Entries

ACのCMから.............。

 
イメージ 1
 
 
『こだまでしょうか』


「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「馬鹿」っていうと
「馬鹿」っていう。

「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。
 
 
(金子みすず)
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



転載願います 避難者名前検索+避難者名簿

 
転載記事になります。
今回の震災に遭われた皆様の安否確認等にご活用ください。
リンク先がまとめてあります。
 
 
避難者 名前検索
(画面少しスクロール後 右側にあります)
 
 
 
岩手県 避難者名簿 
 
 
 
他府県避難者名簿 
画像クリック後詳しく見れますが見づらいです 
瓦礫の中を探すよりましです がんばって探してください
 
 
グーグル「パーソン・ファインダー」

NHK教育テレビの安否情報受付 電話番号
03(5452)8800
050(3369)9660
050(3369)9680

iモード災害用伝言板
 
 
 
これを見た方 転載お願いします
 
少しでも救われるヒトが増えますように
 
遠くから安否確認ができ 安堵される方が増えますように
お祈りいたします
 
私もこの名簿で 何名か確認でき助かりました
 
 
 
 
 
転載等ご協力お願いいたします。

自衛隊の皆様何卒お願い致します

災害に遭われました皆様に、
重ねて心よりお見舞い申し上げます。
 
 
自衛隊の災害復旧をされている皆様に、
心からお願いがあり一筆致しました。
 
 
今回の原子力発電所の事故で、
半径20キロ~30キロ圏内の家屋に住んでおられる方々は、
国から自宅待機を指示されております。
福島県浜通り、相馬市、南相馬市(旧原ノ町市近郊です)
 
 
 
自宅待機されている方々の中からも、
ガソリンに余裕のある避難民の方々は、
車を使って買出しや近県に避難する事も可能です。
 
 
 
ところが、自家用車にガソリンがなかった場合、
近県に避難できず、買い物にも行けず、
家は避難所とは異なり、外出もできない中、
炊き出しも、物資調達も、人とのコミュニケーションさえ遮断されています。
(当然ではありますが、空気遮断を指示されているため店は営業していない)
 
 
また当地区では、ここ数日間、
国から自宅待機が義務付けられている地域なため、
物流が完全に凍結されており、物の配給すらされていないとの事です。
明らかに孤立しております。
この窮状を連日、
福島県知事及び南相馬市長はテレビで訴えられております。
 
 
 
また、そのような状況にありながら、
不安要因となる報道と、
見放されたのではないかという孤独感だけが伝わってきたとすれば、
成す術がありません。
精神的にも極めて辛い状況となる可能性があります。
 
 
 
この事態を救援できるのは、
自衛隊の方々にお願いするしかありません。
ご理解及び、ご支援賜ります事を心よりお願い申し上げます。
 
 
 
また、石油元売各社関係者の皆々様、
被災地の支援誠にご苦労様です。
小名浜港は先日復旧されたと聞きました。
福島県浜通り地区の支援、当方言える立場では全くありませんが、
何卒、何卒宜しくお願いいたします。
 
 
 
 
さときゅう
 

くれぐれも暖房の管理にご注意ください。

この度の、
東北6県及び、北関東の大震災に遭われた皆様へ
心からお見舞い申し上げます。
 
 
学生時代東北にいたため、
親しい知人や親友もおり、心配しております。
 
 
 
停電規模が極めて広い範囲なため、
PCは見れない可能性が極めて高いですが、
もし、震災に遭われた方で、
携帯等でこのブログにたどり着いた方がおられましたら、
是非、この記事を見ていって下さい。
 
 
唐突ではありますが、
暖房の管理について一件だけ話させてください。
 
 
いま、東北6県及び、
北関東2県は慢性的な停電が続いていると思われます。
 
 
なので、暖房機器の中で使うことのできるものはおそらく、
電気を用いない、石油ストーブもしくは、使い捨てカイロしか選択肢が無いと思われます。
 
 
とくに、このような状況下でありますれば、
石油ストーブを重宝する機会が多々出てくると思われます。
 
 
また、火鉢や練炭、応急的な暖房機で煙突の無いものには、
全て同等のことが言えます。
 
 
とくに、
オール電化住宅及び高気密住宅の皆様に、お願いいたします。
オール電化住宅は、高気密、高断熱になっている場合が多々あります。
なので、住宅そのものが木造住居に比べ、呼吸していません。
そのために、換気扇が付いている部屋もあると思います。
(室内空調が電化製品で管理できる反面、電気を失うと通気性がなく、暖が取り辛い)
電気が使えない時点で、換気扇が使えない状況となっていると思われます。
 
 
 
なので、そのような環境の御宅にお住まいの方で、
応急的に石油ストーブで暖房や煮炊きを家でされている皆様は、
たとえどんなに寒くても、高気密のお部屋で石油ストーブを使う際は、
必ず、換気を充分に行ってください。(例え寒くても、換気口は取る等。。。)
 
ニュースでは、被災地において、
これを守られていなかったと思われた方が、
数多く一酸化炭素中毒で病院に運ばれたとニュースで見ました。
(常日頃から使われている、木造住居の皆様なら大丈夫なのでしょうが。。。)
 
 
二次災害ばかりは、なんとしても防がなくてはなりません。
 
 
とても、心配です。
又、参考にして頂けましたら、これ幸いです。
 
 
 
話が長くなってしまいましたが、
ストーブ使う際は換気してください。
何卒お願い致します。
 
尚、原子力発電所事故の関係等、諸事情にて、
換気のできない地区にお住まいの方は、
密封された部屋でのストーブの使用はしないで下さい。
危険です。
 
 
なお、災害の際の諸注意もご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/kagawaryou2000/32584085.html ←トンボさんによる転載記事です。
 
 
 
重ね重ね、
心からお見舞い申し上げます。
 
 
 
 
 さときゅう
 
 
 
 

大原美術館で見た鳥と画家

イメージ 1
 
またしても、金沢は雪模様になってまいりました。
タイヤ交換まだできないです。春はまだまだ先じゃろか~。ってなわけで。。。
貧乏旅日記です。
 
 
いよいよ、倉敷の観光名所!倉敷美観地区にやってまいりました。
雨にも関わらず、朝の9時にも関わらず早くもかなりの数の観光客の皆さんです。
10月末とはいえ、もう肌寒く、雨も降ってきてはいたものの、丸一日散策しました。
 
イメージ 2
↑大原美術館です。ここがどうしても見たくて倉敷に来ました。
倉敷紡績(現、クラボウ)の創業者である大原氏と、画家の児島虎太郎氏が設立した、
日本屈指の美術館の一つです。
歴史は古く、ちょうど80周年を迎えており、大原THE BESTという企画展で、全館800円。
これまでの貯蔵品の中で選りすぐりのものを、貸し出さず展示していました。。。。が。。
一番見たかったのは。。。。大原美術館の別館になっている、棟方志功館でした。
 
ここの一番のトリが、エルグレコという方が描いたという”受胎告知”という、絵なのですが、
この絵の周りにとんでもない人だかりができていて、ゆっくり見れなかったです。
キリストを身ごもったマリアに天使がなにやら囁いているといった構図の絵でした。
なんと、1600年頃の絵らしいです。
 
他にも、趣味が切手集めをしていた絡みで、見たことのある絵がたくさん展示されていました。
(岸田劉生の麗子像なんかもありました。)
 
 
イメージ 3
↑大原美術館の向かいに建っている、変わった屋根をした屋敷です。
門の付近から座っているのは、画家の皆さんです。一枚上の↑写真のような風景が見れるため、
風景画を描いているようです。
 
 
イメージ 4
↑この個性的な赤い蔵が、大原美術館内にある、棟方志功館です。
青森の棟方志功館や、富山県福光町の福光美術館とダブり展示になっているのは、
釈迦十大弟子のみでした。(版画なので作品は複数枚存在します。)
なので、面白いのは、珍しい絵なんかも展示してありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/39886745.html←世界のナベ。。。じゃなくてムナカタです!
 
隣りにあるのが、河合寛次郎館です。
柳宋悦らとともに棟方を世に紹介した人の一人で、陶芸家の方です。
良く存じなかったのですが、個性的な迫力のある陶器がズラリと展示してありました。
 
イメージ 5
↑さいごにオマケなのですが、倉敷美観地区を流れる小川をバックに、
キョロキョロしていた鳥です。なんの鳥かは分からないのですが、まさか。。。。鶴???
 
小川を目立たず泳いでいるのは白鳥です。
この白鳥さんはもう、ここに住み着いているかのように落ち着いていて、逃げません。
 
携帯電話での撮影で、ここまで至近距離で撮影したのに逃げませんでした(笑)
(写した時の効果音を聴いて、警戒したのかそれからどこかへ飛んでいきました)
 
 
 
次回は、桃太郎伝説(倉敷編)をお送りいたします。。
本日もお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました~。。。
 
 
さときゅう
 

第257回!!バナナ(昭和10年代後半撮影)

イメージ 1
 
 
レトロ写真館です。
 
 
この運び方。。。気合い入っております。。
 
 
昭和10年代後半に撮影されたと言う、沖縄の写真です。
この頃になると国中で食糧不足による配給制が当たり前になっていて、
海路の往来も経済封鎖で厳しいため、
船の燃料も切迫していて、台湾からバナナが入ってくるとは思えないので、
当時の食糧事情から考えると、とてつもない豪華スイーツだった可能性があります。
 
 
 
今となっては、バナナは果物の中では飛び抜けてやたらと安い印象があるものの、
良く考えてみると、国産では自給できない(安いからやる農家がいないのかも。。)果物の代表格。
 
 
とはいえ、たま~に食べるとうまかったりします。。
傷むのが早いから買い溜めできないのが残念ですが。。。

トラック野郎(1975年~79年=東映)

 
イメージ 2
 
ユーチューブからです。
この不景気をぶっとばす動画は無いものかと、いろいろと視聴していたところ、
懐かしいデコトラ映画に遭遇(笑)
これはアップするしかないだろな~みたいな感じと相成りました。。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/61051769.html←こういう一味違うトラックを、デコトラといいます(笑)
(デコトラ=デコレーショントラックの略です。)
 
 
この、トラック野郎は下ネタ連発の映画とはいえ、
面白くてレンタル屋で借りてよく見ていました。
 
映画化された頃は、自分はまだ生まれたばかりだったため知らないのですが、
小学生の頃に、度々、新潟総合テレビが日曜の昼間から再放送していたので見てました。
 
今考えてみると、あの頃見て良かったんだろーか、あの映画。。。。(笑)
 
 
録画したやつを、たまに見たりしますが、
この映画を見るたびに思うのは、
言葉狩りで、放送できなくなった言葉やフレーズって、けっこう多いんだなって事です。
(この映画を知っている方ならなんとなく、おわかりではないかと。。。。)
 
言葉や表現の世界っていうのも。。。。規制仕分けされてきたんですな~。。。
 
 
イメージ 1
↑菅原文太と、愛川欣也です。このコンビが絶妙でした。
 
 
かなり脱線しましたが、映画の内容と参ります。
 
この映画は、松竹の男はつらいよに対抗して、
東映から出た連続映画シリーズで、娯楽映画です。
 
内容は、身寄りが無い自由奔放なトラック運転手、星桃次郎(菅原文太)と、
元警察官で、子沢山で、鬼の取締りをしていた過去のあるトラック運転手ジョナサン(愛川欣也)
による、ドタバタの喜劇で、男はつらいよ同様、マドンナ役が各話必ずいて、
桃次郎が恋に落ちては失恋するという展開です。
 
寅さんとの決定的な違いは、ケンカシーンとかなりの下ネタ連発というところくらいで、
似たような面白さがありました。
(トラック野郎は、この下ネタがあってこそ面白いって感じです)
 
 
どうみてもこの映画は、女性向けではないとおもわれます。。。。(笑)
 
 
この映画には伝説があって、
原案をキンキンが担当していた事です。
 
 
愛川欣也が東映に原案を持ち込んで、
親友の菅原分太と組んで製作に入ったらしいです。
 
さすがキンキン。アド街ッく天国だけでは終わりません(笑)
 
 
また、マドンナ役も、若い頃の夏目雅子とか、由美かおるとか、
そうそうたるメンバー。
 
恋敵役のライバルも、たいていがトラック野郎という設定で、
いつものパターンみたく、最期は泥沼の大喧嘩となります。
 
 
ここからがマニアックな記事となりますが、
一番好きなシリーズが、1978年の”度胸一番星”!!
この話しは、なんと、新潟編です。
 
 
笑えるのが、佐渡に住んでいるという設定のマドンナ役の片平なぎさを追っかけた桃次郎が、
”おれは佐渡に骨を埋める!!今から佐渡ヶ島の勉強をする”
とか言い出して、読み出した本が、サド公爵夫人(笑)
 
 
また、ジョナサンの浮気ネタと、それを叱責する奥さん(春川ますみ)、
また、その言い訳が毎回笑えました。
 
 
というわけでいて、長くなりましたが、
今回は、一番星ブルースをアップいたしました。
むかし、派遣社員だった10年くらい前に、
カラオケで歌ってドン引きされた。。。思い出の(?)歌です。
 
 
味のある歌なんで、聴いてってください。。歌詞アップします。
ではでは。。。。
 
 
 
さときゅう
 
 
 
 
♪一番星ブルース
(唄=菅原文太、愛川欣也、歌詞=阿木耀子)
 
 
 
 
男の旅は一人旅  女の道は帰り道

所詮通わぬ道だけど  惚れた晴れたが交差点

あぁ~あぁ~あ

一番星、空からオレの心を見てるだろう♪


>モノの弾みで生まれつき  モノの弾みで生きてきた

そんな台詞の裏にある  心のからくり落とし穴

あぁ~あぁ~あ

一番星出るころは、オレの心に波がたつ♪



 
 
 
 
 
 
*ユーチューブ投稿元のtetchandesu88888 さんに心から感謝いたします。

第256回!!貧しき食卓(その89)

イメージ 1

貧乏厨房です。


ビビンバをぱくりました(笑)

もちろん、石で焼いておりません。



この間の、
一風堂のもやしソースで味付けたピリ辛もやしにキムチをご飯に乗せてます。



その横の巨大味噌汁みたいな物体は、具は隠れちゃってますが、
豚汁です(笑)


さいきん、いつも豚汁を作り置きしてます。
冬はあたたまって豚汁が美味い季節なんで、
どれだけ食べても飽きないです。



ご飯少なめのメタボ仕様になっております。。。。(笑)

第255回!!ボウリングブーム(昭和40年代撮影)

イメージ 1
 
 
レトロ写真館です。
 
 
なんと、和服でボウリング大会のようです。
 
 
聞いた話だと、
親の世代では空前のボウリングブームが2度ほどあったのだとか。
 
 
カラオケとボウリングは好きで、
学生の頃はしょっちゅう行ったもんなんすが。。。。。
 
 
この写真にもし、ボウリングの球が写っていなかったら、
なんだか、
”おひかえなすって!”
とか言ってそうな1枚です。

第254回!!旅の助っ人激安店

真夜中の更新と相成りました、貧乏旅日記です。
 
 
今回は、倉敷に本拠地を持つ超激安スーパーをお送りいたします。
お店の名は、24時間メガディスカウントストアー、ラムー(ディオ)です。
旅をしていて山口県以外の5県(兵庫、岡山、広島、鳥取、島根)で多店舗展開されていたため、
かなりお世話になりました。。。。。。旅の経費が相当節約できた助っ人のようなお店です。
 
 
ここが恐ろしい事に、あの業○スーパーをも、はるかに凌ぐ安さです。
何でこんなに安いんだろうか。。。。
(このお店の回し者ではけっしてありません。。。。)
 
イメージ 3
見たところ、売られているアイテムが特価商材に限定している感じがし、
種類こそ豊富ではないのですが、特売のかけ方がもはや。。。。尋常ではないと。。。。(笑)
こりゃ~舞台裏ではすっごい商談してそうだな~。。。。と元の職業柄余計な事まで考えたりして。。。
 
 
今までで、弁当を一番安く売っていたお店は、能登半島のあのお店だと思っていたのですが。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/56346796.html←恐るべし能登半島!!の激安弁当です!
 
 
なんと、このラムー。。。。50円も更に下げ。。。昼から通常198円で弁当各種を売っています。
なので、各種お弁当は見切り品の並ぶ時間ではすでに完売されているのですが。。。
 
 
激安の焼きソバとかチャーハン、ちらし寿司とか、たこ焼きとかが。。。。
ただでさえ安いのに、夜に8時以降に行くと。。。。半額になっています。
50円とか、70円とかで手に入っちゃいます。。。。何故だー!!
 
イメージ 2
↑しかも、旅をしていた11月には、感謝祭とやらで、更にこんな祭りをしていました。
ターゲットは火曜と日曜!!
菓子パン半額の日は、半額なのに夜に更に半額シールが貼られて、定価の1/4でした。
なので秋も深まる時期の気温も手伝って、数日分買い込み。。。
 
行軍の兵糧を確保しました!!(笑)
 
イメージ 1
↑この100円たこ焼きは、夜買うと50円になります。
お店の隣りにあったデリカパクパクというスナックコーナーで売られているんですが、
アイスやら、かき氷やら、たこ焼きやらが。。。。みんな100円!!
しかも冷凍でなくて、おばちゃんの手作りでした。。。。。。やすー
イメージ 4
これだけ買ってんのに。。。。。1000円だなんてすっさまじいです。
メロンパンとか、4個入りで78円とか、焼きソバ52円とか。。笑いが止まりませんです。
(ちと、お菓子買いすぎですが。。。。笑)
 
 
捨てる神あれば、
拾う神ありとはこのことですな~。。。。。
 
 
ちょっと、みみっちい事で感動しすぎだったかな~。。。。(笑)
最期に一言。
 
 
北陸にも出店してくれ~!!
 
 
ではでは~。来週こそはよい週でありますように~。
 
 
さときゅう
 
 
 

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ