Entries

第727回!!雪の新潟(昭和30年代後半撮影)




イメージ 1


レトロ写真館(新潟)です。


新年初になりますんで、
とりあえず、ここは新潟で・・・・って感じになっております(笑)


この2枚の写真、↑は新潟駅前で、↓は古町十字路なんですが、
なんと!!堀がまだある頃の写真で、写っているのは西堀と思われます。


上の写真も、新潟の(潟)が略字当たり前だった時代の写真で、
今となっては(潟)の略字は死語のような扱いなっていますが、
我々の世代なら普通に通じるどころか、普通に使ってます(書くのが楽なんで・・・・笑)




イメージ 2


テレビの話しだと、
明日明後日と、これまた大きな寒気団が来るらしいんですが、
来るたびに最大級とか言われると・・・・どうなんだかと。


ここ数日間の雪の具合を見る限りでは、
やはり北陸は暖冬なんだなって感じがしてたんで。


たぶん、明日明後日は度肝を抜かれるのかもしれませんが・・・・(汗)


ではでは~。


スポンサーサイト



酒は新潟(昭和40年代撮影)



イメージ 1


レトロ写真館(新潟)です。


いや~、世間はクリスマスだっていうのに、
どういうわけだかありふれた一日。
ちょっとした御馳走にケーキなんかも買ってきて食べてますが、テレビ見ながらの宅飲み。


話しを戻しまして~・・・。
写真は新潟市の目抜き通りこと古町十字路なんですが、なんと道が舗装されてません。
なぜ・・・整備中だったって事でしょうか。
新潟交通の銀太郎バスがこれまた懐かしい一枚。


新潟の場合、他県の方から見られるイメージに真っ先に来るのがコメなのですが、
実際のところは酒。
(とかなんとか言って、動画はブレて灘の酒なんすが・・・・笑)


焼酎やウイスキーに関しては違うのでしょうが、
日本酒と地ビールにかけては、数少ないお国自慢です(笑)


県民性を比べてる面白い本があって読んだ情報が正しかったら、
新潟市民は全国の都道府県の県庁所在地における、
年間の飲酒量がダントツで一番多いんだとか。
しかも、2位が秋田市で3位が盛岡市4位以下も東北勢が圧倒だという・・・・(笑)


とりあえず、酒。
嬉しい事があったら、酒。
忘れたいことがあっても、酒。
うちとけぬ人間関係は、酒。
引きこもって、酒
なんでかよくわかんねぇけど・・・酒ってか(笑)



今年一年もあとわずか、皆様はどんな時に飲酒量増えちゃいますか?


と、記事を書きつつ焼酎三昧。
ちゃんと記事が書けてるから、たいして飲んでない事に・・・なるんだろか?




ではでは~。


*ユーチューブ投稿元の早川なつき 様に心から感謝いたします。

第705回!!堀がまだあった頃の新潟市(昭和30年代撮影)



イメージ 2



レトロ写真館(新潟)です。


珍しく久々ですが、新潟の風景の写真です。
今では、新潟市に在住の若い人でも知らない人がいるという事を聞いたこともあるのですが、
新潟市はほんの50年ほど前までは、
柳と堀の街と言われるくらい網の目のように、中心部に堀が通ってました。


うる覚えなんですが、
旧新潟町(市制施行前の新潟市で、今で言う新潟島)だった頃は、
様々な商売や、御用聞きをする船が多くあり、船が生活のかなめだったとか。



堀を取り巻くようにして、
柳の木が植えてあった事から柳都(りゅうと)と呼ばれることがあります。
今ではことごとく堀は埋立てられ、寂しげに柳の木だけが残されてますが、その遺構は多々あります。

イメージ 3



↑の写真のビルが旧新潟市役所(現NEXT21の場所)であることから推測するに、
この堀は古町西堀(現西堀ローサ)であると思われます。


イメージ 1


最後のこの写真は、降水量が多い日の堀の様子です。


昭和30年代末期頃の新潟市は、
全国的な流れと同じくして高度経済成長期を迎え、
河川の水質汚濁や、公害、その他諸々に置いて、インフラ整備が間に合わず、
消費は文化なりと言わんばかりのご時世。


そのしっぺ返しとして、
堀の水質汚濁と、水はけの悪さ、果てはボウフラ問題にまで発展し、
美しかった新潟の堀は、無用の産物であるという悲しい世論が膨らみ続け、
なんら反対されることなく、多くの堀は姿を消します。



皮肉にも、堀を復活させてはどうかとの声が、
今更になって上がっているんだとか・・・・・・いやはやな話です。



ではでは~。

金沢駅で見かけた、地味だけど味のある新潟のポスター



イメージ 1


GWにはるばるやってきた仲間とともに金沢駅に行った時、
地味にPRする新潟のポスターを、
あまり目立たない感じの連絡通路で発見したんで撮りました(笑)



地味・・・・・だけどいい笑顔。
しかし、いくらなんでも中央のおにぎりは・・・・・・(汗)



故・山下清画伯でも食べれませんって(笑)

第500回!!新潟祭り(昭和30年~37年撮影)

 
 
イメージ 1
 
 
レトロ写真館です。
 
おかげさまをもちまして、当ブログも500回となりました。
本年度中の2000更新を目指して、ちんたらと~。。。じゃなかった(笑)
日々精進してまいります!!
 
 
ってなわけでして、節目だもんで、わが郷土新潟市のネタでございます。
 
 
イメージ 2
☝この写真は、前に一度記事にしたことがありますが、
新潟祭りのパレードの際の誘導役の女性ライダーさんです。
 
 
 
新潟祭りの歴史は意外と浅いのですが、
元をたどると、1726年の享保年間(江戸時代)の住吉行列が起源になります。
その住吉行列に加え、遥か後に始まったとされる川開き(信濃川)、開港記念祭、商工祭が合体し、
今の祭りになったのが昭和30年だそうです。
 
 
これらの写真は、その昭和30年に撮影されたものがメインですが、
その他にも、後年に撮られた写真が加わっております。
(新潟日報社の写真によるものです)
 
 
新潟市は幕末の5開港で栄えたという印象を持たれがちなのですが、
それ以前から北前船で隆盛を見ており、
新潟県がまだ人口で他県を圧倒していた江戸時代、
諸藩との比較対象にならなかったのは、この地が天領(徳川氏管轄)だったためです。
(佐渡ヶ島も金山があったため石高が高く、天領でした)
 
 
いつものことながら、ちと脱線しましたが(笑)
 
 
イメージ 3
 
 
新潟市役所です。
昭和30年代~50年代後半まで、この市役所でした。
なので記憶にあります。
この市役所を壊して白山浦に移転した際に出来たのが、NEXT21です。
 
イメージ 4
 
 
 
新潟市街は信濃川に沿って伸びる通りは○○通りと名称するんですが、
信濃川から日本海側へ延びる通りは○○小路と呼ぶ決まり事があるようで、
これは、全国的に見ても珍しいです。
なので、鍛冶小路、広小路、坂内小路、新津屋小路、地獄極楽小路(!!)などがあり、
その中でも群を抜いていたのが、柾谷小路(まさやこうじ)です。
 
 
関屋分水もなく新潟島が存在しておらず、各所堀が埋め立てられておらず、
なおかつ千歳大橋も柳都大橋もまだ架橋されておらず、
万代シティがまだ存在していなかったこの頃、
新潟県下最大の繁華街はここ古町=柾谷小路一帯でした。
 
 
また、あまり知られてはいませんが、
新潟市の景観として、特色のあるものと言われているものに、
寺が一直線に点在していることが挙げられます。
信濃川に沿うような形で、一直線に伸びる形はブレなく美しい景観です。
 
 
特に、日本海タワーから見た景色は格別なのですが、
悲しいかな、去年休業してしまいました。
 
 
中心商店街は逆境のさなか、いまでも新潟市のメインストリートですが、
客足では万代にとられている感もあります。
(上の動画は最近行われた新潟祭りのパレードで、映っているのが柾谷小路です)
 
 
 いつものことながら、さらに脱線してしまいましたが。。。(笑)
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(☚)昭和30年代の普段の柾谷小路です。越の誉のイルミネーションは今も健在です。
(☛)新潟祭りの際の柾谷小路です。新潟甚句、佐渡おけさによる、大民謡流しです。
 
 
 
イメージ 7
 
左手に見えるのは大和百貨店(新潟店)です。
閉店しましたが、建物は現存して今は山下の家具になってます。
 
イメージ 8
 
新潟交通の銀太郎バスがいい味出しています。
 
イメージ 9
 
おそらく、日銀前だと思われます。
 
 
イメージ 10
 
☝古町通り?
(写真は佐渡おけさです)
 
 
3番目の動画は、
ウルトラマンポーズ(地元の方なら、分かるでしょう)が眩しい、
新潟甚句です。
 
 
♪押せや押せ押せ~下関までもぉぉぉぉぉ~
ありゃさーありゃさー。
 
 
新潟甚句の樽の音はほんと、新潟を思い浮かべます。
自慢でも何でもないんすが、子供の頃町内の代表で樽叩いたことがあるんで、
新潟甚句は、叩けます(笑)
意外と簡単なんすよ新潟甚句って。いまでもすぐ叩けるくらいなんで。
(2つ目の動画のような乱れ打ちはさすがにできませんが。。。笑)
 
最後の間奏部分だけ、樽の演奏が急激に早くなるのも特徴。
 
 
田中屋さんの動画が面白かったんでアップしてみました。
笹だんごのゆるキャラは、独自のものでしょうか?
 
 
写真なんですが、いろいろとくまなく調べて、
萬代橋での大民謡流しをしているものはないかと探したんですが、
昭和30年代のものに関しては見つかりませんでした。
(現在のものですが、動画では3番目になります)
 
新潟祭りは、後に2日間3万人動員による日本一の大民謡流しにまで発展したのですが、
交通事情等があったのか、2日間やらなくなり、その名も返上してしまいました。
 
動画は今現在の新潟祭りのものと、万代太鼓です。
 
 
 
500回目はマニアックな記事となりましたが、
他にも、随時新書庫を立ち上げる予定でございます。
 
当ブログ(貧乏学入門)今後とも、何卒!!
宜しくお願い致します。
 
 
ではでは~
 
 
 
さときゅう
 
 
*ユーチューブ投稿元のciao1318 様に心から感謝いたします。
 
*ユーチューブ投稿元の万代太鼓和童 様に心から感謝いたします。
 
*ユーチューブ投稿元のguuglelanux 様に心から感謝いたします。
 
 
*ユーチューブ投稿元のsasadangoya 様に心から感謝いたします。

カントリーマアム笹だんご味

 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
 
けっこう前になるんですが、先月頭に新潟に帰省した際に、
職場へ持ってったお土産なんすが。。。。。
 
 
昼飯時に休憩所に一人だったため、
ちゃっかり食って、さらにブログ用にと写真まで収めたという1枚です。
 
 
近頃は、どこの地方へ行っても限定のお菓子が多くて、
よくもまぁ、メーカーもここまでマメな配慮ができるもんだと感心してるんすが。。。
 
 
このカントリーマアム笹だんご味。
想像通り、よもぎ風味の記事に餡子が入ってるんすが。。。
 
 
 
美味しい!!
 
 
 
これは、新潟からよそへの土産にいいかもしれません!!
(ふつーに、笹だんご人数分買ったほうが安かったんすが。。。。。。汗)
 

第418回!!新潟駅(昭和30年代~40年代前半撮影)

 
 
 
イメージ 4
 
 
レトロ写真館(新潟)です。
 
この2階建ての建物いったいなんじゃろか~。。。。。
と思われた方も多いのではないかと思われますが、実は現在の新潟駅なんです。
 
実は、現在の新潟駅万代口はもともと2階建てで、
数年後に増築して4階建てになっているのだそうで、
1~2階はとくに年季が入っていて味がある(笑)
 
 
やがて消えることが確定してしまった新潟駅万代口駅舎なので、
記事に残そうというわけでございます。
 
http://blogs.yahoo.co.jp/satokyu2006/63848840.html ←現在の新潟駅万代口です。
 
イメージ 1
 
 
当時の新潟市街は、言うまでもなく柾谷小路一帯で(今もですが。。。)、
新潟駅南口なんかは、当時は水田地帯に住宅がポツリポツリだったとか。
 
 
万代シティ形成前として駅の立地としては微妙だったのかもしれませんが、
今となっては、絶妙です。(上の2枚は昭和33年撮影との事です)
 
 
イメージ 2
 
 
新潟駅はその後、火災に見舞われたり、
新潟地震ではかなりのダメージを受けたにもかかわらず、
駅舎を建て替えるといった話が出たことはなく、
ある意味昭和の新潟を代表する建造物であったのですが、
新潟駅は高架化されていないことから、駅南と万代方面の交通が不便であるという現実があり、
その解決の過程で、悲しいかな駅舎もさようならとなる流れになった次第です。
 
 
イメージ 3
 
 
重ね重ね、残念な話です。
 
 
地元ネタでスンマセン。。。。。
 
 
 
ではでは~
 
 
 
さときゅう
 
 
*ユーチューブ投稿元のHakuto0505様に心から感謝いたします。

万人家(新潟市紫竹山)

 
 
イメージ 1
 
 
見に来てくださってる訪問数があるにもかかわらず。。。
いつものことながら、誠に申し訳ありません。
冬眠しすぎてしまいました。。。。(汗)
 
 
もう1月も下旬にさしかかっておりますが、ブログ再開させていただきます。
 
 
新潟に帰った時に行ってきた、
これまた。。。かれこれ15年振りくらいに食べた。。。万人屋(まんにんや)さんです。
 
 
このお店は、
まだ新潟市内ではまだ背脂醤油ラーメンが流行っていなかった頃から、これ一筋だったお店で、
まだ新潟のラーメン自体が騒がれもしなかった頃から、
また、今流行りの二郎系(モヤシががっつりと山のように乗っかっているラーメンだそうです)とか、
花びらチャーシューとかのラーメンが話題になる前から、
新潟では既に取り入れてた感満載のお店です。
 
創業どれくらいなのか、詳しいことはわからないんですが、
高校の頃には既にあったんで、もうかれこれ20年くらいやってるんではないでしょうか。。。
 
 
イメージ 7
 
ここがおそらく本店で、中山にも店があるんですが、
いつのまにやら新大前にも。。。しっかりと定着しているって感じです。
 
 
懐かしのお店です。
 
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地元のアナウンサーのサインに紛れて向井亜紀のサインが。
写真ではカットしてますが、となりにはでてこいや~のおっさんのサインもありました。
夫婦でご登場って感じでしょうか(笑)
 
また、トイレには看板娘の切り抜き記事が貼ってあったんすが。。。
悲しいかなこの日の店員はおっちゃんだらけでごぜぇます(涙)
 
 
イメージ 4
 
メニューがシンプルなのは今も変わっていないようで、こだわりが感じられます。
 
 
イメージ 5
 
元気百倍、人間ばんざい!!
岡本太郎画伯がオロナミンCでも飲みながら描いた絵なのでは。。。(ウソ)
 
イメージ 6
 
でました!!
元祖花びらチャーシューメン大盛り&ライスです。
 
これがまた美味しいです。
 
チャーシューは薄く切ってあるものの柔らかくて、
これがまたご飯と合うもんだから。。。。ついつい炭水化物のダブルパンチって感じで食っちゃいました。
 
 
ラーメンって、いつ食っても飽きないもんですよね~。
 
 
皆様くれぐれも風邪には気を付けてください。
 
 
ではでは~。
 
 
 
さときゅう
 
 
 
 

2014新年明けましておめでとうございます。

 
 
イメージ 1
 
 
もう、新年明けまくっておりますが~。。。(汗)
改めまして、
新年明けましておめでとうございます。
 
 
マイペースかつ気まぐれな貧乏ブログではございますが、
本年も何卒宜しくお願いいたします。
 
 
つまらぬことを楽しもう、陽の当たらぬ部分を発掘しよう。
開設時からいつも一緒ですが、
そんな感じというか、こだわりでやってゆきます。
 
 
イメージ 2
 
毎年ながらの、白山神社です。
白山神社の総本宮は石川県白山市鶴来の白山ヒメ神社なのですが、
新潟市の総鎮守だったりもします。
 
新潟市では白山さまの歴史も古く、
白山公園は日本初の都市型公園とまで言われてるくらいで、
新潟市の憩いの場でもあったりします。
 
イメージ 3
 
これまた、昨年同様、ちょっと新潟の街を散歩するけ~。。。と、
勝手ながらに言い出して、いつもの親友メンバーと、
新潟モヤモヤ散歩のスタートです。
 
イメージ 4
 
去年も歩いたんですが、不覚にも携帯の写真を誤ってフォーマットしてしまい、
リベンジとなりました!!水島新司漫画ストリートです。
(正式には、古町5番町、または古町モール5といいます。)
 
新潟市は、距離が長いアーケードや商店街はあんまりないんですが、
そこそこの距離のアーケードの数はかなりあり、
活気や客入りでは金沢近江町に負けますが、
その数では日本海側では随一です。
 
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
          イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                         アイシテモ  愛しきれない
                    オドロイテモ 驚ききれない
                    ヨロコンデモ 歓びきれない
                    カナシンデモ 悲しみきれない


                       ソレガ、新潟です。
 
 
                       ってか~(笑)
 
 
                    (故、棟方志功画伯、スミマセン)
 
 
 
イメージ 9
 
東京学館新潟高校書道部のみなさんによる、年始の垂れ幕との事。
かなり立派!!
学館って、書道も強かったのか。。。。知らなかった。
 
 
柳都古町とあります。
これは、昔新潟島(当時は島ではなかった)が、
かつて、祇園、新橋と並び日本三大花街と言われた頃、
新潟一の繁華街であったここ古町は、堀が碁盤の目のように張り巡らされ、
柳の木がたくさん植えられていたことから、
それらの名残から、たびたび柳都とよばれます。
 
 
しかしながら昭和の中盤になって、
堀そのものの水はけの悪さ、衛生上の問題、交通上の不便さ等が指摘され、
昭和39年の新潟国体を機に、全部埋め立ててしまいます。
 
その名残が、古町にある多くの柳の木と○○堀と付く地名。地下街西堀ローサです。
 
 
皮肉にも、これら埋め立てられた堀を復活させよう!!
という動きが出始めているらしいです。
 
 
イメージ 12
 
万代橋を模した花壇発見。
 
 
イメージ 13
 
新潟でもっとも老舗だった書店、北光社が倒産したあと、
跡地が食品館になってました。同じ建造物を使っているところを見ると、
面影十分って感じです。
 
 
イメージ 10
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                           家ではこんな感じで、
          ダラダラと老猫ラッキーと戯れたり(御年18才、人の年だとなんと今年で米寿!!)
          酒をチビチビやりつつ、ホルモン焼きをアテにテレビなんか見たり。。。テキトウな感じ。
            ちと、睡眠時間が長く大人しくなったものの。。。。長生きしろやラッキー。
 
 
イメージ 14
 
ド定番ではありますが、万代橋です。
歩いて渡ったのは久しぶりです。
友人が新しくできた新潟日報メディアシップでも見にゆかないか~って言ったのがきっかけなんすが。。
 
古町側から万代側を撮るよりも、
やっぱりこのアングルが新潟らしいんで、どうしてもこの1枚になっちゃうんすよ。。(笑)
 
イメージ 18
 
廃業してしまった万代シティレインボータワー。
新潟交通はタワーは残すと言ってるけれど、どうなるんだろうか。。。
 
どんどんと、思い出の中の新潟が消えてゆくようで、正直ちと寂しい。
 
 
イメージ 17
 
新潟駅万代口駅舎も、高架橋化が始まり、後には取り壊される運命に。。。
確かに見た目は他の新幹線連結都市に比べれば渋すぎるけど、
 
歴史は古く、新潟地震や火災があったにもかかわらず取り壊しを逃れた
ある意味伝説の建造物なだけに。。。。。これまた正直寂しいものがある。
 
 
イメージ 15
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      ってなわけで快速くびき野号にて直江津へ、2度乗り換えての金沢到着。新潟帰省の巻でした。
 
 
          ものすごくわかりやすい、新潟市のPR動画を発見しましたので、
            皆様お時間あるようでしたらご覧下さい。
   新潟の意外な一面がわかって、個人的にもびっくりした動画です(笑)
 
 
 
                         ま~こんな感じではございますが、
                     本年も、何卒宜しくお願いいたします~。
 
 
 
                                ではでは~。
            
 
 
 
                                 さときゅう
 
 
     *ユーチューブ投稿元のniigatacitychannel様に心から感謝いたします。
 

新潟へ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

おはようございます。

朝もはよから、またしてもペタペタと写真貼っちまっております。


年賀状書きと掃除と諸々で追われて(っていいますか、ギリギリまで怠けすぎ。。笑)今朝の始発で帰省の途中です。なので四日迄新潟におります。


先週の大阪旅の余った18切符3口があるんで、今回は珍しく車じゃなくて電車にしたんすが、まさか直江津から快速電車が出てるとは。。。

てなわけで、直江津の待ち時間で町散策してたらレトロなバラパンさんを発見。

朝飯は直江津蕎麦さんの、謙信そば。


電車でも寝てればいいし、結構快適って感じです。


本年終盤はあまり更新できずにいた当ブログではありますが、来年は飛ばして参りたい所存でございます。

ブログ仲間の皆々様。年末のバタバタで訪問できずにおりましたが、年始にはじっくりと拝見いたしと~ございます。


本年誠にありがとうございました。みなさまご多幸あります事を。。


よいお年を~。


ではでは。


さときゅう

Extra

プロフィール

satokyu2006

Author:satokyu2006
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

月別アーカイブ