Entries

第223回!!貧しき食卓(その71)

イメージ 1

貧乏厨房です。



今日の晩飯はペペロンチーノです。
 


がっつりと、大盛りにして作りました。


今は便利な調味料が多くて、
ボトルに乾燥したペペロンチーノの素が入っていて、
使う分量だけ湯戻しして茹で上げたスパゲッティに混ぜて炒めるだけっていうのがあります。



それを使ったもんで、50円位しかかかってないですが、
調味料のボトルをよく振らないで使ったせいか。。。


唐辛子多めで超激辛でした(涙)
スポンサーサイト



こ。。こんな所にもうどんが。。。(9.20夜、徳島県池田町)

 
週末の晩、如何お過ごしでしょうか?
本日も、貧乏旅日記のコーナーへお越しいただきまして、誠にありがとうございます。
 
この日は高松市を散策し、徳島との県境近く、環の湯にてゆっくりと温泉に浸かった後、
なんとか夜通し、高知県へ向かいました。。。。。
 
そして、夜の9時過ぎに遅い晩飯を食べようかと道沿いを見渡すものの、
やはり四国の山の中。どこの店も閉っており、半ば諦めかけていたところ。。。
 
 
発見しました!!
 
徳島ですが、うどん屋さんです。
 
 
 
さて。。。。。。。。。。
 
 
 
 
どんな名店が現れるんでしょうか~。。。。。。。
 
 
 
 
 
 
 
↓それでは皆様ご覧ください↓
 
 
 
イメージ 1
ここにしなければ、晩飯を食べれる店は高知県南国市までないと判断しまして。。。
 
妥協しました!!
なんと!!徳島県の一部ローソンにはうどん屋があります!!
 
なにコレ珍百景なるか??
イメージ 2
↑さすが、讃岐うどん価格!!財布に優しいうどんメニューです。
イメージ 3
↑露光不足ですが、店内はこんな感じです。
イメージ 4
↑醤油ぶっかけうどん(冷)&かき揚げ&店内のおにぎり一個買って、店内で食べました。
うどん屋さんのような風情はまったくないものの、この違和感がなんとなく面白かったです。
思ったよりも美味しかったです(笑)
 
 
ちなみに、徳島県池田町のローソンでしたが、
ここ池田町(現、徳島県三好市)は甲子園では伝説の!!
あの、池田高校のある町です。
 
 
夜で全然分かりませんでしたが、
アーケードもひとつあり、けっこう開けた町でした。
 
 
 
さときゅう

第222回!!貧しき食卓(その70)

イメージ 1

貧しき食卓のコーナーです。いつのまにやら、
70回を数えてしまいました貧乏厨房です(笑)



貧乏厨房、
これからは今までにも増して面白くして行く予定です。。。(汗)



ではでは今回は、
気合いを入れまして創作料理まがいなものを作りました(笑)


しかも、いつになく美味かったです。
(自分の舌が正しければですが。。。。笑)


早速、どんなのかと申しますと、
御飯の上にネギを細かく刻んだやつを乗せ、
回りに四角く切った絹ごし豆腐を乗せ、
中央に卵黄を乗せます。


あとは、豆腐の上に食べるラー油をかけ、
まわりに醤油を一回りかけて完成です。


勝手に命名しまして、辛豆腐玉子丼!!です。
(ちいと、字余りですが。。笑)


味は、麻婆豆腐をなめらかにした感じで、
麻婆豆腐とはまったく違う食感です。


温玉とか、卵黄を使うだけで、
飯が数倍楽しくなりますね~。。。。
 
 
 
さときゅう

高松市街と手打ちうどんあわじ(9.20高松市)

 
 
おはようございます。(っていっても、もう昼なのですが)
本日は、食いっぱぐれ貧乏珍道中、高松市最終レポートと参ります。
 
 
高松市で見た光景を、再度まんべんなく記事にいたします。
 
 
四国の街はどの街ものどかで、時間の流れを忘れそうな雰囲気です。
旅している他県の者だからなのかも知れないですが。。。。(笑)
 
 
高松市は人口42万人程。都市部の商圏だけで80万人もいるそうです。
四国の玄関口といった感じでよいのでしょうか。
島部を含まないと、県の面積は大阪府よりも小さいと聞いた事があり、
高速道路の高架から見た街の印象は、住宅地がびっしりと密集していた印象と、
街を少しはなれると、ため池が多いといった印象がありました。
 
 
おそらくなのですが、渇水対策なんだと思います。街のあちらこちらで節水の貼紙を見ました。
トイレでも、公共施設では近頃見なくなった音姫(水の流れる音を出すためのユニット)
が設置されている施設が多く、手洗い水も勢いよく出る蛇口が少なかったのも、
すべて、節水によるものなのかな。。。と感じました。すばらしー試みかと。。。
(新潟育ちのせいで、蛇口ひねれば水のありがたさを実感できなかっただけに、良い機会でした)
 
 
旅していて思ったのは、やはり。。。なのですがうどん屋の数が凄まじい事と、
ラーメン屋が少なかった事です(笑)少ないといいますか。。。無かったような。。
 
 
街のアーケードに活気があって、
新潟や北陸ではよく見かけてしまうシャッター街が少なかったのも印象に残ってます。
 
イメージ 6
↑高松城月見櫓の天守閣から見た高松港周辺です。
のどかな瀬戸内海。向こうに見えるのは女木島でしょうか?
きれいな景色です。絶景です。
 
イメージ 1
↑高松城から市街地アーケードに向かって歩いております。
三越高松店から、縦に長いアーケードが約1キロくらいあったかと思います。
中央にあるプラネタリウムみたいな球型の屋根の下では催事が行われており、活気にあふれていました。
 
イメージ 2
↑アーケードの最終地点でした。少し人が少ない感じでしたが、
お伝えしたかったのは、この垂れ幕!!(笑)
今、瀬戸内の島々(小豆島、直島、女木島、男木島、犬島、大島、豊島)
にて、島全体をアートで飾ろうというお祭り。。瀬戸内国際芸術祭が行われていました。
時間の関係(27日が職安)で行けなかったんですが、今月末リベンジの予定です(笑)
 
イメージ 3
↑高松市のアーケードを歩いていてビビッタのは、その自転車の数!!
左右前後を蛇行するチャリンコに、歩いていて焦りました(笑)
 
アーケードの演出も絶妙で、前記事でも紹介しましたが、魚類の温かみのある張り子や、
インパクトのある広告などが、活気を感じさせてくれました。
イメージ 4
↑↓高松市内で昼ごはん(といっても昼3時ごろ)を食べた、
手打ちうどんあわじさんです。
四国の地元紙を読みながら頂きました、かやくご飯セット(450円、わかめうどん)です。
かやくごはんはなんと!!松茸ご飯でした。
嗅覚の鈍化している自分にも分かるいい香り。ゆっくりと堪能してきました。
イメージ 5
↑トッピング(天かす、ネギ、生姜等)は、セルフでした。
コシがあって美味しかったです。午後3時過ぎなのに、店は客で埋まっていました。
 
 
 
 
さときゅう

高松市で見た、風変わりな光景(笑)

 
連続投稿いたします。今回も、高松市です。
9月20日は一日中ゆっくりと高松を徘徊してました(笑)
 
うどんを食べながら、街のアーケードを歩いて、
頭がボサボサだったので、安い理髪店で髪切ってもらいながら情報を貰ったり、ウロチョロしておりました(笑)
 
そんな中で見た、目に留まったものの写真を記事にいたします(笑)
イメージ 1
↑この日はノーカーデーとの事で、高松市美術館前は歩行者天国で催事中でした。
 
美術館も見てきたんすが、工芸品がメインの常設展示でした。
イメージ 2
↑催事中の2日間臨時に作られた公園です。
なんと!遊具が全てダンボールでできているそうです。
イメージ 3
↑高松市美術館で見たのですが、市が商店街と組んで魚介類の張り子の作品が、
あちらこちらに飾られていました。とてもいい味をかもし出していました。
イメージ 4
↑本日のオオトリです(笑)
なんと!!食品の自動販売機なんですが。。。のりたまって。。。。(笑)
 
 
買う人いるんだろーか。。。。。(汗)
 
さときゅう

玉藻公園と高松城(9.20高松市)

 
本日もお越し頂きましてありがとうございます。
貧乏旅日記の時間と相なりました。
 
今回は、高松城と玉藻公園(高松城址公園)です。
珍しい事に、四国には堀に海水を敷いている城がいくつかあり、
今治城と高松城は堀が海水である事で有名らしいです。
 
なので、写真には撮り忘れたのですが、驚きの事実が。。。!!
普通の城ならば堀にコイが泳いでいるのがよくあるパターンなのに。。。。。
 
高松城では。。。。。。なんと!!!!
 
 
さて、ここで問題です。高松城のお堀では、いったい何の魚が泳いでいるのでしょうか??
(回答は記事の最後にて。。。。)
 
イメージ 1
↑高松城は、明治新政府による廃城の指示により取り壊されたらしいですが、
戦後、滋賀県彦根市で行われた博覧会を機に再建され、今日に至るそうです。
天守閣は3階なため、街を高いところから一望とまではいきませんが、
当時としては3階建ての建造物は無かったと思うので、山城ではなくても、
高松の街は一望できたと思います。
 
イメージ 2
↑丸岡城や、犬山城を思わせる年季の入った木の階段です。
登るとギシギシと音を立てます。
 
イメージ 3
↑玉藻公園内にある披雲閣(迎賓館みたいな建造物)です。
イメージ 4
披雲閣内は観覧自由だったため、見て回っていたら、
ボランティアの方がおり、お菓子とお茶を振舞ってくださいました。
こんぴら名物の灸まんです。
イメージ 5
↓うちわがいい味を出しております。”泣いた赤鬼”に出てくる青鬼でしょうか。。。
四国の方々は、ほんとうに、観光客に優しい人が多いと思います。
写真には撮らなかったんすが、車でのドライブ中旅先のあらゆるところで、
”お遍路さんに譲ろう””お遍路さんに配慮した運転を。。”
の看板も。。。。。。。
イメージ 6
 
 
忘れておりました。
クイズの答えは。。。。。。なんと、鯛です!!
 
ではでは。。。。。。
 
 
さときゅう

芸妓さんプロデュース!!古町カレー登場

 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
久々の、新潟ネタです。。。。。。(笑)
 
いったい何なのかこの記事は???
と思われてしまいそうなんですが、
新潟市は古町の地盤沈下を何とかするためのプロジェクト?
古町カレーなる、ご当地カレーを、
古町芸妓さんと阿賀野市のレストランのシェフの合作で流行らせようというものです。
 
 
 
              ユーチューブを見て、実は今さっき知ったのですが。。。。。(笑)
              実は、古町に舞妓さんがいたことは知ってたのですが、
          ここまで大々的だったとは知らなかったです。はたして流行るでしょうか!!
 
 
 
          越後の地ビールに、地元の素材で作るらしいです。
          ただ、このユーチューブは2月のもので、検索したらひっかからないのが気がかりですが。。
          頓挫してない事を祈るばかりです。
 
 
          金沢カレーに勝てるかな~。。。。。。???
          ガンバレ!!古町カレー!!
      http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/59704384.html ←秋葉原に進出した、金沢カレーの記事です。
 
 
         *ユーチューブ投稿元のniigatanews さんに心から感謝いたします。
 

讃岐うどん発祥の地(9.20香川県綾川町)

 
本日も、くいっぱぐれ貧乏珍道中記へお越し頂きまして、
誠にありがとうございます。本日も、昨日に引き続きまして、讃岐は香川県のレポートと参ります。
四国で検索してこられた皆様も、ご気軽に見て行ってください。
コメント大歓迎でございます。
 
 
前置きはここまでといたしまして。。。
こんぴらさんをお参りして、土産物屋さんから紹介してもらった、むさしさんでうどんを食べて、
国道32号を高松方面に向かう事数十分。
偶然通りかかった道の駅、滝宮なのですが、どうやら、ここの地が讃岐うどん発祥の地らしく、
様々なうどん用品、グッズ、変り種うどん製品が売られていて、また、
うどん会館があって、うどんを作るところから見れました(教室もやっているようでした)
 
 
イメージ 1
↑うどん会館です。ここでは、名物メニューとしてうどんめし(550円)なる名物メニューがあるらしく、
そばめしみたく、細かく切ったうどんをご飯代わりに野菜と炒めて炒飯状にしたものらしいんですが、
不覚な事に、それを知ったのが、ここの道の駅を通過した後だったため、食べませんでした。。。(汗)
イメージ 2
↑滝宮念仏踊りというのは、菅原道真が雨乞いをしたら雨が降った伝説にちなんで、
この地方で伝わる踊りだそうです。
北陸では、天神様の掛け軸でお馴染みの。。。。道真公です。
イメージ 3
↑光る人の影は幽霊ではありません。。。。(笑)
 
ガラス張りになっていて、うどんを捏ねるところから切る所も常に実況しております。
これは、店の人もうかつにサボれません。。。。(笑)
 
イメージ 4
↑土産物コーナーには、様々なうどん加工品や、うどん作りグッズ、小麦粉(各種銘柄)
が置かれてたんですが、その中でも、お店で一押しらしい、犬用讃岐うどんです。
時代もここまで来てしまいました。。。(笑)
 
 
次回はいよいよ、高松編です。。
 
 
 
さときゅう

第221回!!歪みゆく中国

正直なところ、
このブログでは政治的な更新はしないつもりでいましたが、
どうしてもイライラするので、更新します。
 
久しぶりですが、
限定記事にします。
(炎上させたくないので。。。)
 
 
今、中国でノーベル平和賞を巡って、
獄中に居る劉さんの報道を巡って問題が起きています。
 
 
放送中にテレビが消えたり、
受信が断絶されたり、
関係者の携帯電話が使えなくなったり、
報道各社が管制されているらしいのです。
 
 
中国共産党が、
体制的に都合の悪い事に対して、
蓋をしてきた事は今にはじまった事ではないのだと思います。
 
 
あれだけ酷かった文化大革命が、
どんな事であったかさえ、
中国国民の圧倒的多数は知らないでいるはずです。
知る権利が保障されていないので。。。
 
 
しかし、中国がここまで経済大国になった今、
もはやそんな事は通用しないと思うのです。
 
 
衛星放送が中国国民にマイクを向けたら、
国民は関心がないように言葉を発せず、うつむく。
通り過ぎてゆくのも、間違いなく共産党から監視されているからでしょう。
(うかつな言葉を世界に発信したら投獄されるから。。。)
 
 
今、中国は、
経済と国政を天秤にかければ、経済の方が重くなってます。
 
 
共産党自身が意味を無くし掛けており、
ある意味危機なのだと思います。
 
 
そもそも、
社会主義というものは、
格差をなくすために経済を国が管理し、
富を一旦、国が集約してから国民に平等に分配するのが前提で、
それができなどころか、
それをしなければいけない人間が汚職で私腹を肥やして、
末端の農村と、都市部の富裕層の格差が、
資本主義国の日本やアメリカよりも開いてしまっている事は明白で、
その事実を、
中国国民自体が知ってしまうことこそが、
中国共産党の一番恐れている事でしょう。
 
 
いまは、中国経済が強いから、
中国の知識人はいい生活ができるから、我慢しているだけ。
 
 
残念ながら、
中国が経済で勝ち、
世界の工場で居られる直接のの原因が、安い人件費でしかないから、
やがて中国経済がさらに豊かになり、賃金も上がり、企業が肥えた時、
世界はもっと安い人件費のインドやアフリカ、東南アジア、
南米に方向転換する可能性は、間違いなくあると思う。
 
 
同じ社会主義国として、
人権や、富の分配、格差間の是正の点で見るのなら、
ベトナムやキューバとは比べものにならない苦しい状況。
 
 
中国の経済が傾いた時。
その時が、中国国民や、知識人が、
真に自由を求める時に違いないのだが、
もう、その時は近いと思います。
 
 
中国10億人のフラストレーションが、
共産党本体に向く日は間違いなく近いのに、
どこの報道機関も報道できないし、
伝えない。
 
 
 
中国は、
これから、一回りもふた回りも、
経済的ではなくて、体制の成熟が必要なんだと思う。
 
又、日本との間でも、
輸出、輸入ともに最大の相手国であるため、
他人事にはならないと思います。
 
 
ただ、中国がそうなってしまう前に、
個人的に思うところは、
日本は自給率をせめて8割くらいにしなくては、
生きて行けないと思う。
 
 
尖閣諸島の小競り合いで、
中国はレアメタルだかいう鉱石資源で物申してきた。
 
これは、日本がいかに資源を中国に依存してきたかの裏返しで、
食料にいたっては半分近くが中国と絡んでいる。
 
だから、中国に対して弱腰の外交しかできない。
 
 
資源のない島ニッポンは、
3分経ったら動けなくなるウルトラマンに似ているから、
どんなに知識があったところで、
自給率を上げなくては、
人質(食料)を取られてるも一緒だと思う。
 
また、一国に依存しない、
資源の供給ルートも模索する必要があると思う。
 
 
さときゅう
 

手打ちうどんむさし(9.20香川県琴平町)

 
 
本日もお越し頂きましてありがとうございます。
貧乏旅入門へようこそ~。。。
 
チリの救出作業。進んでいるようです。よかったよかった。
 
ではでは。四国、淡路貧乏車中泊旅行の記事。
どんどんと更新してまいります。
 
 
やってまいりました!うどんの第一弾記事です。(笑)
 
こんぴらさんをお参りした時に、土産物屋さんにておばちゃんと話し込みまして、
おススメのうどん店の聞き込みに成功いたしました。
高松市内のうどんの美味しい店教えてくださいと言ったら、
琴平町内のうどん店を教えてくれました。手打ちうどんの、むさしさんです。
 
イメージ 1
↑お土産物屋さんのおばちゃんです。(店の名前見てなかったっす。。。。汗)
世間話と、こんぴらさんの話をして、お土産を少し買って、むさしさんを紹介してもらいました。
おススメのうどんは?と聞いたところ、何を食べても美味しいと。。。。これは期待大です!!
 笑顔で写真に写ってくれました。
 
イメージ 2
↑てなわけでやってきました、むさしさんです。
琴平町の、琴平駅近くのスーパーマルナカさん隣にあります。
 
イメージ 3
↑ここで食べました、醤油ぶっかけうどんと、おにぎり2個です。
朝10時過ぎに食べたんで、朝飯なのか、昼飯なのか。。。。(笑)
後で気付かされるんですが、一杯でも多くうどんを一日で食べるためには、
うどんの食べ歩きをしている時、おにぎりは控えめにしないと、後で胃に来ると。。。。(汗)
 
コシのある美味しいうどんでした。薬味は好みに応じて入れます。
後でわかったのですが、むさしさんの一番人気はカレーうどんだそうです。
分かった時には手遅れでしたが。。。。。。。(笑)
 
 
お店の端ではガラス張りのブースで、このお店のおとうちゃんが一生懸命、麺を伸ばしてました。
 
 
さときゅう
 
 

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ