Entries

We are (オフコース、1980年作品)

イメージ 1

ブックオフにて、懐かしいオフコースのアルバムを大量発見してしまい、
5枚も買いまくってしまいやした(^O^)


出費6000円ナリです。



ってなわけで、今回の記事は、
オフコースのアルバム、We are です。


このアルバムは、オフコースのメンバーが5人になって、
最大のヒット曲”さよなら”を放ちつつも、収録しなかった強気のアルバムで、
オフコース最大の売り上げを記録しました。


最高傑作は、このアルバムか次作のOVERか、
微妙なところです。


オフコースは、小田和正、鈴木康博がメインで、
後から参加の松尾一彦、大間仁世、清水仁、が加わり5人になったところでブレイクするわけなんすが、このアルバム、松尾さんの”せつなくて”がかなり名曲だったりします。


オフコースは、聴き始めたときが皮肉にも解散の年で、
一時期、初期のアルバムから一通り聴きまくりましたが、
名曲がかなり多く、聴きごたえがあります。


このアルバムなんかだと、全曲くまなく深みがあって、
何度も聴いた記憶があります。


聴いたこと無い方は、ぜひオススメの名盤です。

追伸ですが、オフコースの関連記事はこちらです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9

スポンサーサイト



おわらレコードジャケット

イメージ 1

いや~~~。

もっといいジャケットはなかったものかと、、、。

これじゃまるで狐踊り、、しかも昼間に撮影、
さらに、このアングルって、言い過ぎかもしれないけど、
微妙です。(笑)


もしかしたら、
哀愁漂うおわら風の盆の、
一味違う風景かも。

憲政の神様の、一句

イメージ 1

詰め手無き

将棋指しつつ

勝ち抜くと

うそぶく人の

めでたからずや


今の時代に、政治生命を絶たれることを覚悟して、
政治を語れる政治家はどれだけいるんだろうか。。。。。

と考えさせられる、一句です。

尾崎行雄さん、80過ぎの唄ですが、
彼は翼賛選挙中にも、死を覚悟しての、軍部への反抗はすさまじかったといいます。

選挙妨害をされ、
不敬罪で捕まったこともあり、
非翼賛で立候補。
三国同盟を断じて許さなかった。



戦後民主化していく日本を見届けながら、
昭和29年死去。享年なんと、95才。

鳴かなくなったサル

イメージ 1

一昨年から飼っている(笑)サルです。


お腹にセンサーがあって、音に反応して踊り出しますが、
うちで飼うにあたり、おへそに絆創膏を貼られ、
今では電池を抜かれておりますf^_^;



まるで手塚漫画の、”三ツ目が通る”の写楽状態です(^O^)



近頃、動物と暮らしたい衝動にかられることがたまにありますが、
お得意先のホームセンターペットショップでうろついたりして、
自己満足にひたったりしてます。f^_^;

おふくろさんと、おねえさん

♪空をみあげりゃーーーー。

失礼いたしました。

今回は、芸能ネタです(このブログではじめてかも、、、汗)

今、アッコにおまかせを見ていて、
思ったんすが、

森進一VSその作詞家の川内さんのバトルには、
正直あせりました。

まだ、こんな気骨の持ち主がいたとは。
会いに来たのに門前払い、
”人間失格だ!”とまで言い放っておりました。
プロは違いますな~。

しかし、この歌ばかりは、
森進一の個人的な思いもあるだろうに、
許してやればよいものを~って思ったりもします。



話し変わりまして、、、、。


しかし、叶姉妹、、、、。
3億のダイヤを娘に盗まれたやら何やら、、、。
毎日、そんなアホなニュースが飛び交うほうが、
暗いニュースよりは、平和なのかもしれないけれど。

馬鹿丸出しですよ。
一般人なら、100万盗まれただけで、死活問題だし、
自分なんかは1万円、、、、。

脱線はさておいて、、、、。(汗)


あの作り物と思われる○○○○で一世を風靡した、、、。
って、彼女らが思ってるだけなんですが(笑)
(コメントは差し控えさせていただきます、、、笑)
脳みそ化膿してるんじゃないか(ダジャレか~笑)と思われる、
あの言動とバブル感覚が、ここまで来ると、
お笑いですな~。



どんなに金があったとしても、
家族や身内や友達までも信じれなくなっちゃうような状態なんか、
幸せとは呼べん気がしますョ。

この姉妹よりは、俺のほうが日々充実してるな~。
なんて、いつも、思っちゃたりします。

みないでおくれ(1993年撮影)

イメージ 1

ご覧の通りの写真です(^O^)

食事中の皆様申し訳ないです
いやはや、コメントのしようがありませんですm(__)m


さすがにこの一枚、飼い主の怠慢から、チャッピー先生ご立腹のようです。
しかも、出が悪かったに違いないです
(われながら、なにをいってんだか、、f^_^;)


この後、威嚇されたのは言うまでもありません。

ちんどん屋(昭和21年撮影)

イメージ 1

昔は広告手段や、商圏の狭さなどがあいかさなり、チンドン屋さんが広告部長だったみたいです。

現在、広告部長のYahoo!さんは、いまだにブログが重いまんま。なんとかならないもんじゃろか~~


余談ですが、富山は日本一(たぶん、笑)のチンドン屋の都です。
春のチンドンコンクールは、チンドン屋さんのオリンピックとまでいわれております。

ハケンの品格を見て

今日初めて見たんすが、
素直にカッコイイと思っちゃったのが、
篠原涼子扮する主人公。
(個人的には加藤あいのほうがいいんすが、、、って、脱線はさておいて。)


自分自身、派遣を5年間やってたんで、
派遣のしがらみは120ぶんにわかっているつもりなんですが、
当の派遣の皆さんが見たら、
”待ってました!!”
ってなことになるドラマかもしれんです。


たしかに、給料は抑えられていても、
やる気が沸いてきて、熱中することがあっても普通だし、
かといって、社員にならない人もいちゃったりするような社会が、
今の社会だったりします。


正社員じゃなくてはならないというのは、
世間体のようなもので、
いかにして働くかが大事なのでは、、、、と考える人がいても、
おかしくないという時代なのかもしれないです。
(こればかしは、自分の意見ではないですが、)



しかーーーーし!!
このドラマでは語られていない事実もあったりします。


工場なんかの単純作業で、
残業するほど給料が増えるところもあったりします。
残業を意味もなくながーーーくして、給料だけたんまりもらっているような人や、
夜勤中抜け出したり、メールばっかししている人もいたりするのも、
派遣社員の危うさだったりします。
そんな人を何人か見てきました。(どこの世界にもおりますが、度を越えてた人も、、、)
(自分の現場はみーーんな給料安かったですが。)


なのですが、ほとんどは労働条件は悪いです。


改善提案なんか、派遣が出したものはろくにハンコも押してなかったし、
避難訓練なんか、派遣抜きだったし、
意見したところで、すぐ却下されるし、
同じ釜の飯食べているにしては、なんだか寂しい仕打ちは多いです。


しかし、これは社員が、派遣より劣っていては、会社の体面が保てないという、
会社側の立場が関係しており、やはり、
腰をすえて働くとなると、社員になるのが一番良いということになるのが、
悲しいかな、この国の流れのようです。


それがゆえ、それにあえて背を向けている篠原涼子に、
エールを送りたいっていう視聴者も多いのかもしれんです。


そんなわけで、このドラマ、
雇用体制が複雑なことから生じる、さまざまなトラブルを、
ドラマチックに描いていて、目が離せないです。
(と、言いつつも、忙しくて見れないかも。)

皆様ご苦労様でした(昭和23年撮影)

イメージ 1

皆様ご苦労様でした、、、って、、。

やりたくて苦労してるわけじゃないに決まってることでしょう。

この写真を見る限り、つかの間かも知れぬとはいえ、
今は平和となり生活が良くなったことはまぎれもない事実なのですが、、、、。


この写真を見ると、今現在の、アジアの某国とダブるのは自分だけでしょうか?

象のパレード(昭和25年撮影)

イメージ 1

戦後間もなくは、象がヒーローだった時期があったんだとか。


個人的には、この時代の象を見ると、
実話を基にした童話
”かわいそうな象”
を思い出してやるせなくなります。


一説によると、いまや象も数が減り、
危険な状態なんだとか。


温暖化憎しです。

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

月別アーカイブ