Entries

第1000回!!水木しげる語録(1922~2015)

イメージ 1


おかげさまをもちまして、
当貧乏学入門、1000記事目を迎えさせて頂くことができました。
新しいブログで、
歯切れのいい1001記事目からいこうと思っております。


ヤフーブログ最後となりましたが、
尊敬しております、
妖怪界の重鎮かつ、貧乏界の巨匠・・・・
故=水木しげる翁の、
勝手に選んだ名語録をお送りして、
ヤフーブログのお別れと致したいと思います。




人間は誰でも仕事をするのは嫌なものだ。
仕事が飯より好きだという成功者に、
時たまお目にかかることがあるが
目の玉がつり上がってて、どことなくおかしい。


やっぱり、
半分は諦めが大事なんじゃないんですかネ、
半分は・・・。


人間だけが時計なんか作って、
自分で自分の首を絞めているのだ


(成功しよう)(楽しもう)と考えすぎると、
常にそうならない不満がたまり、憂鬱になる


時間貧乏というのは、
面白いことに金持ちに多い


貧乏は発明の母である


なぜ貧乏なのか
こんなに働いていてなぜ貧乏なのか・・・・
という怒りが貧乏力を生む
即ち、一種のエネルギーでもある


いくら金にならないと言っても、
この仕事は自分の好きな絵の仕事なのだ
やるだけやるしかない


人生は、衣食住が足りれば退屈なものだ


中年過ぎたら、愉快に怠ける癖を付けなきゃ
いつまでもシアワセになれません


生きるということに、
もっと強気じゃないとダメです


世の中には不思議なことが多すぎて
とても楽しい


ボクは勲章が大好きヨ・・・・
というお方はアブナイ


なにか根本的に覆さんと
人類はシアワセになりませんよ



無くなったものはしょうがない
まだ右腕が残っているんだから、どうにかなるさ


時々怠けることは、生きてく上で大切なことです


イメージ 3



猫みたいに楽して生きるというのが
僕の憲法みたいになっているから、
仕事の少ない時は、やたらに寝る


猫は賢い
なぜならば彼等は食うために働かない


死ぬ時はゆっくり死ぬのが最上だということは、
猫でも知っている


不運こそ最大のシレンであり、
自分の作家魂の見せ所である


網膜とちっぽけな脳ミソだけで
全てが見えると思うのは、人間の自惚れだ


人間の中に本当に好きなものを発見し、
それを自分なりに工夫して伸ばせば
いろいろな面白いものがたくさん発見できると思う


周囲の目や評価を気にして
(世間のルール)に合わせようとするのは、バカです


挑戦は、挑戦の結果が問題なのではなく
挑戦するその行動に、その報いが含まれている


この世で楽しそうにしているのは
奇人変人のたぐいが多いみたいだ



イメージ 2



*ユーチューブ投稿元のhatisukachu1 様に心から感謝致します

*ユーチューブ投稿元のJohn Wayne 様に心から感謝致します




スポンサーサイト



第205回!!誰もが楽しめる究極の?貧乏遊戯!!

本日は、真夜中の更新と参ります。
貧乏学入門のお時間です。今回は、かなりマニアックですが気合を入れてまいります(笑)
読んでってくださいね~。。。。。。。
 
そういえば、昨日のニュースで鳩山さんが小沢さんを別荘に呼んで、
意味もわからず気合いダーとか叫んでたんすが、管首相の足まで引っ張るこの2人に、
違う意味で目が離せないです。。。。。。。(汗)
 
前置きはこの辺といたしまして。。。
本題と参ります!!!!
 
実はこの記事、某コメンテーター様からリクエストされてましたが、
昔はよかったな~。。。。みたいな記事になってしまうから遠慮してたんですが、更新します(笑)
 
今回の、貧乏遊戯なのですが、これはリーグ戦のことなのです。
野球のペナントレースをヒントに、勝手ながら私が考案した貧乏遊戯なのです。
ただ、リーグとは申しましても、
その競技は、4人で対戦できて、しっかりと順位付けできるものなら何でもOK!!
1位~4位までそれぞれの競技に点数が加算され、最終的な勝ち点で勝者を決める。。。
というのが、特徴でした。
 
もう、相当昔なのですが、自分がまだ派遣社員だった頃、
同じ工場ライン(今の営業とは違い、工場派遣勤務でした)の仲間3人と意気投合し、
開催当初は週末の土日にて全20試合ということで開催。(笑)
 
競技内容もほとんどがしょぼく、レトロゲームの点数を競ったり、ゲーセン、パチンコ等。
 
写真にある今泉杯の由来は、当時会場にしていた自分の住所にちなんでおりました。
 
優勝者は最終日の打ち上げの時、
天狗(和風居酒屋です)にて食べ飲み放題を残る3人持ちだったのですが、
回数を増すごとにエスカレートします。
 
↓当時作ったチラシです。当時パソコンを知らなかったため、涙ぐましい。。。。手書きです。
イメージ 1
 
どうエスカレートしたかと言いますれば、
まず、試合回数が20から40試合に増え、5試合に1回ボーナスゲームを作ったり、
競技内容まで私の独断だったのですが、仲間からクレームが入り、
1試合ごと持ち回りで競技内容を4人で指定していく方式にし、
さらには、試合中盤になるとだいたいの優勝者が分かってきてデキレースになってつまらないという、
これまたクレームが入ったため、最終決着時にビリだった者が過酷な(笑)罰ゲームを課することに変更し、
それにより、最下位決定戦が予想以上の展開となり、
いやがおうなしに盛り上がってきました。
 
 
優勝者の景品も回数を重ねるうちにグレードアップし、
天狗食べ飲み放題→桜木町飲み放題→打ち上げ温泉旅行諸経費無料と。
優勝者が泣いて喜ぶ展開にしつつ。。。。。4位になった不幸な者は。。。
地獄ラーメンにて5丁目?だったかを食べる→タージマハル(カレー屋)の激辛カレー
と地獄の責め苦(笑)となってました。
 
また、週末になるとミーティングなるものを開いて競技内容を決めたりと、
今にしてみれば面白かったです。
 
ここまでは、あんまし面白くない内容なんですが。。。
競技内容も加熱いたしまして。。。。
イメージ 2
 
言っていいんだか分からないんですが、当時ラウンドワンのような便利な娯楽施設はなく、
全て手探りだったため、競技内容もエスカレートして、
もはや若気の至りで片付けるしかないよ~な、試合をやってました。
 
その中の、記憶に残ってるものだけ紹介いたします(笑)
関係店舗の皆様もしこのブログにたどり着いてしまいましたら、何卒お許しを~。
だらなやつだとお笑いくだせぇ。
 
(食い物系)
 
①  ボンリブランケーキ食べ放題競技
 
これは、伝説のひどい競技でした当時たしか、富山市の東金だったかにリブランの本店があり、
そこの看板メニューがケーキ、ドリンク食べ飲み放題(たしか1200円)
というのがありました。
そこに目をつけた4人の労働者たちは(笑)雪の深い中、長靴にて訪店!!
制限時間を勝手に設け、時間アウトまでにどれだけ食べれたかを競う!
 
②COCO壱番屋カレー早食い選手権
 
さすがに1500グラムはチャレンジできなかったため、
4人で900グラム(ポークかビーフか、トッピング付けるかは自由)を注文。
これまたマニアックなことに、店にストップウォッチを持参!
20分でどれだけ食べれたかを順位付け!
 
③餃子の王将バトル
 
餃子の王将にて、4人ともご飯のみ注文。
あとから同時に餃子を注文し、一番食べれたものから順位付け。
(これは後半戦が苦痛でした。。。。。。。笑)
 
↑その他にも、くるまやラーメンさんでも同様のバトルが。。。。。。(汗)
 
(その他系)
 
 
                         ④東洋健康ランドサウナ対決
 
                富山市針原にある東洋健康ランドにてサウナに入り、
                     一番長時間入れたものから順位付け!
 
                         ⑤プラザカプコンコイン対決
 
        当時、富山市山室にプラザカプコンというゲーセンがあり、そこで100枚ずつコイン購入。
                      制限時間1時間内に、何枚残ったかを競った。
                   これは面白い勝負で、駆け引きがひじょうに面白かった。
 
                         ⑥社員食堂まで競歩
 
         今考えると、何やってんだって感じなのですが、当時勤務していた工場は社員食堂が遠く、
         歩くとけっこうな距離だったので、スタート地点決めて、走らないのを条件に競歩!!
 
 
 
 
 
         まだたくさんあるのですが、楽しくなってきた矢先に、工場の業績不振から不景気に先立って
         見事なまでに派遣切りがあり、メンバーは解散し悲しくも散開とあいなりました。。。。。。。
 
 
         なが~い記事になってしまったのですが、思うにこのリーグ戦って、競技を変えさえすれば、
         どんな関わり合いでもできると思うのです。
 
 
         たとえば、家族、組織、恋人同士、仲間内などなど。。。。。。
         金をかけなくてもできるし、競技内容を持ち回りで決めさせればテンションは落ちないし、
         全員が主役になれるしコミュニケーションも十二分に取れるんです。
 
         派遣の頃はまだ20代半ばの頃で若く、金銭感覚がおかしかったため、
         意外と金がかかってましたが、
         競技内容を変えれば、飽きの来ない究極の貧乏遊戯として楽しめます!!
 
         しかも、同じゲームをダラダラとやらなくていいためとても新鮮だし、
         唯一気がかりなのが、一人でもメンバー揃わない日は、できないことくらいです(笑)
 
         今となっては、過去の話しではあるんですが、
         将来家庭を持ったら(もたなくちゃ困るんすが。。。。。笑)
         これはぜったい家族でやるゾ!!って心で決めております。
 
         罰ゲームはやんわりで。。。。。。。
 
 
        
 
         さときゅう

第166回!!酒

イメージ 1

生意気にも、ちょいと高そうな酒が写っておりますが、
この酒は実は、実家から拝借したものです。(笑)


親父はビールか日本酒しか飲まないため、
貰い物のウイスキーがたまるようで、
そのおこぼれを実家で正月に拝借して参りました。
(くすねたとでも申しましょうか。。。。。笑)


最近だと、ゼロカロリー飲料が多いので、
コーラやファンタで割るとウマイです。



酒はなにげにカロリー高いけど、
これならメタボな己にも優しい酒に大変身。



昔、本当に金の無いときなんかや、
学生時代はファンヒーター使うのをけちって、
酒飲んで体を温めて布団に入るなんて事をよくしてた日々が懐かしいっす。



仕事を探していた頃や、
このブログを立ち上げたばかりの職訓時代の金が無かった頃の裏技としては、
インスタントコーヒーのアイス割り、なんかも絶妙でした。


無論、その頃はホワイトかレッド、
焼酎なら大五郎かビッグマン(たまに、、、純)でしたが。。。(笑)



で、つまみは缶詰めにチキンラーメン、
余裕のある時はレトルトおでんとか、スーパーの見切り品とか。




今では金銭的につまみに苦労はしなくなったけれど、
不思議なもので、
金が無いときの酒のほうが美味く感じるのはなぜなんだろう?
ありつけた感、があったからなんだろうか?



はてさて。。。。。。。




さときゅう

第133回!!貧乏授業

おはようございます。
皆様いかがお過ごしでしょうか。



貧乏学入門のお時間でございます。
マイペースながら更新しております。
近頃、ブログとパチンコくらいしか楽しみがないという、
情けなーい、わたくしさときゅうがお送りいたします。
来られた皆様、折角ではございますので、
少々のお時間、お付き合いいただけましたら幸いでございます。



北陸は久々の晴天に恵まれ、
珍しく休みと重なったもので、
パン食べながら、洗濯しながら、
ブログ更新と参ります。



ラジオみたいな前置きはさておいて。。。。。(笑)



いやぁ、
この間、日曜日の夜だったかにテレビのワイドショー見てたら、
今の小学校は授業で使う教材費が足りず、
特に理科は金がかかるのに予算が極めて足りなくて深刻って言うのをやってたんすが、
ここで一人の理科の先生(とはいっても、小学校だから全教科受け持ちなのかも?)
に焦点を当てて、金のかからない授業っていうのをやってました。



フナの解剖なんですが、
解剖キットもフナも予算が足りなくて購入できない小学校の話で、



そこでビックリしたのが!!!!!



先生なんと!!

大柄煮干しの袋持参!!!

生徒の前で湯戻ししてます。

そこで見たものはなんと!!




イワシの解剖!!
(煮干しはもともとイワシですもんねぇ)


生徒全員にカッターを配り、
解剖すると、コレは不思議で、
全身の内臓が分別できたのです。



先生、
最後に”生徒の喜び方は今まで以上だった”とも。




教育はカネだけじゃないのかも知れんですネ。


教えられた生徒も、
先生の涙ぐましい金策努力も垣間見て、
人間的にもプラスになったんではないだろーか?


でも思ったんですが、
こないだ事業仕分けはちと出来レースすぎるという記事を書いたんですが、
反省するところもありまして、
あの後、皆さんのコメントを見ておやっと思い、
検証番組見てたら、本当に無駄が多いと分かってきました。
その無駄が存在していることさえ知らなかったことを思えば、
この事では、民主党は自民よりも切り口が鋭かったと思いました。



あんな意味の分からん公益法人にお金を投下して、
一方で、涙ぐましい煮干しの解剖をやってる小学校のある自治体がある。
夕張市なんかとくに心配。


まさに、不条理!!!!!



さときゅう

第111回!貧乏性適性検査(回答、解説編)

大変忘れておりました。


次回にて解説しますといいながら、
一ヶ月経ってしまいました。
世にも珍しい貧乏性適性検査の、回答、解説編と参ります!!


なんだか、貧乏ブログ久々の本領発揮と参りますか(笑)
貧乏ネタとなっております。
ではでは、本題に入らさせていただきます。


前回お送りいたしましたが、
設問をもう一回箇条書きいたしますと、、、、。



① スーパーの見切り品を買いすぎて、結局は食べきれず腐らせたことがある。
② 安いバーゲン品を買いためたのはいいが、結局使わなくてホコリをかぶっている。
③ ラーメンのチャーシューは、大体の場合は一番最後に食べる。
④ 食べきれないのに、多く買い込む習性がある。
⑤ 思い切って部屋のゴミを掃除しているはずなのに、
  ゴミを眺めて捨てることを思いとどまることがよくある。
⑥ 同じものを何回食べても飽きないような工夫を好んでする。
⑦ 特急よりも各駅停車こそが、旅だ。
⑧ 暇な時間を吟味することに長けている。
⑨ 結果に至る道のりを楽しみすぎて、結果にたどり着かないことがよくある。
⑩ 新聞、週刊誌が捨てられないことがある。
⑪ 冷凍庫に、一年以上前の冷凍食品がある。
⑫ 食品は賞味期限が過ぎてからが、勝負だ
⑬ 自分の将来を妄想してみたり、夢を描いたりしながらも、
  実現するための具体策には億劫だ。
⑭ 目的地にたどり着くことよりも、むしろその道のりに楽しさを探す方だ
⑮ 金をたくさん手にしたら、したで、使い道がわからなくなったことがある。




となっております。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/59385534.html 念のため、設問編です。


ではでは、点数のご説明から。
(あくまでお遊び、独自の見解です。信憑性はありませんョー。)


(1点~3点の方)
貧乏性には該当しません

(4点~8点の方)
貧乏性に片足突っ込んでおります。
考え方一つ変える程度で抜け出せるのではないでしょうか。

(9点~12点の方)
貧乏性に両足突っ込んでおります。
抜け出すためには過去と今とを割り切って、
いる物といらない物との分別をしっかりつけるといいかも。

(13点~15点満点の方)
貧乏性にどっぷりつかっております。
抜け出す事をも自ら望んでいないと思われます(笑)



(解説)
貧乏性というのは、節約とはこれまた別種でありまして、
もったいないから、捨てがたいから、と言いつつも溜め込むけど使わなかったり、
まだいい、まだいいと言っているうちに、結局はチャンスを逃したり、
美味しいところを最後まで残しておいたら、それがなくなったり、
もう少し待て、もう少し待てと思っている内に、
今のままでもいいかと思ったり、、の意です(笑)
貧乏性は貧乏だからなるのではなくて、
もしかしたら、案外、性分の問題なのかもしれません(笑)

あくまで個人的な意見ですので、あしからず。


楽しんでいただけましたでしょうか?
では今回はこれにてお開きと参ります。。。。。。。



さときゅう

第106回!物価に見る豊かさの違い

お久しぶりでございます。


更新すると言っておきながらにして、
またまた、2週間あけてしまいました。
しかも今回も固ーい記事です(笑)



ではでは、本題と参ります。



古いレトロな資料集や、情報を見ていて思ったのですが、
ひとえに企業努力と思われる、
数十年間定価の変わらない商品というものが存在します。
逆に、ここ数十年間でブクブクと定価が膨れ上がった商品もあります。


それと、当時の初任給を対比させ、
豊かさの実感について迫ろうとするのが、
今回の記事でございます。


前回の、貧乏性適性検査よりは、
信憑性があると思われます(笑)



まずは、昭和35年(1960年当時)の、
大学卒の初任給は平均16000円~18000円だったといいます。
今の、1/12~1/10位の金額となると思われます。

当時の物価はといいますと、、、。(宝島社、講談社の資料参考にしました)
白米10キロ(870円)
食パン1斤(35円)
新聞1ヶ月購読料(390円)
大人理髪料(167円)
タマゴ1キロ(260円)
カレーライス(110円)
ラーメン(50円)
かけそば(40円)
タクシー初乗り運賃(70円)
灯油18㍑(418円)



、、、、、、、、、、だそうです。
となりますと、カッコ内の金額を10倍、もしくは12倍すれば、
今の物価に直せるのですが、、、、。



いかに、昔の生活が厳しかったかが分かるというものです。


意外にもビックリしたのが、
かけそば、ラーメンは妥当な金額だったことなんすが、、、。



いまはかなり裕福といえるのでは。



さときゅう

第105回!!貧乏性適性検査①(テスト編)

お久しぶりの更新となりました、
貧乏ブログです。



この場を借りてご挨拶と参りますが、
ちょこさん、しみずさん、
ブログ復活誠におめでとうございます!!
後でじっくりご挨拶に参上いたしますデス。



なかなか、親愛なる皆様のブログにおじゃまできずに、
悲しい思いをしておりますが、、、。
ぼちぼち遊びにお邪魔いたします。
(左手にでっかいしゃもじを持って、、、、、笑)


いやはや、、、。
一週間ほど空けてしまいましたが、
仕事がとんでもない状況でありまして、
ついつい留守にしておりました。



さてさて、今週のサザエさん、、、じゃなくて
ビンボー学入門はーーーー。



面白く参ります!!



その名も、貧乏性適性検査!!!
と、いいましても、わたくしめが勝手に作った検査ですから、
信憑性も、なーんにもありませんが、
貧乏性では他に引けを取らず、追従を許さないと思い込んでいるため、
つくっちゃいました。



はっきりと申しまして、、、、、、、真剣です(笑)
冗談がてらに、参加していただけましたら、これ幸いです。


今回は検査といたしまして、
次回の回答編にて、点数と解説をいたしますデス、、、。



では、説明と参ります。

以下の設問を読んで頂きまして、
自分がそれに当てはまれば、一設問一点づつ、加点してゆきます。
当てはまらなければ、加点されません。
(ややこしい説明になってしまいましたが、単純に、いくつ引っかかったかで計算します)


全、15項目ですので、最高15点です。


ではでは、
適性検査!!スタートです!!





① スーパーの見切り品を買いすぎて、結局は食べきれず腐らせたことがある。
② 安いバーゲン品を買いためたのはいいが、結局使わなくてホコリをかぶっている。
③ ラーメンのチャーシューは、大体の場合は一番最後に食べる。
④ 食べきれないのに、多く買い込む習性がある。
⑤ 思い切って部屋のゴミを掃除しているはずなのに、
  ゴミを眺めて捨てることを思いとどまることがよくある。
⑥ 同じものを何回食べても飽きないような工夫を好んでする。
⑦ 特急よりも各駅停車こそが、旅だ。
⑧ 暇な時間を吟味することに長けている。
⑨ 結果に至る道のりを楽しみすぎて、結果にたどり着かないことがよくある。
⑩ 新聞、週刊誌が捨てられないことがある。
⑪ 冷凍庫に、一年以上前の冷凍食品がある。
⑫ 食品は賞味期限が過ぎてからが、勝負だ
⑬ 自分の将来を妄想してみたり、夢を描いたりしながらも、
  実現するための具体策には億劫だ。
⑭ 目的地にたどり着くことよりも、むしろその道のりに楽しさを探す方だ
⑮ 金をたくさん手にしたら、したで、使い道がわからなくなったことがある。



以上、15項目です!!



皆様は何項目あてはまりましたかーーーーー????


ちなみに、私は15点!
パーフェクトでした。
(ある意味、不名誉かも、、、、、笑)



勝手ながらの回答と、ご説明は、
次回更新時と参ります!!



乞うご期待くださーい(笑)




さときゅう

セイロガン

イメージ 1

セイロガンです。



あえて逆境に挑み行くが如く、
期限切れの食品に手が出たときに、食後に服用する、、。



保険です(汗)



この道を行けばー
どうなることかー
行けば分かるさー
???

下り坂かも
(胃の調子が、、、笑)

第七十七回!団欒とは?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

最近よくテレビで、
家族の団欒が減ったなんて、よく耳にするんですが、、。



団欒とはなにか?と考えた時、
昔は家族みんながまとまってたなんて話しよく聞くんですが、
むしろ、そうせざるをえなかったってのが、きっと真実なんでしょう。



この頃はこの頃で貧乏だったから、
未成年非行率も犯罪発生率も、実は今よりもはるかに高くて、
マスコミは何も真実を言わないけれども、
こんな生活から抜け出したいという願望の元、日々の生活があったに違いないです。



そして、ゆとりを手に入れた今、
家族間の価値観の違いやプライバシーが増えて団欒が希薄になったとなれば、、、。
言い方をかえれば、昔はゆとりや自由(選択肢)が少なかったし、
又、家族手を取り合わなければ貧乏という難局には立ち向かえなかったろうし、
さらに深く言うなれば、家制度の束縛だってあったはず。
逆に今は生活が豊かになったから、その必要がなくなっただけのこと。


その必要がない中で家族仲良く会話する。


家庭をもっていない俺が言うのはかなり生意気なんすが、
何が難しいことなのか俺にはさっぱり、よくわからんのです。


よく、家庭内の会話が減ったとか言うけれど、
課題としては、昔と比べ、
今のほうが何百倍、何千倍も贅沢な悩みだと思う。



忙しいからだという人がいるが、ピンとこないわけです。
昔は土曜日も当たり前に仕事だったけど団欒はしっかりと確立されていたように、、、。



昔は、金がないばっかりに、手を延ばしても届かなかったゆとりある空間。

今は、金はないわけではないけれど、手に入らない家族の団欒。


生活が昔よりも豊かだからこそ、
世帯収入が減っても、助けを借りず、しがらみのない(そのぶん寂しさもあるかも)
核家族で暮らせるようになった。
(個人的には大家族のほうが好きですが)



家族の団欒だとか楽しい夕餉なんてものは、
家長たるもののボキャブラリーとサービス精神、
そして何よりも憂い次第でどうにでもなるものだろうって思うわけです。



結局の所、
人を豊かにしうるものは金銭だけではどうにもならず、
最終的には、精神的なものに行き着くんでしょう。




久々の更新ともあって、
毎度ながら個人的な考えを言いたい放題語っちまいやしたm(__)m






さときゅう

貧乏朝食

イメージ 1

ざっと70円くらいの朝ごはんです。



これからは、また転職によるお試し社員か無職の危機を考えると、
いかに金を使わずして、いい飯を食べるかが唯一の楽しみになりかねない、
今日このごろです。



そもそも、朝食を食べる習慣自体ないんすが、
土日は珍しく食べてます(^O^)



今は緊急時も考えて、お金をためないとまずいんで、
記事的には充実しそうなんですが、貯金癖のない自分自身としては,,,,,,,,,,,,,,,,,,.



ちょいと辛い我慢どころです。

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ