Entries

いたずら遊び(1890年撮影)

イメージ 1

凱旋とあるため、これは日清戦争のことかもしれませんが、微妙に時代がずれております。

不安定な世界情勢など知るよしもなく、楽しそうに遊んでおります。


しかし、今の日本の普段着って、特徴ないな~。なんて考えちゃいます。

スポンサーサイト



この紋所が、、、、

イメージ 1

政治家が年をとり、晩年になって私財をためこんで睨みを効かすのが
定例になってしまった日本の政治だからこそ、、、

こんな生き方に転じたらヒーローになり得るものではないのかな、
っていう人のモデルなのがこのお方。


各地を遊び半分に旅して回り、
有難迷惑の一歩手前まで人と関わり話しを聞いてやり、
弱気を助け、強きをくじく。



最高です。


宝くじで一等でも当てたら、こんな生き方あこがれますなぁ。

そもそも、印籠見ただけで見た者が土下座するなんて、
そんな道具は今の世にはないので、

江戸時代おそるべしです。

第四十五回!!100円パソコンゲーム。

イメージ 1

真夜中に更新いたします(笑)
仕事があまりにも忙しく、更新滑り込みセーフかと思いきや、
火曜日更新となりました。


今回は、100円ゲームについてなんですが、
これがまた、侮れません。


写真の”ピピル”(下痢してるみたいですが、、、笑)
なんかは、100円ゲームの中でも、かなりの名作なんじゃないかと、、、。
思ったりしてます。


内容は、ハンターの主人公が敵を倒していくんですが、
操作性がこれまた良く、テクニックを要したりする、凝り様。
ボスとの対戦も白熱します。

ただ、面数が凄く少ないです(笑)

だまされたと思って、”ピピル”にチャレンジしてみては
いかがでしょうか?

トラック野郎(30年程前?)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

これはオススメです。

子供の頃から、テレビで何回か見ていてハマり、たまたまレンタル屋でかりてきたんすが。

今の放送コードでは間違いなく言えない死語と、トークが笑いを誘います


ワンパターンであるにもかかわらず、マドンナは古びれず、物凄く美人だったりします。(とはいえ、今や初老のお方も)

案外、バカ丸出しの桃太郎(菅原文太)より、
ジョナサン(愛川欽也)のほうが笑えたりします。

歌がまた豪快で、、。

今度また紹介致します(笑)

易者(1900年撮影)

イメージ 1

今も昔もかわらぬ、易者です。

困ったときの運頼みでしょうか。

いまじゃあ、占い師が電波を通じてお茶の間に人生説教する時代だからたまりません。(汗)

第四十四回 夕張

イメージ 1

イメージ 2

こんばんわ。

寒さの強めな勤労感謝の日ですが、、、、。
感謝できない勤労もあるようです。


以前、夕張を旅したときの記事を書きましたが、
通りすがりの旅行者の自分は、
ただ”楽しかったな良かったなー”
と思っていたこの街が、
ここまで傾いていた事を知らないでいました。


箱物が多くて、人が妙に少なかったのは実感していたのですが、
箱物は民間団体の経営だと思ってたから、
こんな事とはつゆ知らずでした。



民間は、失敗すれば屋台骨が揺らぎ、飯が食えなくなる。
自治体は、国にすがれば何とかしてくれる、
潰れる筈はないし、何とかなるだろうという怠慢と、
合理性と計画性を欠いた立案がまかり通ってしまう
借金(地方交付税交付金)制度を垂れ流しにした
国の怠慢も重なり、役人は感覚が麻痺し、夢に酔ったわけでしょう。


こういう言い方はしたくないのですが、
サラリーマンは、出世のためには提案や、無理をしなくちゃいけないが、
役人は、出世のためには何も言わないのが一番良く、
イエスマンこそが階段を上がっちゃう。


上が愚かな事をしたとき、
誰も諌めない、、、、、。


これは、夕張に限った事ではなく、
家族、仲間、師弟、企業、団体、組織も同様に。

全てを崩す近道だという事を、
遂に自治体がやってしまったわけです。

上の人間が下の人間を管理するとき、
上の人間が優れていない場合、
それに対して意見できる人間がいないときは、
明らかに崩壊に歩みだすわけです。

これは、良い種を撒かないから悪い芽が伸びて、
それを刈り取る者がいないから畑が死んでしまうのに似ていて、
人間関係や、コミュニケーションのない現場ならどこにでも起こりうるものであります。


かなり回りくどくなりましたが、
これは、歴史が証明しとるわけです。


それは近くの、外交的に孤立した国にも当てはまる事です。

あえて、弁護するとすれば、
夕張は、一時期、十万人近くの人が住んでいた炭鉱都市であり、
多くの炭鉱労働者が生活していました。
ところが、前回の記事に書いた五島列島、端島(レトロの書庫にあります)の如く、
炭鉱は衰退、街から若者は職を求めて流出し、基幹産業がなくなったわけです。

旅をしたから分かるのですが、
これは夕張だけではなく、歌志内、赤平、芦別、三笠、美唄もそうなのです。

夕張の行政担当者はきっと、観光で立ち直らせようと奮起したのでしょう。
しかし、ここが役所のあさはかさ。
採算なんてものは何とでもなるだろうという、、、、バブルに似た
機運が立ち込めたに違いないです。

しかし、
夕張炭鉱村は、絶対残すべき歴史的観光地です。
あれがなくなることは、夕張の街をつくった人の歴史を葬ることになってしまうので、、、。


それにしても、夕張市民が泥をかぶるなんて、
余りにも不条理ではないだろうか、、、。
企業なら、最後は社長が腹を切るわけです(言い方が悪いですが、、、)
なぜ、一般市民が腹をくくらねばならぬのか!


きっと、夕張は氷山の一角に違いないです。



             さときゅう

浮輪を持った水着美人(1905年撮影)

イメージ 1

100年前の、水着の女性です。

明治時代の女性の写真は、たいていが和服スタイルなんで、これは珍しい写真です。

ただ、機嫌悪そうなのがちょいと気になりますが(笑)

神戸の大仏(1890年頃撮影)

イメージ 1

いやはや、ダイエット中の大仏様です。

しかもお顔がちと、辛そう。

腹が減っているのかも知れません。

ガケップチ犬(徳島市にて、六日間飲まず食わず)

イメージ 1

今日は久々に休みだったため、テレビをみていたんすが、なんと!崖崩れ防止用の窪みブロックに野良ワンチャンが六日間閉じ込められております。(写真)

しかし、なんでまた、こんなところに。

幸い、救出劇の末、助かりました。痩せてヘロヘロでした。


えかったえかった。


久々に、憂鬱にならないニュースを見たような気がしたです。


いい人間も沢山おるものよと、ワンコも実感してるんでは。ただ、野良なんで貰い手も気になるとこです。

桜島大根と子供(1930年頃、鹿児島県にて)

イメージ 1

大根ネタが連続しております(笑)
この写真を撮ったカメラマンさん、狙いましたな~。
これは失礼でございやした。

75年前にしては、ごく自然なカラー写真です。

でも、いい笑顔です。
(いや、眩しかっただけかも、、、笑)

しかし、桜島大根。
巨大なカブにしか見えないような気も、少々。

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ