Entries

第231回!!貧しき食卓(その75)

イメージ 1

夜分遅くの貧乏厨房のお時間と相成りました。


皆様仕事納めでございましょうか。お疲れ様です。
今年最後の貧乏飯のアップです。


いやはや、年賀状を恒例ながらに、今更ながら書いております。
コピー機とPCの通信がおかしくて、手書きでかいておりました。
4~5日前からダラダラと書いていたら、いつのまにやら29日。
あちゃー。
こりゃ元旦にとどかんなーとか思いながらも、毎度25日にだせてねえです。
新潟言葉でいいますれば、今も昔も、のめしこきでございます。。。



本日は、帰省前の冷蔵庫在庫一掃セールにございます(笑)
 
 
早い話が。。。。残飯整理にございます(涙)


キムチ、山芋、冷凍庫の余った刺身、
余った味噌と冷凍肉団子とパウチ野菜の豚汁、
モヤシとキムチと高菜の野菜炒めと、見た目は案外豪勢です。


ざっと、170円ってとこでした。


山芋は千切りでご飯にかけると卵かけご飯よりも美味しく、
すりおろすと、そばやうどんとの相性も絶妙で、安い日は調達してきます。
 
 
これは重宝しております。
 
 
明日は帰省のピークになる事と思いますが、
皆様、安全運転で今年を締めくくって参りましょう。。。
 
 
本年も、当、
貧乏学入門へお越しくださいましてまことにありがとうございました。
良いお年を~。。。。。。。
 
 
 
 
スポンサーサイト



風景印と島の風景(香川県豊島郵便局)

 
 
連続更新と参ります。豊島の風景印です。
 
豊島郵便局は、島のほぼ中央に位置しており、港からは2キロ程だったか離れています
そのため、見落としやすい風景印かもしれません。
 
豊島でのアートは以下の記事です(飛びやすくしました)
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/61499099.html←木下晋”101歳の沈黙”
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/61517233.html←横尾忠則”紫の胎動”ほか
 
イメージ 2
↑豊島家の浦にある豊島家プロジェクトの一つで、
作品名が長く、外国人アーティストのトビアス=レーベルガーさんの作品で、
”あなたの愛するものは、あなたを泣かせもする”という作品です。(この建物名です。)
 
ここは喫茶店となっており、ここで食事をするか入場料を払って中を見ることができます。。。が。。。
外観だけ見てきました。。。。(笑)
 
イメージ 1
↑豊島郵便局の風景印です(平成22年10月22日押印です) 
高台から見た島の風景でしょうか。恥ずかしながら、この灯篭は分からなかったです。。。(汗)
イメージ 3
↑通りかかった時にあった、家です。
この蔦の張り巡らし具合!!もはや、アートです!! 
イメージ 4
↑家の浦港近くの建物ですが、どうやらここは空き家らしく、
広告のお店は別のところにあるようです。一種の空き家アートでしょうか。。
 
 
 
次回(新年になります)の貧乏旅日記、瀬戸内海シリーズは、岡山県犬島の予定です。
 
 
豊島の詳しい紹介がされている、ムービーを発掘いたしましたので、
お時間許されましたら、ご覧になっていってください。
ではでは~。。。。。 
 
 
*ユーチューブ投稿元のPrefKagawa さんに心から感謝いたします。

都市伝説だらけ

今テレビ見ていたんですが、
巷で流行っている都市伝説に白黒つけるっていう番組!!
 
 
これは面白いです。
 
 
 
実際に流行っていた都市伝説ばかりなだけに。。
 
 
 
今さっきやってたのが、
魚や肉やパンの焦げ部分をたくさん食べるとガンになる。。。。。。クロ!
白髪を抜くと増える。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。クロ!
チョコレートをたくさん食べると、鼻血がでる。。。。。。。。。。。。。。クロ!
コアラのマーチには、盲腸コアラがいる。。。。。。。。。。。。。。。。。シロ!
足の裏のほくろが大きくなっていくとガンになる。。。。。。。。。。。。シロ!!
とか。
 
 
 
これは面白い!!
 
 
信じてた事が嘘八百だったってのが、笑えます。
(足の裏のほくろの話は怖かったですが。。。)
 
 
番組ではやってないんすが、
あと、こんな都市伝説ありませんでしたか?
 
 
①ワカメをたくさん食べると、白髪が黒く戻る
②ラーメンを毎日食べていると、お腹に石がたまる
③食後すぐ横になると、牛になる(なるわけないわな~。。。笑)
④プリンに醤油をかけると、ウニの味がする
⑤アボガドに醤油をかけると、マグロのトロの味がする
⑥ウーロン茶を大量に飲みすぎると、胃に穴が開く(クロだそうです)
⑦コーヒーを大量に飲みすぎると、胃がんになる(クロだそうです)
⑧コーラばかり飲んでいると、骨が溶ける
⑨コーラばかり飲んでいると、歯が溶ける
⑩芸能人の著作本の大多数は、ゴーストライターが書いている。
⑪モンゴルの英雄ジンギスカンは、実は源義経だった
⑫塩ラーメンのスープに牛乳を加えると、とんこつラーメンになる。
⑬胃腸薬を常用すると、物忘れがひどくなる。
⑭ピーナッツや豆類を大量に食べると、鼻血が出る
⑮激辛食品を大量に食べた翌日に○ん○をすると、○門がヒリヒリする。
 
 
 
。。。。などなど。
 
 
さあさあ!!皆様お立会い!!
楽しいコメント&都市伝説ございましたら。。
お待ちしておりますよ~!!
 
 
 
さときゅう
 
 

タロとジロ(昭和34年撮影)

イメージ 1

レトロ写真館です。


昭和33年に15頭の樺太犬を涙ながらに残したまま南極を去った観測隊一行が、
翌年に昭和基地に戻った際に、生き残っていたタロとジロです。



映画、南極物語を御覧になった方ならば、
既にご存じかと思います。


二匹の故郷である北海道稚内市には、
タロとジロの銅像があり、稚内郵便局の風景印もタロとジロです。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/48073200.html←北海道稚内郵便局の風景印の記事です。


悪天候で遭難しかけた故に、
やむを得ずとはいえ自分達を見殺しにしてしまった隊員たちとの再会の際に、
恨むどころか喜んで飛んできて顔を舐めてくれたという、感動の一枚です。


人間だったら、
こうはできますまい。。。
と思いつつ(汗)

第230回!!貧しき食卓(その74)

イメージ 1

昨日とはうってかわりまして。。
本日は、貧乏厨房のコーナーです。


またまたローソンのLチキを買いつつ、
カボチャコロッケとスパゲッティです。


今日は高菜入りペペロンチーノにしました。
これがまた、絶品でした。


あらかじめ辛口の味付け高菜だったんで、
下味も付けられて、独特の旨味です。


ざっと160円ってとこです.
(この値段のほとんどが、Lチキです。笑)


高菜は炒飯にしても白飯にかけても、
焼そばや焼きうどんでも重宝するんで、
まさに、困ったときのお助け役です。

大寒波と逆境の聖夜

イメージ 1

今日は少々リッチに参ります(笑)


いやいや。。。クリスマスの夕方に、
アパートにいるというのは実に、六年ぶりです。


今までが冬にやたらと忙しい会社だったため、
クリスマスはたいていが夜遅くまで営業といった感じだったです。


いや~、たまにはのんびりってのもいいもんです。
たまには甘い物でもガッツリ頂こうかなって感じになりまして。。

ちと気合い入れてケーキ二個と、シュトーレン、カボチャコロッケ、
ローソンのLチキ食べながら、ぴったんこカンカン見ております。
 
 

これまでのクリスマスに比べれば、ちと質素かもしれないです
 


そ~は見えない感じなんすが、
シャトレーゼのケーキがやたらとやすかったので。
(いや、安いケーキしか買わなかったので。。笑)


シュトーレンというお菓子もいま食べてるんすが、
これは一押しです。


ドイツの冬のお菓子らしく、
ケーキ生地に乾燥させたラム酒に漬け込んだ果物がはいっております。
これは大人の味!!美味いです。
バローにて一切れ98円にて入手!!
 
 
全部で500円ってとこです。


テレビではマツコデラックスと安住アナのどつき漫才がくりひろげられとります。
アナウンサーも大変だな~なんて思いながらテレビ見てます。
ズームインの西尾アナとか羽鳥アナとか見ていると、
この方々はいつ寝てるんだろか~なんて思ったりもします。
 
 
なんかよく分からなくなっちまいましたが、
寒気も入りだして、いよいよ本格的な冬将軍到来ってとこでしょうか。
 
 
皆様風邪と、年末ジャンボの買い過ぎにはご注意ください。
ではでは~。


さときゅう

律儀すぎる置き土産

イメージ 1

この間、高校~予備校の時の友達が社員旅行で金沢に来て、
四~五年振りだし、
自由行動の合間に飯でも食いに行くかという話になったんすが。。。


その時もらったお土産なんすが、
どこの土産か尋ねたら山中温泉なのだとか。
宿泊先で買ってこられたみたいです。



ルートは東尋坊と永平寺だったらしく、
金沢市内が自由行動だったのだとか。
こう、雨や寒気で天候が不安定な時の社員旅行は辛かったんでないでしょうか。
 
 
小松市にラーメンの昭和食堂の本店があるため、
石川県庁で金沢市内一望したあと、
ラーメン食べながら世間話を語らった次第です。
(辞めた会社の愚痴がのど元まで出かかってるのに、ブレーキをかけつつ。。。。笑)
 
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/41299205.html←昭和食堂の記事です。


いやいやこれはいくらなんでも水臭いって話で、
気を遣いすぎですがな~。。。。


しかし~冬にゼリーとはこれいかに(笑)
付属のガムシロップをかけて食べるらしいです。
有り難く頂戴いたしました。

第229回!!古民家が伝える瞽女(ごぜ)歌

 
本日も貧乏ブログへお越し頂きまして誠にありがとうございます。
貧乏旅日記の更新と参ります。
 
豊島の第2弾です。
 
今回は、豊島島内で見た”家プロジェクト”にまつわる記事です。
家プロジェクトといいますのは、
過疎等が原因で島内で主を失った古民家を芸術によって蘇らせようというもので、
瀬戸内国際芸術祭の島のいたるところに設置してあり、パスポートのある人は無料で、
無い自分の場合は1軒見る都度300円かかったため、
たいていの建物は外観だけ見て(外観の見学は無料)、見たいところだけ決めて見ました。
 
また、豊島は独自にシャトルバスを運行しており、
観光客はパスポートが無い者でも全員無料で乗ることができました。
 
豊島でじっくり見てきた家プロジェクトの建物は2つだけでしたが、
木下晋さんの”101歳の沈黙”と、横尾忠則さんの個展でしたが、
今回見た、木下晋さんの101歳の沈黙と、101歳の手には衝撃を受けました。
 
イメージ 1
↑豊島の港の前にある観光用宣伝板なのですが、これもアートになっていました(笑)
 
イメージ 4
↑散策中、ちょうど稲刈りシーズンだったらしく、
コメの借り入れをしていました。
 
イメージ 2
↑以前も記事に使用しました(笑)おなじみのこのおばあちゃんたちは、
偶然に出会って話しかけられたのがきっかけで、
少し立ち話してから、お願いして一枚撮りました。
ブログにのせたいんですが~と言ったら案の定(笑)
ブログ????わからないな~って感じでした。
 
イメージ 3
 ↑ここが木下晋さんの家プロジェクト会場でした。
(入場後の家の中の写真は撮っても良かったらしいのですが、この時知らなくて撮れませんでした。)
 
 
正直なところ、たまたま通りかかってここにたどり着きました。
出てくる観光客の方々の反応が、他に比べて大きかったため、入って見ることにしたのですが、
木下晋さんという方が、どんな芸術家なのかも知りませんでした。
 
 
入ると居間があり、そこには一枚のでっかい手の鉛筆画がありました。
その手はシワだらけで老いたおばあちゃんの手。
 
 
そして、古い古民家の中を何枚かの絵を見てから、
古い階段を上がって、上の絵も見てくださいとガイドさんに言われて見たら。。。
薄暗い部屋があり、これまたシワだらけのおばあちゃんのどでかい顔の鉛筆画がありました。
こう言ったら失礼になりますが、
最初はなんだか分からず、暗い部屋で薄くらいライトで照らされ怖い演出でした。
 
 
最初は、この絵に描かれたばあちゃんは、この家の主だった人で、
その人を描いたのだろうと勝手に思って、ガイドさんに。。。。
”このおばあちゃんは、この島では有名な方ですか??”
と聞いたわけなんですが。。。。その答えが。。。。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
”いいえ、この島とは関係の無い、瞽女の小林ハルさんです!!”
と。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは知っている方だっただけに、衝撃的でした。
木下晋さんがどんな経緯で小林ハルさんをここに展示したかは分からないのですが、
驚いて、ハルさんは新潟の方ではないんですか?と聞き返したら、
今度はガイドさんがビックリしてました。
 
 
木下さんが何の前フリもせず、
この古民家に、でかい額縁で展示される鉛筆画の数々は存在感が凄まじかったです。
 
 
小林ハルさんの生き様を語るには恐れ多いですが、
もう、ただ貧乏と言うには程遠いほどの壮絶な生き様をされた、
涙なくては語れぬほどの。。。。
新潟県三条市出身の重要無形文化財保持者(人間国宝)のお方です。
自分もハルさんをはじめて知ったのは、たしかローカルのドキュメンタリー番組でした。
 
 
ハルさんは105歳という天寿を全うされたのですが、
知人に”今度は虫に生まれ変わってもいいから、目が見えるようになりてぇ”と話されたそうです。
 
 
ユーチューブで展示されていた木下さんの作品と、
ハルさんと思われるゴゼ歌を聴くことのできるチャンネルを見つけましたので、
よろしければご覧ください。又、もし少しでも興味をもたれましたら、記事もご覧ください。
 
 
 個人的には、瀬戸内国際芸術祭の家プロジェクトにおいては、
ここで最も感動致しました。
 
 
 http://www4.ocn.ne.jp/~aoitori/kenpou5.html←小林ハルさんを伝えるインターネット記事です。
 
 
 
長い記事になってしまいましたが、
よろしければ、ゆっくりとご覧ください。
 
 
 
さときゅう
 
 
 
 
*投稿元のHEADZ0283さんに心から感謝いたします。

第228回!!サツマイモ大放出(昭和22年撮影)

 
レトロ写真館です。
 
サツマイモ大放出の写真です。
 
この頃はまだ慢性的な食糧不足であったこともあり、
主食の代わりとしての芋類はコメや小麦に比べ厳しい環境にも強い等、
生産しやすかった事もあってか、主食であるコメのピンチヒッターとして、
当時としてはたいへん重宝されていたのだと思います。
 
 
今、ニュースで問題となっている問題に、諫早湾の開拓問題がありますが、
この開拓も、事の発端はおよそ60年前にあるらしく、当初の開拓理由は食糧不足にあり、
農地を増やすために埋め立てるはずだったのが、食糧問題が解決し、
かといって一旦始めた開拓事業を止める事ができず、開拓理由を変えながら今まで来たと聞きました。
農家の方々も漁業の方も振り回されていて気の毒なんですが、
過去に、不要となった事業にぶら下がる利権好きな連中の影も垣間見えて、いい感じはしないです。
(話題それてしまいましたが。。。。。)
 
 
イメージ 1
 
 
皮肉な話で、今年はサツマイモが全国的に生育不足らしく、
大きく育っていないのと、値が高いとのことです。
 
 
たま~に食べるとうまい焼き芋。
 
この頃は、ご馳走で、毎日ご飯に混ぜて炊飯していたんでないしょうか。
 

猫だらけの島(香川県豊島)

 
本日もお越しくださいまして、誠にありがとうございます。。。。。。
夜分遅くではありますが、貧乏旅日記の更新と参ります。
 
 
10月22日の朝から昼3時まで直島にいたのですが、
遅い時間ながらも一気に豊島まで渡りました。なんと、直島からの最終船便でした。
 
 
てなわけでして、今回は瀬戸内国際芸術祭の二つめの島。。。
豊島の第一弾です!!
 
イメージ 1
↑瀬戸内国際芸術祭の余波のため船の各便は30分前に並んで整理券を手に入れなくては、
豊島へは渡れないと言われていたため、焦って入手した整理券です。
豊島から岡山県玉野市宇野港へ戻る最終船便は19時45分らしく、
わずかではあるものの、5時間余りの豊島滞在と相成りました。。。。
イメージ 2
↑豊島港ターミナルです。飲食店は見たところ向かいに1軒喫茶店がありました。
イメージ 3
↑港の周囲を徘徊する野良猫たちがお出迎えです。
のどかな港の風景を引き立ててくれます。
豊島は人口約1000人の島で、島の規模としては直島より面積は大きいものの、人口は1/4です。
 
イメージ 4
↑ノラも飼い猫も混ざって近距離でのんびりと過ごしていました。
井戸端会議でもしてるんでしょうか(笑)
ただ、こっちから近寄ると、少し警戒していました。
 
 
豊島での風景やアート施設、風景印等、おいおい記事にしてゆきます。
 
 
(つづく。。。。。。)
 
 
 
さときゅう
 

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ