Entries

第999回!!孤独のグルメ(その5)宝来食堂=青森県八戸市



イメージ 1


毎度お馴染み流浪のブログ貧乏学入門へお越しくださいまして、
誠に、誠にありがとうございます!!

ヤフーブログ最後の日になっちゃいましたが、
勝手ながら炉に火を点しつつ・・・・やります(笑)


そんなこんなではありますが、
孤独のグルメのコーナーです


インターネットの情報を見てはじめって知った大衆食堂なのですが、
青森県八戸市にある、
宝来食堂(ほうらい)に参上いたしました。


本当は昨日更新しようと思っていた記事なのですが、
天空の城ラピュタに阻まれましてございます(笑)


ラピュタはあの曲がいいですな~。
40秒で支度しな!・・・・って感じなんすが
(どんな感じなんだよ、って言われそうなんすが)


最後まで、脱線しやがってこのブログは・・・


本線に戻します。


世間一般ではお仕事の日。
平日旅ののんびり感がたまりません。


そんなまだまだ暑さも弱い5月の平日の、閑散とした町並みに、
第二の故郷みたいな街、
青森県八戸市に上陸と相成りました。


たま~に無性に行きたくなる街が八戸です。
今回は、大恩人(下宿のおばさんなんすが)の、
健康に支障が生じたことによるお見舞いと、
そこに便乗しつつも、恩師へ近況報告(我が身の変化ないんすが)、
さらには後輩と呑んだくれるといった旅で、
束の間の再会に感動し、ホロリとしつつも、
ストレートには八戸へ行かず、いろんな街を経由したりしてました。
(経由した街の記事などは、新ブログにてご報告いたします)


そんなこんなで八戸には2泊しました。


イメージ 22
イメージ 23

















一泊朝食バイキング付き4000円で、
なんとお釣りが来ちゃう安宿なのに、ご飯は豪華!
これはすごい!

具だくさんの八戸煎餅汁に、林檎ジュース、
ねぶた漬け(松前漬けに似たような感じ?)に、
地産地消の小鉢諸々・・・・。


けれども、今記事のメインはここではありません(笑)

イメージ 24


具も多く、素朴な具材と染みた味わいで、
すごく美味かったです。

煎餅汁に入っている南部せんべいは、
半生っぽい状態で食べるのが美味しく、
時間が経ち過ぎちゃうと、
味噌汁の麸を少し固くしたみたいになっちゃうそうです。

置かれていた観光冊子には、
アルデンテがいいって書いてあったんすが、
ちとマニアックで分からなんだです(笑)


イメージ 25


宿での夜中の酒は、
ジンジャーハイボールに、
地元B級グルメのお好みフライ!
なんと!お好み焼きをフライにして揚げてしまっている一品!

酒のアテには程よかったです。


イメージ 26


二日目の朝食。
ここの宿(スマイルホテル八戸)は、
設備等など古目だけど、
大浴場もあったし、製氷機もあって至れり尽せり!
立地がめちゃくちゃ良かったです


イメージ 27

それどころか、
先生のお宅でも一飯の恩義にあずかりました。
これは、精進せねば・・・精進せねばなりませぬ。

おいしゅうございました~(涙)

イメージ 5

本八戸駅シーガルタウン・・・。
20年たっても、あんまり変わってないような感が・・・。

イメージ 6


最初、駅の弁当を出してるのかと思ったら・・・・
観光ガイドさんの紹介の模様

イメージ 2

三陸沿岸最大の都市、八戸
街中は少し寂しい感じがしつつも、新しい吹き抜けの観光施設があったりと、
街も静かに動いておりました

イメージ 3

風物詩でもある、えんぶりを演じる少年の像

イメージ 4

念のためではありますが、八戸市はこんな感じの街です↓
↑7年前に書いた記事からです

イメージ 7

今では、街中にも朝市のブースが多々見られています。
おそらく、舘鼻漁港の感動朝市(まだ見たことがないんですが)
の影響から、朝市の復活が各所で見られているようです。


八戸は中心街の名称に○○日町・・・などという名称が多く、
最中心街は十三日町。
これらの名称は、その月の市の立つ日を意味してるそうです。


ではでは、
そろそろ宝来食堂へと向かいます~・・・。


イメージ 8

宿から歩き出すこと数分、
外国人の団体さん発見!手にお土産を抱えてました。
どこの国からなんだろう・・・・。


イメージ 20


なんと風変わりな自販機。
(パッと見分かり辛いです。拡大してご覧ください!!)
盛岡でも見かけたんですが、
どうやら、ジュースを購入する際に、
お釣りの一部を観光資源として寄付できるらしく、
そんな事情もあってか、装飾が八戸一色になっておりました。

イメージ 21

さすらいのウミネコ

イメージ 9

街散歩途中で見つけた、深夜食堂の看板。
なんだかすごく気になりました

イメージ 10

時代を感じさせる消防施設。
ただならぬレトロ感が・・・・。

イメージ 12

到着いたしました!
場所はちょっとだけ街から外れた静かな住宅地。


場所は八戸市廿六日町
(にじゅうろくにちまち・・・と読みます)

渋く存在感をたたえております。

イメージ 11

電灯は傾いておりますが、灯ります。
店内の新聞記事で読んだんですが、
店主である女将さんは、安い価格を維持したいから、
店の改装や装飾にはこだわらない事が、こだわり!

これで風雪凌げるだろうか・・・
究極のDIY・・・ガムテープでの補強です。

イメージ 13

店内です。
入るなりおばちゃんに、
旅の記念に写真を撮ってもいいでしょうか?
と聞いたところ、笑顔で快諾!
どこから来たの~?と、会話のきっかけも作れて嬉しい流れに。

金沢からだと来たんですよ伝えると、
神奈川からか~それだったら新幹線ですぐだね~と、
若干の脱線も何のその(笑)


イメージ 14

これが、
宝来食堂の、伝説の献立表です!!

一番高いメニューが500円のカツカレー!

散財しようにも価格が素晴らしすぎて、
千円いかないこの凄さ!


ちなみに時価の定食はこの日350円で、
カウンター上に上がっている日替わりおかずから、
数品選べるという内容。
ボリュームも良く、横の席にいたおばちゃんが食べてました。

個人の大衆食堂なのに、
中華そば200円!カツ丼400円で、
しかも税込価格!!
港八戸の魂のこもった一店です


早速、中華そばにカツ丼を発注!!


イメージ 15

店内に貼られていた、東奥日報(津軽地方の第一紙)の記事から。
なんとも素晴らしい記事です
女将さんの慈愛の念がひしひしと感じられます。

ちょっと天然パーマを効かせたって感じの
肝っ玉かあちゃん風な女将さん。
そして、少しシャイな感じの店員さんお一人の、
計お二人できりもり。
女将さんがこれまた気さくなお方で、調理しながら客と話される。

一見さんの俺にまで、
いろいろと話ししてくれて、ほんと嬉しかったです。

それどころか、
その会話を聞いていた横のお客さんまで会話に参入!

昔と今って言ったて、全然変わらないでしょーとか、
これから階上に帰るから美保野まで乗っけてってやろうか~とか、
(丁寧にお断りしたんすが・・・笑)
なんか、どういうわけなんだか、運が良かったのかなんだか、
常連気分だったです。

イメージ 16


そんなこんなで両雄が鎮座!!

中華そばは飴色で、ほんと懐かしさたっぷりの煮干と鶏がら味。
スープも全部いけちゃうあっさり味で、
胡椒を引き立てる旨い味!!

カツ丼は優しい味付けで、
卵も玉ねぎも具沢山。しっとりとした田舎風カツ丼!


至極の味でございます。


イメージ 17

お客さんの年代層はちと高めなんすが、
若い客が来たかと思えば旅の客。
(口コミでも有名になってるのかもしれません)

基本、混み出したら相席となってて、
常連さんが決まって接客をしてしまうという凄さ。

おそらく、女将さんを気遣ってる感じで、
このチームワークというか、信頼関係がすごい。

お冷は水道水です。
なにもかもが・・・・うまい!!(笑)

イメージ 18

ごちそうさまでした~!!

イメージ 19


また、八戸へゆく日が来たら、
絶対に行きます!!

女将さん、それでは体に気をつけて・・・。


*ユーチューブ投稿元の青森県広報広聴課 様に心から感謝致します


*ユーチューブ投稿元のたんどぅTV 様に心から感謝致します


*ユーチューブ投稿元の   afbchina 様に心から感謝致します




スポンサーサイト



第989回!!孤独のグルメ(その4)八星本店


イメージ 1


孤独のグルメのコーナーです。

え?そんな書庫あったの??
って思われそうなんですが、
実は4年間更新してなかったです・・・・(汗)


次回は岐阜からお送りします・・・で止まっていたのですが、
悲しいかな、
予定にしていた岐阜柳ケ瀬にあるラーメン屋さんは、
すでにけっこう前に廃業(休業?)されており、更新できず、
変わって、金沢からお送りいたします



場所は某パチンコ屋
パチンコ屋に併設されているラーメン屋さんというのが、
これまた侮れないです。

新潟でも、
固定ファンが多くて有名なおもだかや竹尾店とかなんか、
かなりの昔からパチンコ屋の駐車場に併設だけど、
老舗の部類だし・・・。

ヤチンが安いんだろうか?


ちょっと話がそれちゃいましたが。


そんなこんなで、八星(やつぼし)本店にやってまいりました。
(たしか、内灘に支店があります)


イメージ 2

ここのパチンコ屋では打ったことがないんですが、
かなりの規模で、コンビニまでもが併設されてます。

昔、ルネス金沢という娯楽スパ施設があったところの跡地。


ここ八星は、
本格的な博多ラーメンを追求されているお店。

個人的に、金沢にある九州ラーメンでは、
ここの他にげたやとがんばる軒も好きなんですが、
げたやはとんこつラーメンをメニューから撤収、
ここにはたまに来て食べてます。


イメージ 3


今回は、
もはや、数年前から手放せなくなってしまったワンコインランチの神器!!
500円ランチが堪能できる金沢ランチファンを使って、
ラーメンの他に、
さらに大盛り、ライスも付けて、しめて700円也!

たまたまだったのかもしれないんすが、
お冷をジョッキにて持ってこられたのにはびっくり

程よいコッテリ感が美味しい一杯です!


孤独のグルメ・・・・
次回は怒涛の展開で、
青森県八戸市からお送りいたします!!



ではでは~働いてまいります


第663回!!孤独のグルメ(その3)日本海食堂②=富山県富山市水橋



イメージ 1


孤独のグルメのコーナーです。


前回(とはいえもう、1か月以上空けてしまったのですが・・)に引き続きまして、
富山県富山市水橋にある、レトロすぎるお店、
日本海食堂さんからです。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/65038988.html  ←前回のレポート(前編)です。


今回は後編とまいりまして、店の内部に迫りつつ、かつ実食と参ります!!

間を空けすぎてしまい、スミマセン(笑)


イメージ 2


いよいよ核心の、店内潜入とありなります。


イメージ 3


店内の全景です。
もう、昭和へタイムスリップしたかの店内。
店内で食事したお客であれば、店内は自由に散策OKとの事で、
ヘタなレトロ資料館よりも迫力があるばかりでなく、入館しやすいいい環境。
おもしろい店内です。



イメージ 4
イメージ 5























大橋巨泉と三船敏郎。
ジャンル違えど味のあるパネル。


イメージ 6


かつてカウンターだったのか、厨房もあるのですが、
そこまでもがレトロ収集品の置き場になってしまってました。

まさかこの食堂、展示替えとかもやってるのだろうか?
だとしたら、ある意味美術館(笑)


イメージ 7
イメージ 8


























大橋巨泉がいざなうお手洗いの前に立ちはだかるは、
謎の異国の美女。そしてあやしい子供が一人。

店舗横の渡り廊下は、なんだか古い地下商店街っぽい佇まい。


イメージ 9


あまりにも無造作に置かれ過ぎていて、
もう、なにがなんだかわからずじまいって感じなんですが、面白い。
おもちゃのカンズメのレトロバージョンってか?



イメージ 10
イメージ 11
























右の神棚のでかい事。
パネルの美女は誰なんだろうか?
大原麗子のポスターがこれまた秀逸。

なぜかその下がコント55号。


イメージ 12



ゴルゴ13=高倉健ってあるこのポスターと、
髪の生えている松山千春が違和感を醸し出す異空間(笑)

棚にはどういうわけだか新幹線。



イメージ 13
イメージ 14
























この手の自動販売機は絶滅危惧種なのでしょう。
三原順子の乗っているこの自転車。
この手の変速チャリが欲しくて親にねだるも却下されたあの日が懐かしや・・・。


イメージ 15


ってなわけでして、いよいよ実食です!!
やっとのことで本題ですが、食堂としての日本海食堂を紹介いたします。


上の黒板には、この日のおすすめメニューが書かれてるんですが、
そこはさすがは富山の食堂。
ほたるいかが堂々のランクインです。


イメージ 16


メニューです。
全体的に普通の食堂らしいメニューです。


イメージ 17

こんな感じでガラスケースがあり、
様々なおかずが置かれているため、定食屋みたく、
好きなおかずを選択して、思い思いのオリジナル定食を組み合わせることも可能です。

イメージ 18


さすがは個性丸出しの食堂なだけあって、
いろいろなジャンルの著名人のサインがズラリ。


イメージ 20


ゆるすぎる感満載の手書きメニュー。


イメージ 19

メニューの裏には味のある写真が・・・。


イメージ 21

そんなこんなで食事しました。
渋く、焼き飯の大盛り(750円)を発注しました。
味は家庭的な味で、どこにでもあるような地味な味でしたが、この雰囲気で食べるのは格別。
持って来てくれたおばあちゃんがこれまたいい味出してて、
ブログに乗せていいですか・・・の問いに、
ブログそのものがなんなんだかわかっていないご様子。


店内も、自由に見て回って、
撮影もしていいよーとありがたいお言葉でした。

イメージ 22


そんなこんなで富山市水橋を後にしました。


次回は、
またいつになるかは気まぐれでございますが、
岐阜県岐阜市柳ケ瀬からお送りする予定でございます!!



ではでは~。


第644回!!孤独のグルメ(その2)日本海食堂①=富山県富山市水橋

イメージ 11



孤独のグルメのコーナーです。


第2回になりました当書庫、
はじまったばかりではございますが、今後とも何卒宜しくお願いいたします~。


てなわけですが、勝手ながら今回のお店は記事一つではお伝えしきれないもので、
今回から数回にわたってお送りいたします。


富山県富山市の水橋にある超レトロな絶滅危惧種級の食堂こと、
その名も日本海食堂をお送りしたいと思います。
(2年前に富山へ行った時の写真です)


とかなんとか言いつつも、最初の写真が南富山とはこれいかに・・・・・(笑)


いまはこんな(↑)感じのバリアフリー型低床のシャレた路面電車が走ってますが、
あの頃は渋いチンチン電車ばかりが走ってました。


イメージ 10



南富山は懐かしの町です。
もう17年も前になっちゃうのですが、新卒で最初の会社で、
初めて赴任した営業所が南富山にあって、
当時マイカーを持っていなかったため、スクーターで通ってました。



社会人的には、あの頃はほんといい事が無くて凹んでたけど、
皮肉な事に、何回か転職したことで旅する楽しさを、
合間合間に会得してしまった次第です(笑)



あの頃はまだ富山市の最中心部が総曲輪(そうがわ)ではなくて、
かろうじて西町(にしちょう)だったんですが、
長崎屋が潰れ、中央通り商店街がシャッター街になって、
ユニーに西武までもが撤退。大和富山店の老朽化移築による閉店がトドメで、
今となってはもう完全に総曲輪なんでしょう。


イメージ 12


南富山の中古レコード店サウスストリート。
ここに行くと、他では買えなかった古いアーティストのCDとかが買えたんで、
ヘヴィーな常連だったんですが。
最近では、富山へいったついでにしか行けなくなっちゃって、久方振りでした。


イメージ 13


2年前に行ったら、まさかの坂本龍馬が・・・。
けれど、自分の思い出の中ではここはラーメン屋。
仕事が終わると、近かったからここでよくラーメンを食べたもんですが、
ついに力尽きたのだろうか・・・・。
いや、別の土地で成功を収めていることを祈るばかりであります。


イメージ 14



話しがついつい脱線してしまいましたが、本題の水橋へ向かわなくては・・・・!!
向かう途中で見た、立山連峰です。
そんなこんなで日本海食堂とうちゃこーです。



イメージ 15



急に渋く、レトロになってまいりましたが、
これが日本海食堂の看板です。


実はこの食堂を知ったのは、
石川テレビのローカル番組、土曜はドキドキで強力取材されてて、
それを見て目に飛び込んできたあまりにも強すぎる個性と、
店内の面白さに度肝を抜かれたからです。


イメージ 16


おそらく、ここのマスターのコレクションだと思われるので、
広告主は、きっと貼られ得に違いありません(笑)


あまりにも撮影した写真数が多いので、
今回は、店に入店するまでの外観編と参ります!!

イメージ 17



店の周りを取り囲むレトロカーの数々。
並べ方が適当なのがこれまたいい味出しております。



イメージ 1
イメージ 2
























おふくろの味…日本海。
もしかしたら、レトロ博物館と化する前の日本海食堂の看板なのかも?


危ないと警告する看板の前方の、野ざらしにされた馬の遊具に、
どう言ったらいいかよく分かんないけど、哀愁を感じます。


イメージ 3


サントリーオールド。

んなもん高嶺の花でござんすよ。
我が貧乏厨房はハイボールならブラックニッカで充分!


イメージ 4


パトカーが仮免練習中とはこれいかに。

イメージ 5


店の建造物の渋さから見るに、築から相当経ってると思われます。
水橋の街中からは少し離れてはいるけれど、この地の老舗なんだと思います。


イメージ 6


横から見た全景です。
サントリーオールドの看板から一直線に店内で、
奥の2階建ては倉庫じゃないかと思われます。


店内は次回記事にする予定ですが、
見た感じ伝わりにくいものの、奥行きがかなりあります。



イメージ 7
イメージ 8


























だれが飛び出してくるんだろうか・・・・。
お店の従業員さんとか?


しかし、どれが現在使ってるもので、
どれが展示用なのか現役なのかがわからない感じもするんですが、
このスクーターのこの感じは好きです。


昔乗ってたVinoを思い出してしまった(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/35990418.html  ←なんとなく似てませんか?


イメージ 9


笑顔で元気で!!
と言っているこの子の元気がイマイチだ(笑)


そんなこんなな日本海食堂(前編)でした。
次回も富山県富山市水橋にある、日本海食堂からお送りいたします。
(次回は、いよいよ店内潜入編です!!)
グルメの記事とは言いながら、
ごはんにたどり着く前の小休止すみませんでした。


次回も宜しくお願い致します~。



ではでは~。



さときゅう


第637回!!孤独のグルメ(その1)ラーメンショップ=全国各地



イメージ 1

時間や社会にとらわれず
幸福に空腹を満たす時



イメージ 15

束の間
自分勝手になり、自由になる


イメージ 4


誰にも邪魔されず
気を遣わずにものを食べるという孤高の行為



イメージ 5
イメージ 6




















この行為こそが
現代人に平等に与えられた


イメージ 9


最高の癒しと言えるのである・・・・


イメージ 7


毎度お馴染み流浪のブログ
貧乏学入門へお越しくださいまして、誠にありがとうございます。


本日は某テレ東系ドラマの出だしを丸ごとコピーしてしまい、
誠に申し訳ないスタートではありますが、
重ね重ね申し上げております。当ブログは非営利ブログでございます。
気に入ったものはどんどん取り入れさせてもらいます!!


と、しょぼい出だしになってしまいましたが、
おかげさまをもちまして2000更新目となりました!!
誠にありがとうございます。


というわけでしていつもの如く、誠に、誠に勝手ながら、
新書庫を立ち上げさせていただきます。


孤独のグルメという書庫です。
読んで字の如くなのですが、
ゆる~く井の頭五郎調の外食書庫にしたいと思っております。
原作ドラマとは全く関係なく、
これまでいろいろな旅や食べ歩いた場所なんかを備忘録として綴ります。

ゆるい中にもここだ!というような店も登場するかと思います。
飽きの来ない書庫を目指してまいります。
何卒宜しくお願い致します。


イメージ 2
イメージ 3























で、勝手ながら記念すべき第1回はラーメンショップです。
一番行った回数が多い、新潟県上越市のラーメンショップ大潟店です。


ちなみになりますが、上の写真は大潟の町を散歩した時に撮ったものです。
まだ寒い時期だったので、華は越後の雪椿。
狛犬も、欄間調の彫刻も、なぜか佇む石橋も、味のある神社があったんで撮りました。
一番上に写っている駅は、潟町駅。北越北線の分岐点となる駅です。



イメージ 8


てなわけでして、
いままで何回更新したであろうかっていう感じのラーショなんですが、
今回は本格的に写真を貼ります(笑)


ラーショは思い出のある店です。
八戸にいた頃もよく徹夜明けに(!)階上(はしかみ)のラーショで食べたもんですが、
おもしろいもんで、あの化学調味料がいかにもたくさん入ったようなあの味が、
今でもたまらなく好きなのです。


好きなものをなぜ好きなのか理由付けするのは難しいもので、
理由が簡単に言えるものっていうのは、たいしたものではないのかもしれません。
いままでの思い出みたいなもんを思い出させる味なのかもわかりません。



イメージ 10

しかしそのラーメンショップなんですが、
北陸3県下では唯一あった富山の店舗が淘汰され消滅。
日本海側では山口県にもあるらしいんですが、北の限界はどうやら上越2店舗のようです。


ただ、新潟県下ではラーメンショップはお馴染みで、
新潟、巻、白根、長岡とかにもあったように記憶してるんですが・・・・いかんせん立地が微妙(汗)
旧新潟市の店舗が東港だとか、巻の店舗はすぐ閉まるとか、
いろんな意味で、大潟店しか立ち寄れないって感じです。

イメージ 11

外観はこんな感じです。
この店は開店当初は食券機もレジも無く、
なんとザルにお金を入れての商売をしてました。

立地が良く国道8号沿いです。

イメージ 12


特盛4玉。
実はコレ、八戸で食べた事があるんすが・・・・・食い疲れするような量です。
今じゃ大盛りでも腹いっぱい。ちょっと食いすぎたかなって感じる。


イメージ 13

↑このラーメンは、偶然平日休みが取れて新潟へ帰る途中、
運良くサービスデーだった時のサービスラーメンだった、七味ラーメンです。
なんとラーメンとミニライスで350円!!泣ける安さではあるものの大盛りは不可との事。

イメージ 14


これは別の日に食べたネギ味噌ラーメンの大盛りです。
ラーショの器にはこのラーメンの名が印字されてることがほとんどで、
恐らくこれがラーショの看板なのですが、
個人的には醤油味のネギラーメンが一押しです!!
味は・・・・燕のラーメンに化学調味料を入れたような(笑)・・・・けどどこにもまねできない味!!



褒めてるんだか
なんなんだか
よく分からない記事になっちゃってますが、
全国チェーン店とは申せ、個人的には一押しのラーメン屋です。



次回は、
またいつになるかは気まぐれでございますが、
富山県富山市水橋からお送りする予定でございます!!



当ブログ&書庫、細々とこれからも営業いたします。
何卒、今後とも宜しくお願い致します!!



あちゃー0時を回ってしまったー。無念(汗)



ではでは~。



さときゅう



Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ