Entries

第307回貧しき食卓(その116)

イメージ 1

ここ最近は、あまりにも大津の事件が不快で、
脳裏に立つ火柱が収まらぬ毎日です。
 
 
だれも責任とって辞めることすらしない。
 
 
もはやリコールあるのみでしょう。
民間企業じゃありえない酷さ。。。。
 
 
あの市教委の老害連中
(こいつらまさか。。。加害者から金品もらって買収されてるのでは。。。とさえ思えるほど無能)、
裏表のある市長、
取材に鼻歌でスルーし、説明会に出てこない担任。
味方に付かねばならぬはず大人たちが、ことごとく敵にしか見えない。
 
 
もはやこいつらは、大津市民が引きずりおろさねば捜査の邪魔になるのでは。。。
 
 
しかし、加害者の親族らしいブログというのも見たんすが。。。
間違いなく。。。モンスターペアレントと言われる連中なんでしょう。
(ただあのブログは。。あまりにも人間性が感じられない記事が多いため、
ほんとに加害者の身内が書いてるんだか。。疑問点も多いのですが。。。)
 
 
ここまで来てなお、加害者意識がみじんもない。
正直、文科省よりも、法務省と警察庁に動いてほしいです。
信じれない。。。 見ていて解決するとは思えない。。
 
もう、どうなってんだ?この人達???
異常としか言えんです。。。
 


気分を取り戻しまして。。。
連日の猛暑の中、みなさま熱中症にくれぐれもご注意ください。

久々ですが、貧乏厨房とまいります。

この暑さにエアコンが負けちゃって、
12年戦士の冷蔵庫もくたびれ気味なのか氷を作るスピードが遅くなっちゃって、
おいついてねえです。(涙)

なけなしの氷でなんとか作った、
冷やし蕎麦と、かき揚げ丼です。

ざっと90円です。

やっぱり、
どうしても暑い日はなにかと麺類がふえちゃいます。

最後になりますが、
西日本の皆様、大雨洪水にはくれぐれもご注意ください。。。
スポンサーサイト



情けない大人

 
大津の事件。
あまりにも酷すぎる。
ニュース見ていて泣けてくる。
 
この自死は、その根底に強烈な大人に対する不信感があり、
本来頼られるものへの絶望が、最後の抵抗として自死を選ばせてしまった。
 
ただ、
一つ疑問なのは、遺書が見つかっていない事。
あくまで、あくまで個人的な憶測なのですが、
不確定なネットで出回っている情報が正しくて、
加害者の家族が権力者であったということが事実なら、
他殺の線でも見れる状況ではないのか?
 
この世にこれだけ無念を残して去るものが、
遺書を残さないで世を去るなどあり得ないと思う。
証拠を隠滅されたか、他殺だったかを疑う間もなく、解剖もされない。
そこに、とある権力が。。。。って考えるのは普通でしょう。
 
 
全てのものがそうだとは言わないですが、
あらゆる場面で、権力のある人間っていうものは、柔軟性に欠け、
己の負は絶対に隠し通して守りに入る事に終始する。
今回もまた、己の立場を守るためには、弱い立場の者を追い落としたのか?
 
今度ばかりは絶対に許せない。
己の手を汚さず、一人の少年を死に追いやった、
人を殺めたも同然な今回の事件、こんな決着で誰が許すというのだろう。
 
又、具体的な金額を上げて被害届を出しているのに、
3回に渡って却下した理由はなんなのですか?大津警察署様。
 
俺は、神や仏というものは、
居るのかよくは分からんのですが、因果応報というものは、必ずあると思う。
 
 
 
そもそも、
アンケートにあれだけの回答があるにもかかわらず、
大津市の教育委員会はいじめによる自死を把握できなかったというが。。。。
 
猿でもわかるわ!!そんな事!!
 
情けない。
 
 
いつだったか、同様の報道を見て変な人が、
弱いからいじめられる、もっと強くなるべきだとか言っていたが、
弱いのではなく優しいのであり、強いのではなく無神経なのだと思う。
後者だけが表舞台を行ける社会に、夢などもって生きてゆけるのだろうか?
その姿を子供たちに見せた後者が、
大津署であり、大津市教育委員会であり、学校の職員なのではないのか?
 
 
思春期にいじめがあるということは仕方ないという意見がある。
それは分かるような気がする。
しかし、それに対して正義の鉄槌を喰らわす大人がいなければ、
それは常軌を逸するのではないのか?
そうだとすれば、情けない大人たちが犯罪を助長したのではないのか?
 
 
それでも、決して自死はしてはならない。
そういう方法で、残されたものに意見してはいけないと思う。
 
生きていればどんなに理不尽であろう屈辱を味わったとしても、
もしかしたら反転できるかもしれない。
馬鹿にした連中を見返す日がやってくるかもしれない。
 
たとえ味方が少なくても、逃げる道はたくさんあったはずなのに、
それを身近な大人たちが絶ったのだと思う。
 
でも、いかに周囲の大人たちが馬鹿であったとしても、
決して死ぬことで抵抗することを美化してはならないと思う。
 
なぜなら自分が死んだ後、残された者は自分を話題にできなくなるからだ。
人の心の中で回想されないということは、本当に死んでしまったことになる。
たとえば病気や事故で死んだなら、あの人はいい奴だったのにっていつでも回想できるけど、
自死してしまうと、会話が相手(家族)を傷つけてしまう可能性もある。
何もかもが、悲しい事になってしまう。
 
それは本当に悲しい。辛いことだと思う。
 
 
だからもし、いじめにあっている方がこの記事を読んだなら、
死ぬ事で一矢報いるという概念だけは捨ててほしいです。
必ずどこかに味方はいるし、いなけりゃどこかへ逃げればいい。
(不登校という手段も大いにいいと思う)
 
 
正直なところ人生、中には酷い大人もいるものだと思うが、
いい大人はそれ以上に多いし、
口は悪いが人間味のある人や、諭せる大人も現に多い。
 
 
最後に言いたいのですが、
ここ数日間、当ブログでは同県の記事を書いてきました。
そのため、滋賀県内の方が多く見に来られ、
訪問数が上がっている事はわかっております。
 
そこで、偶然でもこの記事にたどり着きました滋賀県の皆様、
何卒、この被害者の少年の無念を憂いて声を上げてほしいのです。
 
猿でも分かるような子供の危機を、
うぬらの保身のために隠ぺいした腐った大津市教育委員会と、
遺書無き事件を自殺と決めつけ解剖もせず加害者を守り、
身内を庇うかのようにして、被害届を3回無視した大津警察署に!!
 
 
本当に許せない!!
俺は絶対にあんたらを許さない。
 
 
子供の将来は、日本の将来。
これを憂いぬわけには参りません。
 
 
 
*感情的であったため、
乱文乱筆誠に失礼いたしました。
 
 
さときゅう
 
 
 

虫刺され

 
いま、
リアルタイムで探偵ナイトスクープ見てたんすが、
なんと!蚊に刺されたことのない女の子からの依頼で、
蚊に刺されてみたいという無茶苦茶な依頼(笑)
 
 
蚊を大量に調達して部屋に放ち、
一緒にいた竹山が体を張って10数か所刺されて、
依頼者の女の子は一か所も刺されず、
汗をかくため蕎麦食ったり、水着になったりしても、女の子は刺されない。。。
 
 
しかもリアルなことに、
刺す瞬間から蚊の度アップ。
食事後の針の手入れから、
胃袋が赤くなる瞬間までとらえてて。。。。こりゃ痛々しい。
 
 
で。。。。。
見ていてふと思い出したのが。。。20年前。
今となっては笑い話なんすが、
当時飼ってた猫が原因で、体中ノミに刺されてどうのもこうにもならなくて、
バルサン焚いても、アースレッド焚いても、
猫を風呂に入れてピンセットでノミ取りするも焼け石に水。
焚かなかった部屋から移住してきやがるんです。。。。ノミが(笑)
 
 
イメージ 1
↑今は亡き(ばちあたりな。。。笑)師匠です
 
 
結局は犬猫病院から買ってきた、
専用ノミ取り首輪のおかげで、根元から絶てたんすが。。。
(ちょっと話が脱線したんすが。。)
 
 
これが、俺と親父だけがノミに食われまくって、
その他の家族全員がほとんど刺されなかったんです。
 
 
世の中不条理だらけとはこの事かよと。。。。
 
 
でも、面白い話で、
刺される人と刺されない人がいるようです。
 
 
虫から好かれても悲しいっすなぁ~。
でも、虫に刺されたことない人っているんだろうか。。。??
もしおられたら、コメントください(笑)
 
 
さときゅう
 

風景印(彦根局)

イメージ 1

彦根局の風景印です。
(ちとピンボケなんですが。。。)
 

土曜日だったので風景印は本局のみで、
長浜郵便局の風景印取り忘れちまいやした。(笑)
 
 
イメージ 2


背景はやはり、彦根城です。
(後日記事にいたします)


彦根城は日本に12しかない現存天守閣の一つで、
その中でも3つしかない国宝天守閣のひとつです。
 


天守閣は高台にあり、下から眺めた感じになってます。


彦根らしい風景印って感じです。
 
イメージ 3
 
彦根の街並みです。
土曜日に旅したんですが、駅前は長浜よりも静かで、
彦根城周辺の混み具合とは一転してました。
天気が微妙になってきたからだろうか~。。。。
 
 
ではでは~。
 

長浜イタリアン紀行⑬(彦根の街と、井伊大老)

 
イメージ 1
 
さっきニュースで知ったのですが、
青森県弘前市で竜巻が発生したとの事。心配です。
北陸もなのですが、ここ数日不安定な気象になっており、警戒が必要との事です。
 
 
久しぶりになりましたが、
長浜イタリアン紀行(13回目)です。
ちんたらちんたら更新しておりましたが、いよいよ終盤です。
懲りずにお付き合い頂けましたら、嬉しく存じます。
 
 
今年 5月5日の電車日帰り旅日記です。
タイトルが長浜なんですが、長浜の街を周遊し終わって、
昼の3時を回ったにもかかわらず、帰る気ゼロなため、さらに彦根へと攻めることにしました。
 
 
↑写真は彦根駅の2階から見た、彦根駅前です。
さすが滋賀県なだけあって、長浜も、彦根も、駅前に構えるは。。。。平和堂です。
 
イメージ 2
↑駅前にドーンと構えるのは、江戸時代に入ってから大政奉還までの200余年の間、
彦根藩35万石を治めた井伊氏の初代藩主、井伊直政像。
井伊氏はもともとは今川氏の家臣だったらしく、後に徳川氏に仕え、
力量を発揮して、徳川3傑と言われた人物との事。
 
 
それからは、譜代大名として君臨。
井伊氏は歴代何名もの老中や大老を輩出したといいます。
 
イメージ 4
↑こちらは、名前だけならご存知の方も多いと思うんですが。。。。
幕末の大老、井伊直弼像です。。(彦根城公園内にて)
 
 
幕末の映画やドラマでは、
必ずと言っていいほど悪役に回る井伊大老です。
 
 
何故悪役になるのかというと。。。
日米修好通商条約にて不平等の開港、開国を行った事、
また安政の大獄で、当時求心力のあった吉田松陰や橋本佐内を処刑した事。
水戸藩を骨抜きにしてしまった等。。。。が背景にあります。
 
 
すこし話が脱線してしまうのですが、
全国には、街によって、県によって、戦国時代や幕末の思惑は違うため、
普通だと、鬼だとか、逆臣だとか、裏切り者と呼ばれる人物が、
地元では英雄視されていることが多々あったりします。
 
 
たとえばなんですが、福知山では、明智光秀は大恩人と呼ばれていて、
街では、明智光秀を祭る神社、大河ドラマにしてほしいと著名活動までしています。
(行ったんで、福知山もいつかかならず。。。。。記事にいたします。。)
 
 
てなわけでして。。。。彦根では井伊直弼氏は銅像が立っていて、
その下の説明書きには、日本の行く末を憂いていたが分かってもらえなかった。。。
と書かれてます。。。
 
 
でも。。。。個人的なんすが、井伊の赤鬼。。。ワンマン宰相の印象はやっぱり強く。
やっぱりアクが強いかな~井伊大老。
 
 
どんな人かといいますれば。。。(分かりやすくしますんで読んでくださいね~)
そもそも、大老という職は、何もしなくていい名誉職でした。
(実際の、幕府の政治を取仕切る最高職は、老中でした)
 
よく、会社に、とても偉い高給取りな人なんだけど、
何にもしてない人とかいたとしたら。。。イメージはそんな感じです。
 
 
ところが井伊直弼は働いたわけです。
縦横無尽に働いた。
 
 
たとえば、徳川家の将軍は幕末になると明らかに凡君リレーとなっており、
14代家茂は、一国を任せるには微妙であると見られ、
島津斉彬、松平春嶽、山内容堂、徳川斉昭らは一橋派と言われ一橋慶喜を推し、
またそれに対して井伊直弼ら幕臣は紀伊派に属し、徳川家茂を推します。
 
 
この時、井伊は一橋派を一蹴。家茂を14代に立てることを強行します。
 
 
ただ、ここでの直弼の言い分は分かりやすく、
(1)これは徳川家の問題であり、外部の干渉はタブー
(2)将軍を血筋ではなく能力で選ぶことは世襲の破綻である。
(3)幕政の混乱を招いた徳川斉昭の子、慶喜を迎えるのはもってのほか。。。
 
と。。。。たしかに。。。正論なのである。
とくに(2)に関しては、歴史上この事が原因で崩壊した武将は数えきれない。
(土佐の長宗我部氏なんかがいい例)
 
こんな感じで、明快な判断力と決断力はあったんだと思うんすが、
どうやら井伊大老は根回しや説明は苦手だったらしく、
日米修好通商条約は朝廷の勅許なしで独断調印。
 
それに異議を唱える者をバッサバッサと弾圧した。
 
 
これら説明不足の上、本来文治政治をするべきはずが、
武断に転じたことで多くの恨みを買い、
直弼自身も水戸藩からの報復を受け、桜田門外で暗殺され生涯を閉じます。
 
 
ただ。。。あの時開国していなかったら。。。
諸外国との間に溝が深まり侵略されかねない事態になった可能性もあるのでは。。。
 
さらには。。。皮肉にも、この時開港してなかったら。。。
新潟ってどうなってたんだろ。。。複雑だな~。
 
 
これだから。。。。歴史って深いです。
 
 
いつもながら、ちょっと語りすぎてしまいました。。。。
 
イメージ 3
 
ここで、口直しにヒコニャンです(笑)
ユルキャラは彦根発祥なのかもしれません。
 
 
 
ではでは~。。。
 
 
さときゅう
 
 
 

某飲食店のトイレにて。。。。

 
イメージ 1
 
 
あきらかにこれは。。。。。
 
いるってことっすか?おばちゃん。。。。。
 
ご心中、お察しいたしますー(涙)
 
 

第306回!!貧しき食卓(その115)

イメージ 1

地井武男さん亡くなってしまって、
ニュース見ていて悲しい週のスタートとなってしまいました。


人生80年の時代。あまりにも早すぎるとしか。。


気分を取り戻しまして、
毎度お馴染み流浪のブログ、貧乏学入門と参ります。


またしても貧乏厨房です


ちょいと、趣向を変えまして、
よもぎ冷やしつけ麺です。


スーパーにて期限切れ直前の,
8番ラーメンのヤツを救出してまいりました。


これ、8番ラーメンの夏の定番メニューなのに、
こんなに安く食えるとは。


ふた玉茹でたんで、ざっと80円です。


しかしまぁ。こんなことで一喜一憂するよな感覚。
いったいいつまで続くやら。。。


得したようで嬉しいやら悲しいやら。
この先どこまで行くのやら~ってな感じです。

ではでは~

さときゅう

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ