Entries

第273回!!貧しき食卓(その98)

イメージ 1

貧乏厨房です。

今回は、
被災地食材で食べようと張り切って盛岡冷麺です。
韓国冷麺は細麺ですが、盛岡は太めです。
 
歯が痛いっていうのもあってか、
麺だけの、ご飯と相成りました。。。。。(汗)
 
 
一食当たりだいたい、170円です。
キムチをのっけました。
 


むかしはあまり冷麺は北陸のスーパーに出回ってはいなかったんですが、
震災による支援の輪は広がり、
東北食材ブースがよく見受けられるようになってます。
 


他には、宮城の白石温麺がよくでまわっていて、
うちでも素麺食べるときは、白石温麺たべております。

北陸で売られている、味噌汁の友っていう素麺があるんですが、
似た用途でもいけそうです。(写真無くてスミマセン。。。)


焼き肉食った後の〆だったらなおさらよかったりして。。。と思いつつ。。。
スポンサーサイト



第272回!!これはおすすめ!!脱力系旅番組!

イメージ 1
 
今日は一転、晴れ間となりました金沢から、
懲りずに、せっせと貧乏ブログをお送りいたしております。
 
今日は、趣向を変えまして、最近面白いと思っている旅番組のご紹介です。
テレビ東京系なため、北陸では運が良くないと見れない希有な番組なんですが、
ローカル路線バス乗り継ぎ!!人情ふれあい旅です!!
(第九弾まで放送されているのだとか)
 
ここまで話しますと、
なんだや。。。ただの旅番組やんけ~。。。。となるかもしれません。。
 
ところがどっこい、この番組は一味も二味も違います!!
おそらく。。。。
テレビ東京だから作れたのではないかっていう。。。。。
低予算?ガチンコ旅です(笑)
 
 
 
イメージ 2
 
レギュラーメンバーは太川陽介と蛭子能収、それと毎回変わる女性(マドンナ)の3名。
 
地味なメンバーだな~なんて思っていたら、
ところがどっこいこれが予想外の面白さ。。
 
この旅にはルールがあって、路線バスを乗り継いで4日間で指定された目的地に行かねばなりません。
そのため、高速バス、シャトルバスはもちろんの事、バス以外の交通手段は全部NG!!
唯一許されている、バス以外の交通手段は。。。。。徒歩です。
 
県境はとくに、バス会社のテリトリーの関係で路線がない事が多く、
そんな場合峠越えを徒歩で行う事も多々。。。
 
また、ネットによるリサーチも不可で、
路線の確認、宿屋のアポから食事調達に至るまで、全て3人でやらねばなりません。
 
イメージ 3
 
この番組の見所は、蛭子さんの強烈なまでのマイペースぶりと、太川さんの絶妙な采配。
この2人、凸凹コンビに見えそうで、絶妙に息が合っているというのがまた。。。
マドンナ役が毎回変わるのに、見事に溶け込んでいるところもまた、かなりいい味出してます。
 
イメージ 4
 
蛭子さんのマイペースぶりがすごくて、
トークがこれまた爆笑ものです。
時折、笑顔で毒を吐いたりしながらも相手をまったく不快にさせないのは、蛭子さんならでは。
かといって、状況が暗転すると抜群の交渉力を発揮してバス路線を発掘しています。
 
 
また、キートン山田さんのナレーションがこれまた絶妙です。
 
イメージ 5
↑たまに漫画とかも書いたりします。やらないぞと言いつつも、
台風の中徒歩でバス停を目指す際、
1000円だけ打って来ると言ってパチンコ屋に寄り道して、バス一本逃しております(笑)
 
 
青森~新潟編のユーチューブ動画発見したのでアップします。
(面白いんで是非!!)
 
 
青森駅から4日間で新潟市万代橋を目指すものの、
新潟県中条町で無念のタイムアップでした。
 
 
これは面白いです。続編に期待大(笑)
 
 
脱力系の旅番組(勝手にそう思ってるだけなんすが)は、
最近、ちい散歩とか、ぶらタモリとかいろいろあるんですが。。。。
これは面白いです。
 
やっているチャレンジはシビアなものの、
究極の脱力系旅番組かもしれないです!!
 
 
 
ではでは~。
 
 
 
*ユーチューブ投稿元のyabumicafe1984様に心から感謝いたします。
 

第271回!!貧しき食卓(その97)

イメージ 1

久々になりました。貧乏厨房です。

とんこつラーメン(熊本)に、
混ぜご飯、
赤味噌味の豚汁で。。。。
ざっと140円です。


実は、最近棒ラーメンにハマっていて、
よく食べているのが味のマルタイが出している熊本ラーメンです。

熊本ラーメンはベースがとんこつラーメンなんですが、
そこにマー油という独特な焦がし油が入っているため、
個性的な味です。


棒ラーメンだと、イ
ンスタントラーメンと違ってコシがあってこれまた旨いです!!



なんだか宣伝みたいな写真になっちまっておりますが、
オススメの逸品です。


それではこれにて。
皆様、大雨にはくれぐれもご注意ください。


ではでは~。

風景印(鳥取市内2局&鳥取駅印)

イメージ 1
 
連日、相当な大雨となっておりますが、皆様お元気でございましょうか。。
(北陸はゲリラ豪雨に見舞われております。。。汗)
 
 
本日で鳥取市編は最終回となります。
風景印のコーナーです。
 
 
紹介いたします風景印は、
5年前に鳥取に行った時(鳥取には3回行きました。。。)の風景印で、
鳥取中央郵便局(本局、平成17年10月1日押印)と、
もう1つは去年の車中泊の旅で入手しました、
鳥取東町郵便局の風景印(22年10月25日押印)です。
 
 
特徴としては、鳥取市の風物詩であるしゃんしゃん祭りの傘がデザインされている事です。
 
イメージ 2
↑お馴染みとなってまいりました、マンホールの蓋です。
ここもまた、しゃんしゃん祭りの傘です。
 
イメージ 3
↑電車に乗らなかったにも関わらず、毎度の事ながら駅にて入手の、駅印です。
JR鳥取駅のスタンプですが、見事な鳥取砂丘です。
”風紋”とありますが、これは、風向きによって砂漠のように砂丘全体が風紋によって彩られる事です。
残念ながら、
前回の砂丘の写真では風紋がうまくできていない日だったので、こんなにはなっていません(笑)
 
イメージ 4
 
 
 
次回からは、鳥取の小京都、倉吉を散策した時の記事を更新してまいります。
 
 
 
最後になりましたが、ユーチューブにて、鳥取砂丘のラクダ達と、
砂の美術館の動画を発見しましたので、
お時間許しましたら是非、ご覧下さい~!!。。。。
 
 
本日は、貧乏学入門へお越し下さいまして、誠にありがとうございました~。
ではでは~。
 
 
さときゅう
 
 
 
 
*ユーチューブ投稿元のkamiken03 様に心から感謝いたします。
 
 
↓ユーチューブ投稿元のrirakuma555様に心から感謝いたします。

(番外編)鳥取砂丘にて

 
イメージ 1
 
貧乏旅日記(番外編)です。
実は去年の車中泊の旅では雨のため行けなかったのですが、
3年前に仲間と行った際の鳥取砂丘の写真があったんで記事にいたします。
 
日本にもあったんだな~砂漠ってといったイメージで行ったんですが、
ミニ砂漠といった感じの広さでしょうか。
鳥取の居酒屋の主人の話によると、鳥取砂丘では山芋が栽培され、
この砂丘山芋が粘り強く味もいいことから人気が高いとの事で食べてきたんですが。。。美味かったです。
 
イメージ 2
↑砂丘内を散策できる馬車もあります。
 
イメージ 3
↑影だけですが。。。。。写真デビューいたしました(笑)
 
イメージ 4
↑鳥取砂丘で買った、ローカル珈琲牛乳です。
 
イメージ 5
↑鳥取砂丘内にある。。。。。オアシスです。
川の水が自噴している箇所があり、その一帯のみ草が生い茂っていて見応えがありました。
 
イメージ 6
↑立体感が無いように見えるのですが、写したところは砂丘の一番の高台で、
一番麓の、海を写しています。
 
イメージ 7
↑♪ラクダがいれ~ば~。。。。。ああラクダがいれーば~。
つらくはない~わ~。。。。この鳥取砂漠~。。。。!!
 
イメージ 8
↑鳥取砂丘の土産物コーナーにてお出迎えのラクダ(巨大縫い包み)です。
生きてるみたいでした(笑)
 
*ユーチューブ投稿元のeleTRIO 様に心から感謝いたします。

蝿の話

盆も過ぎ、夏も終わりに向かっておりますが。。
残暑お見舞い申し上げます。
 
 
毎度懲りない貧乏ブログの更新と参ります。
 
 
甲子園も終わったんですが、
第二の故郷八戸の光星学院も準優勝と決まり。
いよいよ夏も終わりだな~なんて考えつつ、
イモトアヤコと盲目の少女のキリマンジャロ登山を見ながらのんびりとして、
晩には散髪に出かけたんですが、
理髪店のあるショッピングモールでは黄色いシャツ着たおねえちゃん方が集結。
夏好例か。。。。通行税(笑)を納めてまいりました。
 
 
キリマンジャロって今の今までコーヒー豆なんだと思ってたんすが、
アフリカ最高峰のなんだそうです。
 
 
 
なにやら、
しょうもない日記みたいになってしまいましたが。。。
 
 
最近よく考えていたのが、
蝿の事なんです。
 
 
被災地では、
強烈なまでに蝿が発生しているとの事で、
昨日もめざましテレビを見ていたら、
被災地でのボランティア活動の重要作業として、
蝿の駆除をしていました。。。。。
 
 
蝿というと、
社会人になってからというものの、
あまり身近ではなくなってはきたものの、
(生ゴミの小バエには困った事多々なんすが。。。。)
実は学生時代に蝿とはかなり密接な生活をしていたために。。。
どうにかできないものかといろいろと考えて見ました。
 
 
10年以上前の、
日本昔話みたいな話になっちゃうんですが、
学生時代、弓道をしていた時の道場がボットン便所で、
下宿もボットン
下宿にいたっては、四方を養鶏場と養豚場に囲まれていたため、
独特な香水(?)の香りが随時してました。
 
 
でも、その場合は、発生源が特定できてるわけです。
(特定できていても、発生源は根絶できないです)
 
 
ところが今回の震災による蝿の大量発生は、
海産物関連の腐敗と、それが津波によって内陸深く入りこんだ事が原因で、
どこに魚と、魚の腐敗した汚泥が入り込んだかが特定できない事と、
またそれを人力のみで根絶する事が不可能に近い事が辛い事となっているそうです。
 
 
何もできない歯がゆさが残るのですが。。。
何か策は無いものかと。。。。
憶測と、思いつきと、テレビで見た知恵と、探したネタ等をまとめ、
記事にしようと思った次第です。
 
 
被災地の皆様、
もしこの記事を読まれておりましたら、
いいところだけ、是非。。。。パクって下さい(笑)
 
 
では。。。参ります。。
 
 
 
 
①めざましテレビでやっていた知恵
 
昨日テレビで見たのですが、大きいペットボトル(2リットル用)に、
酢を400CC,砂糖を200グラム、酒200CCを入れ、
口をあけて放置すれば、蝿を誘引できて、誘引された蝿は中で捕獲可能。
 
というのをやっていたんですが、
結果も上々で、多くの蝿を誘引できていました。
蝿だけを取り除けば、中の液体は繰り返し使えるため経済的で、
上記の用量を守らなくても、みりんやジュースでも代用できると思います。
 
 
②蝿取り紙
 
一番シンプルなのが蝿取り紙でしょうか。
八戸に居た時は当たり前のように玄関に仕掛けてありました。
松脂や強い臭いを出す粘着質の液体が染みこませてある紙を天井から垂らし、
蝿を誘引します。蝿はくっついて捕獲できます。
ゴキブリホイホイとおんなじ原理ってわけです。。
 
 
③なんちゃって蝿取り紙
 
 
経済的に蝿が取れる仕組みは構築できないものか!!
 
てなわけで。。。①と②は人さまからの知恵でしたが、③これは自力で考えました(笑)
①と②を考えてみると、蝿は臭いを出すものに止まってそれを舐める性質があり、
その時に足場をさえぎる事ができれば捕獲できるとみたので、
一番経済的なハエタタキ以外の技として。。。。。布テープの仕掛けなんて如何でしょうか!!
 
 
予想できる事としては、
この状況では蝿取り紙とかは、現地で品切れているか、
欠品しているような気がしたため、
いっそのこと、作れないものかと思った次第です。
 
ただ、仕掛けとは申せ、
従来の紙製のガムテープでは粘着力に不備があるため、
布製のガムテープを用意します。
蝿が止まった際、
その脚力に勝つことができるテープであるなら何でもいいと思います。
これを両面テープ見たく、粘着面を露出させた形で必要箇所に仕掛けます。
ただ、この時点では蝿を誘引などできないです。
 
なのでそこ(ガムテープ粘着面)に、数箇所、霧吹きで①と同じ液体をかける。
あるいは。。①の液体を染みこませてから乾燥させた脱脂綿を貼り付けする。
 
そうすれば、蝿はその臭いにつられ誘引され、
その液体もしくは脱脂綿を舐めに来ます。
当然その時が。。。。。。。。年貢の納め時でございます。。。。
 
ただ、唯一心配なのが。。。
思いつきなので、実験も成功例も。。。。。ナシ!!です。
でも、理屈的にはゆけるはずです。
 
 
④蝿叩き&殺虫剤
 
 
万策尽きた際は、もうこれしか。。。。。。
 
 
 
 
ご参考にして頂けましたらこれ幸いと存じます。
皆様からの、蝿対抗策や、知恵等ありましたらどしどしコメントお待ち申し上げます。
 
被災地の皆様も、
ようやく気温も下がって来ました。
夏バテなさらないよう、健康、熱中症対策等にご用心ください。。。。
 
 
ではでは。。。。。
 
 
 
 
さときゅう
 
 
 
 
 

鳥取県立かにっこ館

 
 
 
イメージ 1
 
本日は、当、貧乏(ブログ)電車にご乗車いただきまして誠にありがとうございます~。
当電車は鳥取を出発いたしまして~、
鳥取~倉吉~三朝~大栄~米子~皆生~を経由いたしまして~終点境港へと参ります。
 
間もなく~鳥取かにっこ館に到着いたします。
 
 
どうでもいいアナウンスはこれまでといたしまして。。。
鳥取県立だという、かにっこ館(なんと!!入館無料!!)へと参りました。
 
イメージ 2
↑かにっこ館の内部は、これまた蟹!!カニ!!かにのオンパレード。
明らかに、学芸員さんも楽しみながら運営されていると思われるユニークなパネルや展示物が、
見るものを和ませてくれます。また、カニの面白さを伝えたいという意気込みが強烈に伝わる施設でした。
 
なかでも、この蟹の脱皮シーンなんですが、映像に写したものはなかなか無く貴重なんだとか。。。
 
脱皮したてと見て、蟹さんも真っ赤っかです。
 
イメージ 3
↑更には、脱皮ガラ。。。トリガラみたいなスープはでなそうです。。。。。(笑)
恥ずかしながら、蟹が脱皮する生き物だったとはこの時まで、知らなかったです。。。
 
イメージ 4
↑ショーケースに入れられていた、竹細工の世界の蟹たちです。いい味出しています。。。
 
 
まだまだ、いろいろな蟹がいて、
世界一大きい蟹や、イガグリみたいなトゲだらけの蟹や、ゴミを体にくっつける蟹など、
様々な蟹などや、小蟹と戯れる公園ブースなんかもあって、
なにげに童心に返った次第です(笑)
 
 
次回は、番外編数年前に晴れた日に散策した鳥取砂丘をお送りいたします。
本日も、ご乗車ありがとうございました~(笑)。。。
 
 
ではでは。。。
 
 
 
さときゅう
 

鳥取市街ぶらり散策②

 
                           貧乏旅日記です。
        先日に引き続きまして、鳥取市内散策の模様です。散策したのは去年の10月25日。
       そろそろ、山陰にも紅葉の時期が来て、冬の寒さがやってくるんじゃなかろうかって頃です。
 
       http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/62181263.html ←鳥取市内(駅前)散策の模様です。
 
イメージ 1
          ↑鳥取駅側から中心商店街(サンロード)方面を撮りました。
          いよいよ雨も本降りになってきて、傘をさしての撮影です。
      サンロードはアーケードになっていて、ご覧の通り、鳥取砂丘のでっかいパネルが目印です。
 
 
イメージ 2
↑アーケードには若干の通行者もあったものの、雨のせいか平日のせいか、人はまばらでした。
シャッターが閉っている店舗も目立っておりますが、居酒屋と飲食店は数軒開いていました。
 
イメージ 3
↑ってなわけで(ってどんなわけなんだろーか??笑)サンロードにある、
スーパー居酒屋だいぜんさんにて、晩飯は海鮮丼を食べることに決定いたしました。
イメージ 4
↑こんな感じの、美味しい海鮮丼です(680円)。ご飯大盛りはサービスでした。
酒が飲めれば一番よかったんすが、この後砂の美術館へ行くのと、後日は倉吉に向かう計画上、
車の移動は避けられず、居酒屋に来て酒が飲めないという、ヘビの生殺し状態でした。。。(涙)
 
 
盆は少々、更新はお休みさせていただきまして、
次回の貧乏車中泊ぶらり旅は、鳥取かにっこ館をレポートいたします。
 
 
本日もお付き合いいただきましてありがとうございます。
皆様ゆっくりと盆休み、骨休みしておくんなさいませ~。
ではでは。。。。
 
 
 
さときゅう

鳥取市街ぶらり散策①

貧乏旅日記です。
西日本車中泊の旅ですが、いよいよ山陰シリーズとなりました。
あと2年くらい引っ張りそうな貧乏旅記事です。まだまだ序盤戦です。
お付き合いいただけましたら、これ幸いです。。(笑)
(金欠で今年は旅は何もできないので、悲しいかな更新しながら余韻に浸ろうと思っています。。。。。汗)
 
 
てなわけで、鳥取市を散策した際の様子です。
実はこの日は雨で、途中から土砂降りとなり雨宿りしたりしながらの散策となりました。
 
 
街に入ったのは夕方の5時頃で、
砂の美術館の営業時間が夜8時までだったので、2時間くらい街を散策して晩飯を食べた次第です。
 
 
なんだか。。。。すごく地味な記事になってきましたが。。。(笑)
 
鳥取の街にはこれで3度目ですが、以前(数年前)、仲間と3人で来た時は、
居酒屋のご主人と意気投合して語らった事もあってか、この街の印象は好きです。
 
イメージ 1

鳥取市は人口約20万人。平成の大合併で人口が倍近くになっていますが、
日本の県庁所在地としては、山口市に次いで人口が少ないらしいです。
日本最大の砂丘、鳥取砂丘を擁し、市内には温泉も湧き出ています。三洋電機の企業城下町としても知られ、
交通基盤(高速、新幹線)は完備されていないものの、それがむしろ旅への期待を高めてくれます。
 
 
人口っていっても、人が多く住んでりゃいいってもんでもないので、
あまり気にはならないんですが、
来たからにはこの街にしかないものがとことん知りたいもんです。
 
 
ただ、山口市も旅しているのですが、
山口は商業ビルがほとんどなく、鳥取よりも見た目かなり寂しい市街地なものの、商店街に活気がありました。
ところが、鳥取は飲み屋街は活気があるものの、中心商店街が。。。。。
 
 
後で分かったのですが。。。イ○ン鳥取という超巨大商業施設が郊外にあって。。。。
悲しいかな、街の活気が全部そこに。。。。。。(汗)
 
 
むかし、筋肉少女帯の曲に、日本インド化計画なんて歌があったもんですが。
このままでは日本イオ○化計画では。。。。。。。。。。
 
 
○オンが悪いんじゃない事はわかってるんです。
魅力があるからみんなそこに行くんだろうから。。。。(俺もたまに行くし。。)
でも、寂しい。日本の地方都市の個性がどこへ行っても同じなんて、ちょっと悲しい。
 
 
なので、ここはお約束!!
鳥取の中心商店街サンロードで食事をする事に決定!!
(その模様は次回の記事にてお送りいたします。。。)
 
イメージ 2
↑鳥取駅前にある大丸百貨店です。雨のためか客足はまばらでしたが、
鳥取市街を携帯カメラにおさめるべく、百貨店の屋上へ向かいます。
イメージ 3
↑大丸百貨店屋上広場から写した、鳥取駅です。新幹線が通じていない駅としてはかなり、立派。
イメージ 4
↑鳥取駅構内です。中央の傘は鳥取の風物詩と言われるしゃんしゃん祭りで使われる傘で、
この傘をさしながら、4000人の踊り手が踊るという豪快なお祭りらしく、
鳥取市内の風景印には、全て、この傘がデザインされています。
(風景印の記事はまた後日更新いたします)
 
本日は暑い中、貧乏ブログにきていただきまして、
誠にありがとうございました~。。。。
 
 
ではでは。。。
 
 
さときゅう
 
 

鳥取砂の美術館②

 
貧乏旅日記です。
鳥取市にある、砂の美術館の第2弾です。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/62169214.html ←前回の記事はこちらです。
 
イメージ 1
↑アフリカの先住民族の方々です。
今にも動き出してきそうなくらい。。。。リアルでした。。。
まだまだたくさんの作品があるんですが、容量の関係で貼り付けできませんので、
話題を変えまして、アフリカアートと参ります。
 
イメージ 2
↑砂の美術館の本館で行われていた、アフリカはタンザニアにて1960年代から興ったとされる、
ティンガティンガという絵画の展覧会です。
説明書きは拡大すると読む事ができます。
原色にこだわり、混ぜ物をしない単色アートで、特殊なペンキで描かれる内容は、
アフリカの生活習慣や、動物を描いたものがほとんどでした。
 
実は、6年前に愛、地球博(愛知万博)に行った時にアフリカ共同館で実演を見たんですが、
見た目のインパクトが強く、目立つ色を多く使った絵が多かったです。
 
イメージ 3
↑砂の美術館の館内では即売会も行われていました。
(が。。。閉館間近に行ったため、スタッフさんが一人もいなかったです。。。。。汗)
 
イメージ 4
↑こんな感じで、キリンやシマウマ、ゾウが描かれた絵も多かったです。。。
 
鳥取編。。。。更に続きます。(次回は鳥取市街を散策した際のレポートです。。。)
本日も、当ビンボーブログへお越しいただきまして誠にありがとうございました。。。
 
 
ではでは。。。
 
 
 
さときゅう

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ