Entries

アリ伝説

イメージ 1

モハメドアリではありません。

猪木と戦ったモハメドアリでは。。。

わけのわからん出だしになりましたが、某薬屋さんで発見しました、学研の科学でさえ踏み込まなかったであろう、アリ伝説です!!

いつものごとく図々しいわたくしめは、撮影だけして買わなかったんすが、これまた780円のわりにはすっごいキットなのです。


内蔵されているプラスチックケース内においてジェル状の透明な人工砂?を作ります。

そして、地元からスカウトした優秀なアリ(笑)をケース内に下宿させます。


もちろん、モハメドアリではありませんです。(くどい!!)

すると、おやびっくり!アリが巣をつくりだすではありませんか!!


透明なんで巣のなかの生活もバッチリ!

しかも、なぜだかワカランのですが、伝説にもふた通りあるらしく、780円の伝説と、980の伝説があるようです。

どっちが猪木でどっちがアリ。。。。(自分で言ってて辛くなったからやめます。。汗)

自由研究用でしょうか(笑)

いや~、人間に生まれてきてよかったっす(涙)
スポンサーサイト



台湾料理金香源(福井市消防署向かい)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

おはようございます。



今回は、福井にある台湾料理の店、金香源さんです。



今回は、掘り出し物です!!
隠れ名店でしょうか!



写真を見る限りでは、
看板は手書き、店内も年季が入っていて古い感じですが。。。


入り辛そうな第一印象とは裏腹に、昼ともあれば店内は活況に満ち溢れております!


また、¥ランチの安さと味は筋金入りではないかと思います。
(夜の部は、本格台湾料理となるようです)



台湾出身のご夫妻が昼のお店の切り盛りをやってます。



面白いのがランチセットなのですが、
4種類のラーメンから1つ+4種類のご飯類から1つ+サラダ+揚げ物一品で、
650円!!!



本場だけに安い!!!!



写真は個人的に一番気に入っている組み合わせでして、
台湾ラーメン+中華飯+サラダ+揚げ物一品です!



このお店は、大アタリです!!
福井にこることがありましたら、是非!!



*写真でかすぎてスミマセン。。。。

龍馬伝こぼれ話①

イメージ 4
こんばんわ。
 
2日あけましての貧乏入門の更新と相成ります。
 
龍馬伝。面白くなってきました。
山内容堂ムカつきますね~。
後藤象二郎はったおしたくなりますね~。
っていうような展開となってまいりましたが、
今回は、あくまで自分の知っている限りの事ですが、
ドラマ龍馬伝と、実際の坂本龍馬の行動との違いをネタにしてゆきます。
 
 
あくまで龍馬伝はドラマです(笑)
面白くするためにふんだんにスパイスが効いております(笑)
 
 
話変わって、三国志の世界でも、
三国志演義と、三国志正史が存在します。
演技はフィクションで、正史はノンフィクションです。
 
 
というわけでして、
ノンフィクション版龍馬伝と参りましょうか!!
ただ、ドラマの先の展開は暴露できませんので、
今回は、第一弾です。
 
 
マニアックではありますが、
お楽しみください!!!
 
 
この記事を読めば龍馬伝が2倍楽しくなりますよー!!!(たぶん。。。。。。)
ではでは、本題に参りたいと思います。
 
 
 
① おりょうの妹奪回について。。。。。
 
龍馬伝では、おりょうと龍馬が初めて出会う旅館にて、
おりょうは妹がヤクザ者に捕らえられていて、救いに行きたいといって無茶をして、
龍馬に止められて5両をもらい、そのお金で妹が助かるという話しがあったはずです。
 
しかし、その真相は、おりょうが単独で妹を救いに行っており、
龍馬はこの件に関しては助けに入っていない模様です。
 
                 ↓龍馬の妻になる楢崎龍(おりょう、写真)です。
                  のちに寺田屋で龍馬の命を救う大活躍をします。
イメージ 2
 
② 福井藩に1000両の援助を求めに行く龍馬について。。。。
 
龍馬伝では、龍馬が勝海舟の弟子となり、秘書の仕事をしていた折に、
海軍操練所(神戸海軍塾の前身)の資金繰りに困った勝が、
龍馬に対して、福井藩の松平春嶽公を頼り1000両の資金援助を受けて来いという、
極めて難しい仕事を依頼する。
龍馬は早速福井城へ出向き、松平春嶽と横井小南に面会し、
見事海軍操練所の必要性を説いて1000両(今の価格にして2500万円ほど)の援助金を得た
 
しかしその真相は、なんと!!5000両(今の価格にして1億2500万円ほど)の援助を得ています。
 
 
 
                 ↓坂本龍馬の人生最大の師匠こと勝麟太郎(海舟)です。
               勝との出会いがなかったら、亀山社中は存在していなかったでしょう。
イメージ 3
 
③ 山内容堂と松平春嶽の年齢について
 
龍馬伝では、容堂と春嶽は初老の大名みたいな演出になっているが、
実は、大政奉還の1867年時点でのこの両者の年齢は容堂40歳、
春嶽39歳だった。
 
                 ↓松平春嶽(福井藩主、写真)です。
イメージ 1
 
④ 坂本龍馬と岩崎弥太郎の関係について
 
龍馬伝では、話しの全編が岩崎弥太郎の回想と言う形で語られており、
司馬遼太郎の、竜馬がゆくとは話の流れが異なっている。
弥太郎と龍馬は幼なじみであり、互いに助け合いながら成長していくのですが。。
 
しかし、その真相は、史実に初めて龍馬と弥太郎が接見したと確認できるものが、
海援隊結成時の資料であるため、実際に幼少期にこの二人が関わりがあったのかは不明。
 
 
 
とまぁ、こんなところでしょうか。
この記事を見たところで実際とドラマが若干違うにせよ、
楽しんでいただければ、これ幸いであります。
 
 
さときゅう
 
 
 

悪魔城ドラキュラ(1991年、コナミ)

 
イメージ 1
 
 
 
こんばんわ。
 
 
今回も、引き続きましてレトロゲームコーナーと参ります。
 
 
今回は、真打登場と相成りまして、
個人的にはスーパーファミコンで最も好きなアクションゲームの1つ!!
悪魔城ドラキュラです!!!
 
 
このゲームもなのですが、
コナミのこの頃のゲームは音楽が格段にいいです。
名曲リレーといった感じで、
まだプレステが台頭していないこの頃にあって、
まるで映画を見ているような感じがするゲームです。
 
 
ゲームの内容としては、
主人公である外人?シモンベルモンドが、
ドラキュラ伯爵を退治に行くという分かりやすいエピソードなのですが、
その道のりはやたらと長く、
中ボスも、メデューサ、狼男、透明人間、死神、騎士、骸骨騎士等、
西洋色豊かな展開となっており、期待を裏切りません。
 
 
 
また、操作性が極めてよく、
アイテムも自由自在にこなせるため、
1度クリアーした後も、別のやり方で楽しめたりします。
 
 
このゲームは、かなりの衝撃でした。
今やっても新鮮なくらいのゲームです。
 
おススメです!!
 
 
↓個人的に一番好きな、悪魔城内ステージAの音楽です。是非聴いていってくださいね~。
なお、ユーチューブ投稿元のnatsumikado1246様、心より感謝いたします!

貧しき食卓(その57)

おはようございます。
今回は、ご飯がパラッパラです(下の写真をご覧ください。。。。笑)
 
 
イメージ 1
最近は炒飯は中華スープは使うものの、味付けは自前だったのですが、
100円ショップにて(たしか、セリア)気になる商品を見つけたので買いました。
気になる商品。。。ヒガシマルの焼き飯の素を使いました。
(この”ご飯がパッラパラに惹かれまして。。。。。笑)
 
イメージ 2
 
いや~。パラッパラに仕上がりました(笑)
今回も炭水化物ばっかりで、栄養価もパラッパラ、
ついでに胃袋パラッパ。。。。。スミマセン。
 
安く仕上がりまして、全部で120円って所でしょうか。
カップ麺は加ト吉の中華そばなんですが、安いのにノンフライ麺で美味しいので気に入ってます。
アクセントにカットワカメと、生姜を入れて長岡風醤油ラーメンにして食べました。
 
いつもながら炒飯は、貧乏食卓のホームラン王です!!

大野城の主!再び!!

イメージ 1

イメージ 2

越前、大野市を営業中に写したんですが。。
(どでかい写真になってしまって、恐縮です)

あのニャンコ先生に再び会えました。


実は2年前にも会いに行ったのですが、居ました。


初めて会ったのは4年前です。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/40994214.html←その時の記事です。


実はうちの飼っていた忠猫チャッピーと瓜二つでして、
お城にも、名水にも興味はなく、大野に営業に来たら、
必ず、ネコ参拝です(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/43258238.html←うちの亡きチャッピーの泳ぐショットです
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/43345359.html←うちの亡きチャッピーの仏壇襲撃です(笑)


どうやら、痩せてもいないみたいなので、
大野城にくる常連さんから愛されているのでしょう。

来れば必ず、猫の方から近寄ってきます。
じゃれてきて、ちょっとすると座ります。


ストレス稼業に輝く、一瞬の癒しなのです。。。。(笑)


みなさんも、大野城へ行けば、
こちらの招き猫に会えますよ~。。。。


ではでは。




さときゅう

私の事件簿(2000年、中坊公平=集英社新書)

イメージ 1

こんにちは。

いやはや、夏本番みたいな暑さがやって参りました、
本日も、貧乏学入門にお付き合い頂き、まことにありがとうございます。


最近読んだ本なんですが、中坊公平さんの、私の事件簿です。


中坊さんは知る人ぞしる、社会派人情弁護士なのですが、
一連の住専問題の際、相手方に踏み込みすぎてしまい問題となり、
それ以来ひっそりと生活されているそうです。
 
 
御年八十歳近いながらも、元気なご老公なのです。
 


中坊さんが社会に対する鋭い疑問を抱き、
弱者を救うべく鬼へと変貌を遂げたのは恐らくこの本をよむにあたり、
森永ヒ素ミルク事件からだと思います。


言い方が悪いのですが、その頃の日本は、
今の中国みたいに消費者が極めて弱かった、だから企業は隠していた。
中坊さんはそこにメスを入れたことで社会の矛盾に取り組むことが指命と心にしたのかもしれないです。
 
イメージ 2
 
 


以後、豊田商事事件、豊島問題(瀬戸内海の小さな島が産業廃棄物で埋め尽くされた問題)、
住専問題と、一般の弁護士に言わせればお金にならない仕事を、
社会的弱者を守るべき哲学の元、取り組んで行きます。



最後となった住専問題は、中坊さんは、国の税金がからんでいる事案であるが故、
給料はいらないと豪語する凄さ。


ただ、金や給料は貰うべきなのでしょうが、そういう意味ではなく、
中坊さんはあの、社会悪に対する徹底した怒りや憤りの中にも暖かな人間性や人情が形成され、
その背景になにがあるのか、なぜ人は過ちを犯すのかまでもを考えさせてくれた気がするのです。
イメージ 3


中坊さんは、この間ニュース番組の特集に出ていて、
滑舌も極めて良く、まだ働きたいという気持ちが強くありながらも、
人を弁護する立場上今は自分の過ちに向き合わなければならぬのであり、
忍辱の日々であると語っておられた。今は親戚の旅館の監査を細々としているそうです。


しかし、住専問題では、たしかに細かいことから全て中坊さんの指示が必要であったらしく、
メンバーの責任に関してはすべて被った感がある。


しかしながら、これしきのミスで、中坊さんのこれまでの生き方、
そして社会悪に立ち向かうひた向きな視点をぜったいに無にすることはできないと思う次第です。


アメリカなんかは強烈な訴訟社会なのだといいます。
無論すべての弁護士がそうではないのだと思いますが、社会悪云々ではなく、
訴訟でいくら相手から金を勝ち取れるかで弁護士の力量が問われる風潮にあるらしい。
イメージ 4


中坊さんのような芯のある、人間的哲学を持った弁護士が風化されることはあまりにも理不尽であるし、悲しくてならないと思う。

筑紫哲哉さんがガンで闘病中の頃、抗癌剤で髪が抜け落ちてしまったのか、頭にタオルを巻いて夜のニュース番組で中坊さんについて擁護し、熱く力説していたが、ほんとうにカムバックしてほしいものです。


中坊さんの再起を心から応援し、願っております

さときゅう

第199回!もろこし輪太郎大量捕獲

イメージ 1

仕事中ではありますが、定食屋にて、
更新しております貧乏学入門早いもので199回目に突入いたしました。


しょぼいながらもはや5年。ネタは新鮮貧乏暇だらけにございます。


今回は、業務スーパーにてスカウトして参りました、
もろこし輪太郎君、総勢30名にございます!


560円の二割引で、448円でした。一袋当り、
なんと怒濤の15円!これでまたメタボ継続かも。。。。(汗)



しかし、このもろこし輪太郎なんですが、昔はビニール袋に包装されていて、
賞味期限近くになると、なんとなく時化っていた(笑)
それでも一袋20円は安くて魅力だったんすが。。。



今ではアルミ袋に入っているため、賞味期限がきても時化ってないし、
美味しい。なによりも子供の頃となんら味が変わっていなかったことがえかったです。


やおきんとか、菓道とか、松尾製菓って、
今も昔も子供の味方なんだなあ、と感慨深い今日この頃っす。

影の伝説(1986年、タイトー)

 
 
こんばんわ。
またまたの、レトロゲームシリーズと参ります(笑)
 
今回は、papaさんよりリクエストありました、影の伝説です!!
タイトーの初期の代表作です。
ついこの間、影の伝説の続編である、不動明王伝は記事にしました。
その元祖になるゲームです。
 
内容はいたって簡単でして、
さらわれたお姫様を悪者をやっつけながら助けに行くという内容なんですが、
このお姫様、どんくさいといいますか、天然ボケとでもいいましょうか、
助けても助けても、さらわれちゃいます(笑)
 
たしか、全4面のステージをクリアしてボスと対決することを3回繰り返すとエンディングになります。
なのでこのお姫様は、懲りずに3回も連れさらわれちゃってます(笑)
 
難易度は高いようでいて、案外勢いでクリアできたような記憶があります。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 

月風魔伝(1987年、コナミ)

 
 
イメージ 1
 
 
久々の、なつかしレトロゲームのコーナーです!!
 
 
今回は、マニアックですが、
月風魔伝です。
 
 
主人公の風魔を操り、
地獄の中にて旅をして、剣と魔力を高めながら、
ボスの龍骨鬼を倒すまでの壮絶な旅なのですが、
難易度がやたらと高いです。
 
 
そして、やたらと孤独感漂うストーリーです。
 
 
ただ、BGMが物凄くよく、
サウンドの一つ一つが感動的なので、ユーチューブ貼りました。
この頃はグラフィックも、ファミコンとして見ればだいぶよく描き込まれています。
 
 
ただ、当時としてはこのゲームはマイナーで、
しかもテーマが地獄絵巻なため、小学生だった自分には受け入れられず、
クラス仲間でも持っている人はなかなかいなかったため、
初めて知ったのは、超伝説のゲーム!!コナミワイワイワールドでした。
 
 
なつかし~。
ではでは。。。
 
 
 
さときゅう
 
 
 ↓オマケにボス戦でのBGMもありましたが、これまた強烈です!!!

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

月別アーカイブ