Entries

あっぱれ大将軍チョコシール(1985年=ロッテ)

 
 
連続更新と参ります。
今回は、4年ほったらかしてしまった書庫なのですが。。。
懐かしのシールたちのコーナーです。
 
 
マイナーかつ知る人ぞ知る!!(笑)
あっぱれ大将軍チョコシールです。
 
 
このシールは、一時期恐ろしいほどに大ブレイクした、
ビックリマンの悪魔VS天使シールの生みの親であった、ロッテの丹後さんという人が、
もうひと山当てたろう!!と思って放った歴史シールで、
当時50円でクランチチョコのオマケとして売られていました。
お菓子はビックリマンよりも美味しかったのが特徴です。
 
 
シールのタイトルは、天使VS悪魔とは一味違い、
幕府VS朝廷シールでした。
 
 
ただ、シールの展開上、
幕府=正規軍、朝廷=反正規軍っぽいノリだったため、
敵味方がはっきりとしにくい設定もあり、
いささか感情移入しにくいってのも災いしてか、
第4弾で終了してしまった不運なシールたちです。
 
 
このシールの実験的な凄さは、
温感シールと冷感シールというものを取り入れたことで、
幕府方シール=温感、朝廷方シール=冷感となっており、
温感シールは暖めると姿が変わり、
冷感シールは冷やすと姿が変わります。
おそらく特殊な加工がしてあるんだと思います。
 
 
 
最後の方になると、古代からやってきたキャラクターが出てくるなど、
ちょっと話がよくわからんことになってました(笑)
 
イメージ 1
↑幕府方のシールです。
顔部分が赤くなっていますが、ここが温感シールの部分で、
ここを暖めるか、こすると裏に隠れているもう一つの顔を見ることができます。
イメージ 2
↑黒船のペリーを模したキャラクターです。
イメージ 3
↑こちらは朝廷方のシールです。顔部分がはっきりとしていますが、
こちらは冷やすともう一つの顔が浮き出てきます。
 
 
あまり流行らなかったシールなため、
違う意味で価値があると思いますが、
個人的にはこのシールを好きで集めていました。
ところが学生時代に紛失してしまい、4~5年前にお宝市場で発見して、
急に懐かしくなって、少し集めなおしたヤツです。
 
 
とんでもない安値で売られていて、違う意味でショックでした(笑)
 
かなりマニアックな記事なため、不定期ではありますが、
反応を見つつ。。。(笑)、シールシリーズ、またまたやって行きたいと思います。
 
 
 
さときゅう
 
スポンサーサイト



魔空の迷宮シール(エスビー食品、1986年?)

イメージ 1

イメージ 2

いつのまにやら、貧乏ブログもまたまた脱線致しまして、
おまけシールの記事ばかりになりそうな雰囲気ですが、
今回も、ご訪問ありがとうございますm(__)m



今回は、前のシール記事で、一押しと言いました
超マイナーシールこと、魔空の迷宮のご紹介です(^O^)


カレーのイメージがかなり強いエスビー食品が、
第二のビックリマンを目指したか目指さないか(笑)、
戦国武将スナックを出してまだ日も浅い頃の、ファンタジーシリーズです。


イラストといい、すごろくゲームシールといい、
ユニークだし、斬新で、想像力を掻き立てたにも関わらず、
時代がそれを認めなかったのか(笑)、第二弾までで、無念の終了と相成りました。



内容としては、
キャラクター、モンスター、アイテム、トラップ、等にシールが分かれており、
キャラクター、モンスターはランク付けされていて、
SS、S、A、B、Cに分けられて区別されております。


SSなんかは、完全に、ヘッドシール(特殊加工してあるプリズムシールや、ホログラムシール)
になります。


しかしながら、ビックリマンシール同様で、
ヘッドシールは一箱(30個)に1個くらいしかないわけです。
(皮肉にも、それが、収集意欲を高めちゃったりしてます)


今にして思えば、個人的マイナー趣味の切手も、
この頃に身についた収集癖が尾を引いているのかもしれんです(^O^)


”懐かしのシールたち”という書庫を設けましたので、
また、おいおい、記事更新いたします。

サトキュウ

ビックリマン無情

イメージ 1

写真はビックリマンシールです。(復刻版のやつです)

実は、わたくしめは、集めに集めたビックリマンシールを法事の際に、
親戚のどなたかに、
掃除で捨てられた経験の持ち主でございやす。(涙)


被害に遭ったシール、およそ1000枚。
ビックリマンと、
あっぱれ大将軍シール、
その他諸々が全滅してしまったデス。


ヤフーオークション(やりかたわかりませんが、、汗)で売ったら、
ひと財産儲けそうなくらいあったのに(ない、、か、笑)


写真はビックリマンシールです。(しつこくなっております、、、、汗)


ビックリマンシールが流行ったのは、たしか小学5年の頃。
マニアックに話しますと、ヘッドロココが出始めた頃でした。



どこのお菓子屋さんへ行っても、ビックリマンチョコは無く、
お菓子屋さんによっては、一人限定二個まで、、、、とか、
抱き合わせで、売れないお菓子50円分買わないと、
ビックリマン売ってくれない店なんかもありました。


ロッテも、この頃が頂点で、一年に一億食売ったとか。


あやかりシールも花盛りでして、、、。
知っているだけでも、、、。



1、カネボウ  ガムラツイスト、、、、、、懐かしい、覆面シール
2、エスキモー 秘伝忍法帳、、、、、、、、絵が下手なのに、ユニークだという、、。
3、ロッテ   ネクロスの要塞、、、、、、マニアックなファンタジー路線
4、S&B   魔空の迷宮、、、、、、、、個人的には一押しで、今も持っております。
5、ロッテ   あっぱれ大将軍チョコ、、、このシールがきっかけで歴史好きになりました。
6、カバヤ   ハリマ王の伝説、、、、、、お菓子が美味しかったという印象です。
7、フルタ   ドキドキ学園、、、、、、、マイナーにして、長続きしました。
8、チロル   めざせまるきん、、、、、、なんと!!いまだに健在!!
9、S&B   戦国武将、、、、、、、、、キャラクターが生き生きとしていて、ユニーク!



などなど、、、意外にも大手菓子メーカーが乗り出していないのですが、
ビックリマンの好敵手といわれたのが、ガムラツイスト(ラーメンバー)でした。
覆面レスラーシールが、案外流行りました。



今だから、当たり前のように流行っている、
トレーデングカードや、オマケですが、
ビックリマンがその、はしりだったのかもしれないです。



今回は、かなりマニアックになってしまいました。
書いていて、急に懐かしくなりまして、、、、。



語りだすときりがないのですが、
また記事にいたします。



サトキュウ

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

月別アーカイブ