Entries

蝿の話

盆も過ぎ、夏も終わりに向かっておりますが。。
残暑お見舞い申し上げます。
 
 
毎度懲りない貧乏ブログの更新と参ります。
 
 
甲子園も終わったんですが、
第二の故郷八戸の光星学院も準優勝と決まり。
いよいよ夏も終わりだな~なんて考えつつ、
イモトアヤコと盲目の少女のキリマンジャロ登山を見ながらのんびりとして、
晩には散髪に出かけたんですが、
理髪店のあるショッピングモールでは黄色いシャツ着たおねえちゃん方が集結。
夏好例か。。。。通行税(笑)を納めてまいりました。
 
 
キリマンジャロって今の今までコーヒー豆なんだと思ってたんすが、
アフリカ最高峰のなんだそうです。
 
 
 
なにやら、
しょうもない日記みたいになってしまいましたが。。。
 
 
最近よく考えていたのが、
蝿の事なんです。
 
 
被災地では、
強烈なまでに蝿が発生しているとの事で、
昨日もめざましテレビを見ていたら、
被災地でのボランティア活動の重要作業として、
蝿の駆除をしていました。。。。。
 
 
蝿というと、
社会人になってからというものの、
あまり身近ではなくなってはきたものの、
(生ゴミの小バエには困った事多々なんすが。。。。)
実は学生時代に蝿とはかなり密接な生活をしていたために。。。
どうにかできないものかといろいろと考えて見ました。
 
 
10年以上前の、
日本昔話みたいな話になっちゃうんですが、
学生時代、弓道をしていた時の道場がボットン便所で、
下宿もボットン
下宿にいたっては、四方を養鶏場と養豚場に囲まれていたため、
独特な香水(?)の香りが随時してました。
 
 
でも、その場合は、発生源が特定できてるわけです。
(特定できていても、発生源は根絶できないです)
 
 
ところが今回の震災による蝿の大量発生は、
海産物関連の腐敗と、それが津波によって内陸深く入りこんだ事が原因で、
どこに魚と、魚の腐敗した汚泥が入り込んだかが特定できない事と、
またそれを人力のみで根絶する事が不可能に近い事が辛い事となっているそうです。
 
 
何もできない歯がゆさが残るのですが。。。
何か策は無いものかと。。。。
憶測と、思いつきと、テレビで見た知恵と、探したネタ等をまとめ、
記事にしようと思った次第です。
 
 
被災地の皆様、
もしこの記事を読まれておりましたら、
いいところだけ、是非。。。。パクって下さい(笑)
 
 
では。。。参ります。。
 
 
 
 
①めざましテレビでやっていた知恵
 
昨日テレビで見たのですが、大きいペットボトル(2リットル用)に、
酢を400CC,砂糖を200グラム、酒200CCを入れ、
口をあけて放置すれば、蝿を誘引できて、誘引された蝿は中で捕獲可能。
 
というのをやっていたんですが、
結果も上々で、多くの蝿を誘引できていました。
蝿だけを取り除けば、中の液体は繰り返し使えるため経済的で、
上記の用量を守らなくても、みりんやジュースでも代用できると思います。
 
 
②蝿取り紙
 
一番シンプルなのが蝿取り紙でしょうか。
八戸に居た時は当たり前のように玄関に仕掛けてありました。
松脂や強い臭いを出す粘着質の液体が染みこませてある紙を天井から垂らし、
蝿を誘引します。蝿はくっついて捕獲できます。
ゴキブリホイホイとおんなじ原理ってわけです。。
 
 
③なんちゃって蝿取り紙
 
 
経済的に蝿が取れる仕組みは構築できないものか!!
 
てなわけで。。。①と②は人さまからの知恵でしたが、③これは自力で考えました(笑)
①と②を考えてみると、蝿は臭いを出すものに止まってそれを舐める性質があり、
その時に足場をさえぎる事ができれば捕獲できるとみたので、
一番経済的なハエタタキ以外の技として。。。。。布テープの仕掛けなんて如何でしょうか!!
 
 
予想できる事としては、
この状況では蝿取り紙とかは、現地で品切れているか、
欠品しているような気がしたため、
いっそのこと、作れないものかと思った次第です。
 
ただ、仕掛けとは申せ、
従来の紙製のガムテープでは粘着力に不備があるため、
布製のガムテープを用意します。
蝿が止まった際、
その脚力に勝つことができるテープであるなら何でもいいと思います。
これを両面テープ見たく、粘着面を露出させた形で必要箇所に仕掛けます。
ただ、この時点では蝿を誘引などできないです。
 
なのでそこ(ガムテープ粘着面)に、数箇所、霧吹きで①と同じ液体をかける。
あるいは。。①の液体を染みこませてから乾燥させた脱脂綿を貼り付けする。
 
そうすれば、蝿はその臭いにつられ誘引され、
その液体もしくは脱脂綿を舐めに来ます。
当然その時が。。。。。。。。年貢の納め時でございます。。。。
 
ただ、唯一心配なのが。。。
思いつきなので、実験も成功例も。。。。。ナシ!!です。
でも、理屈的にはゆけるはずです。
 
 
④蝿叩き&殺虫剤
 
 
万策尽きた際は、もうこれしか。。。。。。
 
 
 
 
ご参考にして頂けましたらこれ幸いと存じます。
皆様からの、蝿対抗策や、知恵等ありましたらどしどしコメントお待ち申し上げます。
 
被災地の皆様も、
ようやく気温も下がって来ました。
夏バテなさらないよう、健康、熱中症対策等にご用心ください。。。。
 
 
ではでは。。。。。
 
 
 
 
さときゅう
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



東日本大震災寄付金付き切手(6月末~)

 
イメージ 2
 
当、貧乏ブログに本日もご訪問いただきまして誠にありがとうございます。
 
もし、郵趣関係者の皆様、この記事を見ていただいていましたら、
切手マニアとしての戯言と思っていただければ幸いですが。。。
一読頂けましたら心より幸いと存じます。
(あくまでも個人的な意見、誠に申し訳ありませんが。。。)
 
 
過去に、寄付金付きの記念切手で割合が最高額だった切手は、
昭和36~39年の3年間で発行された東京オリンピック寄付金付き切手で、
5円+5円でした。(この+5円の部分が寄付金額として回収されます)
この切手は単片で20種類のべ1億7650万枚発行(8億8250万円)。
1~6次の小型シートで1050万シート発行(1億5750万円)売り上げているはずです。
となると、10億3550万円。今の価値で10倍。103億円、寄付金を集めています。
 
 
昭和39年当時の初任給は2万円(今の1/10)です。
当時はハガキ一枚5円、珈琲1杯60円、かけそば50円、国鉄初載り運賃10円の時代。
当時の5円は、今の50円の価値があったのにもかかわらず、
さらには、寄付金の付いていない5円のおしどりの普通切手も並行して売っていたにも関わらず、
5円切手に寄付金額に等倍を付けても完売できています。
ちなみにではありますが、当時の日本の国民人口は、1億人に届いていませんでした。
 
 
何を言いたいのかと申しますと、この未曾有の大災害の寄付金付き切手を、
今回のみ80円+20円(7000万枚)で終わらせず、
長期的にシリーズ化して寄付金のみならず、
東北各県の観光PRに一役買っては如何かなと思うのです。
 
 
また、さらにご提案いたしますれば、
簡易書簡の+5~10円の寄付金付きのものも販売しては如何でしょうか?
 
前職の関係で知ったのですが、
企業が商品の納品を行う時に仕入れ状の回収は簡易書簡で行われています。
(封書よりも安く、メール便とは違い同封や回収し易いからです)
企業意識等細かく言われる昨今。。。間違いなくお金は集まると思うのです。
 
 
例えば(災害時の寄付金付きと、催事の寄付金付きの切手を比べるのは不謹慎ですが。。)
東京オリンピック寄付金の切手20種は種目別に分けていたので、
東日本大震災の寄付金付きは、被災された東北及び関東緒県の風景を背景に取り、
買った方々、その切手で便りを貰った方々へ被災地復活、再興をアピールする。
 
 
また、長期的なシリーズ化により小型シートも発行する。
それくらいの規模で、出すくらいの拡販力と対応力はゆうにあると思います。
 
 
郵便局としては50円切手も、80円切手も、寄付金無しも並行して売っているのだから、
立場的には、寄付金付き切手をお客さんに対して強制する立場にないことが、
一番のメリットであり、そういった状況だからこそ出番なのではないかと。。。
 
 
また、この震災は原発事故が大きく今後もからんでくるため、
東電や国だけで支える事には厳しさがあり、
義援金等の他に、民間企業が参加する際、郵便局なら先陣を切れるのではないかと思うのです。
1銭でも多く被災地に。。と考えれば、安全性、確実性からして、信頼の高さを見せてほしいです。
 
 
また、日本郵政がそれをやれば間違いなく無条件でテレビは報道するだろうし、
震災の報道は減りつづける中、
震災切手を継続的にかつ、大々的に発売する事で深刻であるとの一体感が取れる。
 
 
ちと、まわりくどい文章等、申し訳ありません。
余計なお世話ではありますが。。。
日本郵政の皆様、如何でしょうか。。。。。。。是非!!!!
 
 
イメージ 1
 
また、最後になりますが、
日本郵便から東日本大震災の寄付金付き切手が発売されました。
 
切手は発売決定から、最低でも約3ヶ月経たないと販売にこぎつけない事から、
(今回は、普通切手に加刷するといった手段も辞さないのではないかと思っていたのですが。。)
6月に販売されました。
 
切手マニアとしては、気合を入れて協力したいと思っております。
 
勝手ながら日本郵便に成り代わりまして、告知いたしました。
 
 
 
さときゅう
 
 
 
 

松本復興大臣

もう記事にしたくもない、
なんだこいつは!!
 
 
被災地の民情を逆撫でしやがって。。
 
 
任命したのは誰だ?
どこの選挙区だ?
4ヶ月もして被災地に行って焼け跡見物か?
宮城県知事を恫喝して、声上げない自治体は救わないだとか言って。。
それでいて上から目線かよ。。。
 
 
どういうやつだか、なにした奴だか知らないが、
人間的にだめだろう。
あんな人間政界に送るなよ。。。。(涙)

切手による被災地支援キャンペーン

転載願います 避難者名前検索+避難者名簿

 
転載記事になります。
今回の震災に遭われた皆様の安否確認等にご活用ください。
リンク先がまとめてあります。
 
 
避難者 名前検索
(画面少しスクロール後 右側にあります)
 
 
 
岩手県 避難者名簿 
 
 
 
他府県避難者名簿 
画像クリック後詳しく見れますが見づらいです 
瓦礫の中を探すよりましです がんばって探してください
 
 
グーグル「パーソン・ファインダー」

NHK教育テレビの安否情報受付 電話番号
03(5452)8800
050(3369)9660
050(3369)9680

iモード災害用伝言板
 
 
 
これを見た方 転載お願いします
 
少しでも救われるヒトが増えますように
 
遠くから安否確認ができ 安堵される方が増えますように
お祈りいたします
 
私もこの名簿で 何名か確認でき助かりました
 
 
 
 
 
転載等ご協力お願いいたします。

自衛隊の皆様何卒お願い致します

災害に遭われました皆様に、
重ねて心よりお見舞い申し上げます。
 
 
自衛隊の災害復旧をされている皆様に、
心からお願いがあり一筆致しました。
 
 
今回の原子力発電所の事故で、
半径20キロ~30キロ圏内の家屋に住んでおられる方々は、
国から自宅待機を指示されております。
福島県浜通り、相馬市、南相馬市(旧原ノ町市近郊です)
 
 
 
自宅待機されている方々の中からも、
ガソリンに余裕のある避難民の方々は、
車を使って買出しや近県に避難する事も可能です。
 
 
 
ところが、自家用車にガソリンがなかった場合、
近県に避難できず、買い物にも行けず、
家は避難所とは異なり、外出もできない中、
炊き出しも、物資調達も、人とのコミュニケーションさえ遮断されています。
(当然ではありますが、空気遮断を指示されているため店は営業していない)
 
 
また当地区では、ここ数日間、
国から自宅待機が義務付けられている地域なため、
物流が完全に凍結されており、物の配給すらされていないとの事です。
明らかに孤立しております。
この窮状を連日、
福島県知事及び南相馬市長はテレビで訴えられております。
 
 
 
また、そのような状況にありながら、
不安要因となる報道と、
見放されたのではないかという孤独感だけが伝わってきたとすれば、
成す術がありません。
精神的にも極めて辛い状況となる可能性があります。
 
 
 
この事態を救援できるのは、
自衛隊の方々にお願いするしかありません。
ご理解及び、ご支援賜ります事を心よりお願い申し上げます。
 
 
 
また、石油元売各社関係者の皆々様、
被災地の支援誠にご苦労様です。
小名浜港は先日復旧されたと聞きました。
福島県浜通り地区の支援、当方言える立場では全くありませんが、
何卒、何卒宜しくお願いいたします。
 
 
 
 
さときゅう
 

くれぐれも暖房の管理にご注意ください。

この度の、
東北6県及び、北関東の大震災に遭われた皆様へ
心からお見舞い申し上げます。
 
 
学生時代東北にいたため、
親しい知人や親友もおり、心配しております。
 
 
 
停電規模が極めて広い範囲なため、
PCは見れない可能性が極めて高いですが、
もし、震災に遭われた方で、
携帯等でこのブログにたどり着いた方がおられましたら、
是非、この記事を見ていって下さい。
 
 
唐突ではありますが、
暖房の管理について一件だけ話させてください。
 
 
いま、東北6県及び、
北関東2県は慢性的な停電が続いていると思われます。
 
 
なので、暖房機器の中で使うことのできるものはおそらく、
電気を用いない、石油ストーブもしくは、使い捨てカイロしか選択肢が無いと思われます。
 
 
とくに、このような状況下でありますれば、
石油ストーブを重宝する機会が多々出てくると思われます。
 
 
また、火鉢や練炭、応急的な暖房機で煙突の無いものには、
全て同等のことが言えます。
 
 
とくに、
オール電化住宅及び高気密住宅の皆様に、お願いいたします。
オール電化住宅は、高気密、高断熱になっている場合が多々あります。
なので、住宅そのものが木造住居に比べ、呼吸していません。
そのために、換気扇が付いている部屋もあると思います。
(室内空調が電化製品で管理できる反面、電気を失うと通気性がなく、暖が取り辛い)
電気が使えない時点で、換気扇が使えない状況となっていると思われます。
 
 
 
なので、そのような環境の御宅にお住まいの方で、
応急的に石油ストーブで暖房や煮炊きを家でされている皆様は、
たとえどんなに寒くても、高気密のお部屋で石油ストーブを使う際は、
必ず、換気を充分に行ってください。(例え寒くても、換気口は取る等。。。)
 
ニュースでは、被災地において、
これを守られていなかったと思われた方が、
数多く一酸化炭素中毒で病院に運ばれたとニュースで見ました。
(常日頃から使われている、木造住居の皆様なら大丈夫なのでしょうが。。。)
 
 
二次災害ばかりは、なんとしても防がなくてはなりません。
 
 
とても、心配です。
又、参考にして頂けましたら、これ幸いです。
 
 
 
話が長くなってしまいましたが、
ストーブ使う際は換気してください。
何卒お願い致します。
 
尚、原子力発電所事故の関係等、諸事情にて、
換気のできない地区にお住まいの方は、
密封された部屋でのストーブの使用はしないで下さい。
危険です。
 
 
なお、災害の際の諸注意もご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/kagawaryou2000/32584085.html ←トンボさんによる転載記事です。
 
 
 
重ね重ね、
心からお見舞い申し上げます。
 
 
 
 
 さときゅう
 
 
 
 

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

月別アーカイブ