Entries

旅すがら出現した、つるやとガンダム

 
くいっぱぐれ(当時)貧乏旅日記です。
 
いよいよ岡山県から北上して、国道53号を進み鳥取県へと向かいます。
この日は昨年の10月25日の月曜だったんですが、天気が物凄く悪かったです。
 
行き当たりばったりが旅のモットーだったため、
予定外のつるやとガンダムに遭遇しました。
 
うーマンダム!!(笑)
 
イメージ 5
↑複雑な天候なんですが、山奥の人里離れた集落がこれまた独特の風情です。
 
イメージ 3
↑岡山県津山市を拠点とする、定食屋兼、弁当屋さんのつるやさんです。
朝に来たんですが、朝食にコンビニでパンでも買おうかと迷っていたところ、
朝食380円(ご飯お替り自由)のノボリに釣られ、朝ごはんはここに決定(笑)
 
イメージ 4
↑シンプルなハムエッグ朝食(380円)を食べつつ、地元の新聞読みながら、
のんびりなおかつガッツリと、朝飯を食らいました。
 
 
遠方を旅していると、その地方にしかない、その土地にしかない、
だけど観光客向けじゃなくて地元の人向けの店っていうものに。。。。とことん惹かれる次第です。
 
 
イメージ 1
↑松田優作もびっくり。。。。。巨大マンダム。
じゃなかった、ガンダムです。
道の駅久米の里という所で見ました。
 
恥ずかしながら、同世代には笑われそうなんですが、
食わず嫌いなのか正直、ガンダムとかエバンゲリヨンとか。。。。よく分からんもんで、
見て、あーこりゃ凄いなー程度でその場を退散した次第です(笑)
 
たぶん、ガンダム好きにはたまらない道の駅なんだと思います。
 
 
イメージ 2
↑雨の中バイクで来ていた方々です。気合いが入っているようでした。
しかし、これはでかい!!神戸の鉄人28号とどっちがでかいんだろうか。。。。???
 
 
 
本日も、西日本ぶらり旅にお付き合い誠にありがとうございます。
ではでは~。。。。。
 
 
 
さときゅう
  
スポンサーサイト



夜の倉敷

貧乏旅日記です。
倉敷最終編(夜の倉敷)です。
 
倉敷は古い白壁の建造物も多く、
携帯の画素の関係であんまりうまく撮れなかったものの、こんな感じの風情です。
 
 
イメージ 1
↑大原美術館の夜景です。夜間は美観地区の主要建造物はライトアップされてました。
 
イメージ 2
↑ピンボケですが、倉敷美観地区の夜景です。
夜の8時台だったものの、日曜日だったため人がほとんどいなかったです。
 
 
イメージ 3
↑倉敷での夕飯は、北陸には無いチェーン店ですが”宮本むなし”という定食屋さんです。
(関西圏にたくさんあるらしいです)
ここの魅力はなんといっても、ご飯お替り自由!!
好物の鯖の一夜干し定食に癒されました。
イメージ 4
↑鶴形山公園のお堂から見た、倉敷美観地区の風景です。
 
 
本日は当ブログへお越しいただきまして誠にありがとうございました。
次回からは、鳥取シリーズと参ります。
 
ではでは。。。。
 
 
さときゅう

第268回!!貧しき食卓(その95)

イメージ 1

貧乏厨房です。


実は、今回はステーキ丼です。にもかかわらず、ざっと220円でした(笑)
 
 
土用の丑の日に、
牛を食べた次第です。(笑)


近所のスーパーで安いオージービーフを入手。
ここぞとばかりにステーキソースも購入。いただきやした。。。
しかも、調子こいて五穀米にしました。
 
思えば、
歴史上粟や稗などの穀物は、
武士に搾取され食い扶持を失いつつあった当時のお百姓さんが、
飢えを凌いで食べたもの。
今となっては白米より重宝されております。
 
 
ありがてぇ世の中です。


たま~に肉喰うと。。いつもに数倍増して。。。旨いっす。
 



話がかわるんですが、汚染された稲ワラの問題。
完全に国の後手としか。。。。
 

牛肉は価格ラベルに産地まで詳細が記載されてない場合もあるから複雑で、
日々が自転車操業になっている出荷した畜産農家や卸業者も、
明らかに悪意はないわけだからつらいと思う。
 



テレビでも最近は原子力発電所の事故の修復状況や、
その最中にどれだけ漏れているのかとか伝えなくなってしまい不安は残るし、
さらには日本語の曖昧さを逆手にとったとしか思えない言葉ばかりが飛びかうし。。。


すぐには影響は出ないので安心してくださいって。。。(汗)


脱線しましたが、被災地の農家の安心感にもつながるから、
検査体制と出荷できなくなった農家への補助とを、
重くしてほしいと願うばかりです。
 
 

なでしこ旋風

イメージ 1

ようやくこのしょぼいアパートにも、
アクオスがやって参りました。



大画面テレビっていいもんです。
 
 
安いやつ買ったのに、画像が凄くきれい。
もともとが10年戦士の14型のブラウン管だったため、
そのギャップもあるんでしょうが、
狭い8畳一間なだけに、大きさがさらに実感できるというか。。。



インドア暮らしもこれで悪くないかな~なんておもえたりしてます。


なにより嬉しかったのが、
なでしこ決勝をこのテレビで見れたことなんすが。。。


しかし、終始アメリカに押され押されての、
延長後半12分には興奮モノで、
さらにはPK戦のドキドキ感。
久々にスポーツ見て感動って感じです。


身長差も平均で10センチ以上。
明らかに不利な状況の中で。。。
負け知らずのアメリカに勝ってというのがまた。。。


いや~、勇気をば頂きました。
 
働きながらの再就職活動しててちとへこみ気味だったけど。。。


負けてたまるか!!
今にみておれー!!
ってな感じになってます。

桃太郎伝説(倉敷編)

貧乏旅日記です。
本日は、桃太郎伝説(倉敷編)です。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/61633147.html ←前回の(岡山編)はこちらです。
 
先日、記事にしました富来屋さんに行ったら、開店30分前との事だったので、
せっかくだし、桃太郎のことも少し知ってみるか。。。とただなんとなく入ったのがココでした。
ところがどっこい、おもしろい博物館でした。
 
イメージ 1
↑外観です。中は子供が楽しめるよう、
桃太郎にちなんだだまし絵やからくり人形などが多数展示してある1階と、
実際に桃太郎の伝説がある岡山の古文書や、
戦時中国策として子供向けに作られた、桃太郎の白黒アニメが放映されるなど、見応えがあります。
 
イメージ 2
↑なんか、やたらとリアルな桃太郎ご一行です。
見方によれば、桃太郎の扇子で犬の頭がひっぱたかれたようにも見えます。
飴と鞭でしょうか?世知辛い世の中です(笑)
 
イメージ 3
↑桃太郎一筋の小久保さんです。名前からして桃ときております。
おそらく心の底から、桃太郎です(笑)
 
 
 
イメージ 4
↑左の方がガイドさんで、右の方が名物館長さんです。
館長さんには天才的な特技があり、野菜に穴を開けて笛を作り、即興で歌を奏でます。
ちくわ、蓮根などでリサイタルをしておりました。。。
(ユーチューブを是非ご覧ください)
凄いと思ったのは、そのサービス精神。
笑顔でブログ掲載と写真に応じてくれました。
ガイドさん曰く、桃太郎さんみたいな館長さんでしょ。。。。。との事(笑)
イメージ 5
↑雨の倉敷美観地区ですが、昼近くなって客足も混んできました。。。。
 
 
次回は、夜の倉敷と参ります。
本日もお付き合い、誠にありがとうございました。。。ではでは。。
 
 
さときゅう
 
 
*ユーチューブ投稿元のakiGOGOさんに心から感謝いたします。

第267回!!貧しき食卓(その94)

イメージ 1

なんだか、前回と似た組み合わせになっちゃってますが、
貧乏厨房です。


メカブ入りそうめんと混ぜご飯です。
ざっと、80円ってとこです。
 


百円ショップにお湯で戻すメカブがあったんで、ワカメとまぜて使い、
天カスはスーパーに行くとタダ同然の価格で売られているんで、
中の具材は意外にもネギがいちばん高いです。
 
メカブもそうなんですが、
山芋やオクラなんかも、冷やし麺との相性が抜群です。


混ぜご飯は混ぜ込みワカメなんで、
これも安いです。


食欲ないときでもつるっと食える飯です。

富来屋本舗(ままかりとカレーうどん)

貧乏旅日記のコーナーです。
あと数回続きます、倉敷編をお送りしております。
 
 
いや~、連日痛い暑さが続いておりますが皆様お元気でしょうか?
(北関東の皆様、くれぐれも余震にご注意ください)
 
しかしなでしこジャパン。カッコイイです。
沢さん、どことなく化粧したらギャル曽根に似ているよ~な。。
冗談はともかく明日朝3時まで起きてられるだろうか。。。。ちと心配なんすが、
この目で優勝!!見なくては。。。(笑)
 
 
てなわけでして、本日は、倉敷で食べたカレーうどんです。
 
 
イメージ 1
↑富来屋本舗の親切な看板娘様です。ここのお店は土産物店も兼務していて、
うどん屋さんはまだ開店していないのに、行くなり丁寧に案内してくれて、
開店までの時間つぶしに、向かいの桃太郎博物館を見てから戻ってきたら、
お待ちしていました~。の一言が嬉しかったです。
 
 
イメージ 2
↑カレーうどんは超激辛で、大人の味。麺は手打ちでコシがあって最高でした。
ただ。。。この辛さは、本格派です。(ジャワカレー辛口より辛かった。。。。。笑)
イメージ 3
↑岡山名物ままかりです。〆鯖をさっぱりとさせたような、癖のない食感でした。
北陸のスーパーでは、地味ながらたまに売られる程度なんですが、岡山では郷土料理との事。
ままかりという名は岡山だけらしく、西日本各県ではサッパと呼ばれる小さい魚です。
ままかりの語源がこれまた面白く、ご飯が何杯でも食べられるほど美味しい魚という事らしいです。
イメージ 4
↑(オマケ)倉敷美観地区で見た、個性的な樹木です。
(何の木なんだろうか~。。。。。)
 
 
ではでは、なでしこジャパンの優勝を祈りつつ、皆様がんばって夜更かしと参りましょう(笑)
次回は、桃太郎伝説(倉敷編)をお送りいたします。
 
 
 
さときゅう
 

第266回!!万代橋(昭和30年代前半撮影)

イメージ 1
 
1週間近く空けてしまいました、貧乏パラダイス(?)のお時間です。
 
 
 
レトロ写真館(新潟編)です。
 
 
上の写真は、新潟市のシンボルこと、万代橋です。
数年前に国の重要文化財に指定されてからは、旧橋名である萬代橋に名称が戻ってます。
 
写した方角はおそらく、現万代シティ方面から古町方面だとおもいます。
 
実は、この万代橋は3代目で、これまで2度の架け替えをしてるんですが、
この6連アーチの石橋は昭和9年に完成。今も傷みさえ見せず健在です。
 
この橋がシンボルであるのは、やはり市の心臓部の橋というのもあるんですが、
その他には、国道7号の起点である事や、大河信濃川が河口に注ぐまでの最後の橋だった事(当時)、
新潟地震を耐え切ったという事も大きいです。
新潟祭りの3万人超えと言われる大民謡流しも、万代橋を中心に行われています。
 
イメージ 4
 
 
イメージ 2
↑初代万代橋です。木製の橋で明治年間に架橋され大正年間まで使用されてました。
当時、信濃川は河口付近でも川幅が1キロ近くある大河だったため、
万代橋ができるまでは、橋がなく、新潟湊と沼垂を船で行くしかなかったといいます。
また、橋そのものも有料で、料金所が設けられていたとの事。
 
イメージ 3
↑2代目万代橋です。大正年間に架橋され、昭和初期まで使用されましたが、
大火により、焼け落ちてしまい、現在の6連アーチ型石橋の登場と相成ります。
 
 
最後になりますが、影絵家の藤城清治さんが過去に出した万代橋の作品です。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/49659085.html ←藤城さんが描いた幻想的な、万代橋の記事です。
 
 
*新潟市万代橋付近のユーチューブ動画もご覧ください。。。。
 
マニアックな記事ではありましたが、
お付き合い誠にありがと~ございました~。。。。
 
 
 
 
 
さときゅう
 
 
*ユーチューブ投稿元のjunaphotoさんに心から感謝いたします。

第265回!!貧しき食卓(その93)

イメージ 1

またしても、貧乏厨房です。


そうめんなんですが、
別々にするのがこれまた面倒くさいため(笑)、
冷やしかけそうめんになっております。
 
 
今までは乾麺でも、
夏は冷麦か、冷やしうどんが好きだったんですが、
最近はもっぱら素麺が好きになりました。
スープとの辛味が絶妙だもんで。。。。。


よく食べるのが、冷奴を入れるパターンです。
上から食べるラー油かけました。
 
 
スーパーで買ってきたかき揚げ乗せたりするのも乙な味わいで、
天かすのせるのもこれまた美味しいです。



ざっと、70円です。


いや~、暑い日はやっぱり冷やし麺にかぎります。
投票もぜひやっていってください。今月は、明日から、冷やし麺決定戦行います。
皆様のおススメの食べ方なんかも教えていただければ幸いと存じます。
 
 
マネしますんで。
(お後がよろしいようで~。。。)


ではでは~。

第264回!!貧しき食卓(その92)

イメージ 1
 
雨の七夕です。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
 

久々の、貧乏厨房です。

今回は、半々丼(野菜炒めと焼肉)です。
実は、
高速道路の某サービスエリアの食堂のメニューをパクりやした。


野菜炒めと焼き肉で半々にしてあります。
スープはワカメスープです。
 
 
ざっと170円くらいです。


肉は豚の小間切れのやっすい奴で、
もやしとかキャベツは今安く手に入ります。


丼ものにすると、あれこれ上に乗っければいいだけで、
皿洗うのも楽なのがこれまたいいっす。
 
 

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ