨房。夏バテ防止シリーズと参ります。
 
 
夏はどうしても食欲が落ちたりするんで、
食事中はエアコンを強めに付けて、食べるようにはしておりますが、
当ブログの一押しとしては。。。。山芋です。
 
 
山芋やオクラ、メカブといったネバネバ系は夏バテ防止にいいらしく、
また、スタミナが付くらしいです。
 
 
なにかと麺類が増える今日この頃、相性もいいんでないかと思います。
 
 
↑は千切りの山芋を冷えた飯にかけてます。
 
イメージ 2
ちとピンボケなんすが、山芋がけの七味唐辛子蕎麦です。
キュウリはいつものごとく、アジシオで漬けたやつです。
 
 
しかしま~早くも男37歳。
悪運強いのかいまだ大病はしたことないものの、
日々トマトジュースを飲むようになっています。
 
 
以前のようなワイルドだぜぇ~って感じのめちゃくちゃ感は減ってきました(笑)
 
スポンサーサイト



今日も雨(2007=倉橋ヨエコ)

ユーチューブからです。
いや~実に、ユーチューブって宝の山といいますか、
金塊みたいなもんだナって。。
つくづく思うんですが、
またまた検索していたら、思わぬアーティスト。
初対面の、思わぬ名曲に出くわしちゃいました。
 
 
 
これだから人生楽しい。
やめられません(笑)
 
 
ただ、今回アップする倉橋ヨエコさんという歌手なのですが、
もうすでに4年前に引退(自主廃業)されているとの事。
出会ったその日が別れだったみたいなオチが悲しいんすが。。。
(もし、倉橋ヨエコさんについてご存知の方おいででしたら、コメント是非!!)
 
 
他の楽曲を知らないため多くは語れないんすが、
この歌手のパワーたるや凄いと思ってアップします。
 
 
明らかに、歌詞は重いにもかかわらず、動画も含め秀逸で味があり、
その歌唱とテンポで、聴くものを前向きにさせる何かを感じた次第です。
 
 
うまく説明できませんが。。。。
聴いてみてからのお楽しみということで。。。。(笑)
 
 
かなりいい曲といいますか。。。
涙腺ゆるむ曲です。
 
 
しかし思うんですが。
こういう、才能のある歌手が長く続かないで、
どうでもいい(ちょっと失礼かも。。。)のにかぎって
つよーい事務所に守られて商業ラインに乗れるっていう、
今の音楽シーン(だけじゃないけど)も困りものかと。。。。
 
 
 
ちょっと愚痴半分ですが。
ではでは~。
(歌詞、アップさせていただきます。)
 
 
 
さときゅう
 
 
 
 
♪今日も雨  (詞、曲、歌=倉橋ヨエコ)
 
 
知らないほうがましだったことは たくさんあるけど
読みかけては印をつけて 閉ざした本に寝そべります
真実は明日も私をきっと泣かせるだろう
 
でも飛びだして行こう 待ってる人はいないけど
泣き止んでみても 外はもっと雨
 
 
甘い思い出と戯れて 唇には反省の歌
悔しいけれどいらない過去で この私は作られています
真実は明日も私をきっとしょげさせるだろう 
 
ほら追いかけていこう どんなに返事がなくたって
追いかけていこう 外は今日も雨
 
ほら追いかけていこう どんなに返事がなくたって
追いかけて行こう 今日も雨
 
でも飛び出していこう 待ってる人はいないけど
泣き止んでみても 外はもっと雨 
でも飛び出していこう 待ってる人はいないけど
泣き止んでみても 外はもっと雨
 
 
そんなもんだろう
 
イメージ 1
 
 
 *↓アップしてみたのですが表示できないため、
ご覧いただく場合は、↓の黄色のタイトル面をクリックしていただければ、見れます。是非!!
 
*ユーチューブ投稿元のbombking009様に心から感謝いたします。
 
 
 
 

半年振りの、新潟

 
 
イメージ 1
 
 
長く空けてしまい、誠に申し訳ありませんでした。
ロンドン五輪やら、夏バテやら、なんやらかんやらと。。。。。
更新サボっておりました~(涙)
 
 
ただ、ブログばかりはずっと続けてゆきたいので、マイペースでやるのが身上。
こんな感じではありますが、
今後とも、気長にお付き合い頂けましたら幸いと存じます。
 
 
いや~しかし光星学院。。。。ほんとに無念でしたが、
大阪桐蔭の藤浪投手の凄いこと凄いこと。
あそこまで冷静に、完封されてはもうどうにもなりませんて。。。。。
 
 
てなわけでして。。。。(どんな訳なんじゃい!!)
盆は墓参りにと。。。。。新潟に帰ってまいりました。
(なので、しばらくはまたしても、新潟ネタになると思いますが。。。お付き合いのほどを~。。。。)
 
 
写真のもやもやスポット(笑)は、沼垂です。
沼が垂れると書いて。。。ぬったりといいます。
(なんだか、水木先生の漫画の妖怪の名前に出てきそうなネーミングなんすが。。。。笑)
 
 
沼垂は新潟市のルーツとまで言われる古い土地柄なんですが、
新潟島の西堀と並ぶ、寺町になっています。
(なんでまたルーツなのかに関しましては。。。また次回にでも。。。)
 
 
イメージ 2
 
沼垂は寺が多いので33か所巡りはなんとなくうなずけるんすが。。。
沼垂ラジオって。。。。???
 
 
 
イメージ 3
渋く鎮座するお稲荷さんです。
 
 
イメージ 4
なんだかお怒りの様子なんすが腹でも空いてるのかな?
 
 
実は、ビックリしたことがあるんですが、
新潟市の東区では、沼垂をメインとしたイベントをしていて、
街なんかも独特のアートなんかが施されてました。
 
そんなこんなで、
毎度の事、次回は勝手ながら沼垂もやもや散策第2弾とさせていただきます。
 
 
本日は、このしょぼい貧乏ブログご覧いただきましてありがとうございました。
今日から気合入れて楽しんで更新してまいります。
 
ではでは~。
 
 
さときゅう

第308回!!八戸三社大祭(大正4年撮影他)

イメージ 1
 
 
しばらく空けてしまい久々の更新と参りますが、
お久しぶりでございます。皆様お元気でしょうか?
 
熱中症と、ロンドン五輪での寝不足にはくれぐれもご注意ください。
(いや~。。。いまアーチェリーの決勝となでしこサッカー見ながら更新してました。。寝れねぇです。)
 
もうすでに、東北の夏祭りが始まってしまい。。。
ちょっと遅すぎた感があるのですが。。
 
 
レトロ写真館と参ります。
 
今回は。。。八戸三社(はちのへさんしゃ)大祭です。
 
青森県八戸市は、青森県第2の都市で人口は約25万。
三陸沿岸最大の工業都市で、かつては国内屈指の漁師町と言われたこともあります。
 
古くは、藩都である南部盛岡藩20万石の商都として栄え、
のちに、幕府の判断により分家となり、南部八戸藩2万石として成立し発展しました。
 
八戸の一番の黄金期はおそらく昭和40年代前半あたりで、
その頃は日本三大漁港と言われていた、焼津、銚子、釧路をも漁獲量で凌いでいたそうです。
 
また、八戸漁港は全国的に見ても稀な事に水揚げされる魚種がシンプルで、
圧倒的にイカが多く、日本全国で水揚げされるイカの4割ほどが八戸産です。
水産業界は厳しい逆風のさなかではあるものの、今も石巻と並ぶ東北最大級の港町です。
 
昨年の東日本大震災では、
八戸は津波により、1200億円超という極めて甚大な被害を受けました。
 
 
 
では、お祭りの内容と参ります。
 
おそらくは、青森県外の方々の知名度としてはまだ低いのではないかと思うのですが、
八戸三社大祭。。。。。かなり大規模な祭りでございます。。。。
 
その歴史はおよそ300年前にさかのぼり、
当時からあった3つの神社の神輿行列に続いて、各町内が山車を出したことがきっかけで、
年を追うごとにグレードがアップしたそうです。
 
 
今現在では、日本一の山車祭りという肩書きもあり、
まずは、優雅な神事行列が続き、武者行列などが行進して、
もうこの時点で凄い行列なんですが、あくまでも。。。。それは序盤戦。
 
 
毎年27台の超巨大な山車がねり歩き、
その山車からは、煙が吐かれたり人形が動き出したりする仕掛けが施され、
笛の音や太鼓の音が優雅さを奏でます。
 
 
ねぶた祭りの勇壮さとは一味違い、
八戸三社大祭は、凝った演出と優雅さが身上なのかもしれません。
 
 
そんなところに、旧津軽藩と旧南部藩の文化と歴史のの違いが垣間見られて、
比べてみると面白かったりします。
 
イメージ 2
 
舞台になっている、超豪華な山車。
 
 
イメージ 9
↑これは昭和40年代(?)でしょうか。
山車にも工夫が施され、近年では電柱対策として人形が折りたためる仕掛けも。。。
 
右に写ってるサングラスのおっちゃんは何者なんだろか~。。。。
 
イメージ 10
これは何の行列なんでしょうか??
コブラみたいだけど。。。。。顔は鳥。。。(笑)
 
イメージ 11
現在の八戸三社大祭の模様です。
八戸駅の様子なんですが、さすが新幹線が来ると激変!!
 
記憶の中の八戸駅は、すごーくさびしい小さな駅で、
電車が来るまで蕎麦をすすってぼけ~っと待ってた印象ばかりなんですが、
新しい駅舎を見たときはぶったまげました。新潟駅よりきれいだったです(笑)
 
 
 
イメージ 13
←寅舞です。
この寅さんに噛まれれば、
無病息災が約束されるとの事で、
自ら噛まれに行く子供も。。。(笑)
 
北陸では、町内ごとに、
獅子舞が風物詩になっているところが
多いと思うんですが、
八戸では寅なんでしょうか?
 
ちなみにですが、
今回動画をくださいました、
朝市珈琲さんは、八戸で寅舞を
しておられです。
(宣伝しましたよ~)
 
 
 
 
 
イメージ 3
イメージ 4
噛んでおくれと
身を乗り出す
(というか、出さされる)
勇気ある、ぼうや。
 
神事の行列です。
 
 
八戸には4年間住んでたんですが、
その内、2度だけ三社大祭をじっくり見る機会に恵まれて、
山車の行列は十三日町で、神事行列はゆりの木通りで見た覚えがあります。
 
 
山車の題材はねぶた祭りに比べて個性的なものがあって、
歴史上の話や三国志とかだけではなくて、昔話や伝説のようなものを扱った、
ユニークな山車なんかもあったような気がします。
 
 
イメージ 14
 
大太鼓を叩き手はやっぱり、女性のほうが色気があっていいもんです。
サラシなんかを巻いて、豪快に叩く鉢さばきなんかも見ものです。
 
 
(朝市珈琲さんのお祭り動画も是非ご覧ください)
 
 
イメージ 12
紅白歌合戦の、新潟代表の豪華衣装対決も、これには脱帽かも。。。。(笑)
とにかく、派手さと豪華さが凄い感じです。
 
イメージ 5
山車に乗って、小さい太鼓の叩き手と、中央には大太鼓。
前方を横笛を吹く女性陣。
山車はトラックの運転席と荷台に作られていて、
基本、引手はいないようです。
 
 
イメージ 6
夜になれば、山車そのものは発光しないものの、
ライトアップされて、これがまた、独特の見応えがあります。
イメージ 7
こんな感じで、八戸のメインストリートを流してゆきます。
毎年八月の初めに行われ、開催中は合計で100万人以上が観光で動くとか。
 
イメージ 8
以上になりますが。。。
マイペースな更新となりましたが、青森4大祭りのご案内&レトロ写真でした。
ちょうど、お祭りは現在開催中です。
祭りの開催期間外でも、各々の山車が保管されており、年中見れます。
 
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/62938946.html      弘前ねぷた祭り
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/62959022.html       五所川原立佞武多
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/62952214.html       八戸B-1グランプリ
 
 
青森へ旅される際は。。。。。是非!!
 
 
さときゅう
 
 
*ユーチューブ投稿元のcomehachinohe様に心から感謝いたします。
*ユーチューブ投稿元のTheToraboss(朝市珈琲)様に心から感謝いたします。
*ユーチューブ投稿元のTheToraboss(朝市珈琲)様に心から感謝いたします。

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ